支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

Web

弊社サイトの大胆な修正・変更を行いました!

本日、弊社サイトの大幅な修正・変更を行いました!びっくりされる方もいらっしゃるでしょう。
.comとco.jpの2サイト構造で、各々のポジショニングも調整いたしました。

まず、悪質なサイトと判断されないよう、.comのサイトをOEM情報サイトにポジショニングしました。
そして、co.jpのサイトを企業サイトとしました。

思い切ったことを致しました!
co.jpのサイトは、英語と中国語に対応しています。もう少しデザイン性を良くしていく予定です。

原料メーカーとしては、業界紙で広告を行わない弊社でも、それなりに知名度も出て来た。次に求められるのはブランド力。
このブランド力の向上は、OEM事業でもプラスにでるであろうという目論見。

加えて、できれば、グローバル企業として、成長していければという考えもございます。
実際、赤ワインレスベラトロール、プロテオグリカンや葛花は、海外向け案件が多い原料です。

まぁ、この変更により、SEO上で悪影響もでるかもしれないです。一応、私も、不安がないわけではないです。
一方、次のステージに行くためには、必要なことだと思い、この手を打ちました。
さて、どうなるでしょう・・・。

本日はサイトのディレクションならびに修正・追加の日

今日、昨日と、ずっとデスクワーク。
ワードプレスで、弊社の新サイトをいじっています。

英語サイトは、微妙なニュアンスの間違えなどを直したり、情報を追加したりしています。
中国語サイトは、なるべく壊さないよう、情報を追加しています。

特に中国への情報発信は重要になってきているので、優先順位を高めて作業しています。
弊社は、中国市場に適した原料を取り扱っているので・・・。

あとは、どうSEOを行っていくべきか?
ちょっと迷っています。
答えは見つからん。やることはやったので、あとは成り行きに任せます。

また、弊社の現在のメインサイトも、ポジショニングの変更を予定しています。
どうやったらセグメントが行われつつ効率的に集客できるかについて、必死に知恵を絞りだしています。

この見直しによって、もう1レベル高い集客を実現したいと考えています!

近年におけるテレビ番組の反響

近年、テレビ番組で健康食品やサプリメントの情報が流れても、その反響は変化してきています。
色々な面でメディアの影響も変化してきています。

直接的なインパクトのある反響は無くなりました。
一方、Web上での変化が生じ、SEO効果が生じるようなことが起こります。番組の内容に限らず、問い合わせが増えます。

今回は、先日のジオスゲニンを紹介した番組放映の影響を具体例にして、解説してみたいと思います。

まず、放映後、ジオスゲニンの商品がバカ売れしたという情報は、全くありませんでした。
残念・・・。
しかし、次の日から数日、問い合わせは多かったです。
しかも、ジオスゲニンの問い合せでなく、HMB、レスベラトロール、アミノ酸などの問い合せでした。
その多くがGoogle検索からの流入でした。どういった形でSEO効果が示されたかわかりませんが、SEO効果が生じたと考えています。

こういった反応を見てみると、一旦、Webを通して反応が来ることがわかります。
テレビだけでは、大きな反響が起こりにくくなっているんだと考えられます。
こういったテレビの力を最大限にするには、必ずWebでの囲い込みを万全に行っておく必要があることを示しているんだと思います。

5年前、ライザップがエステナードソニック(美顔器)を販売していた時に行ったのは、インフォマーシャル(テレビ)とWebのクロスメディアでした。
当時では、あまり行われていないことを行っていました。ターゲット層が若い層から50歳くらいまでと広かったのも上手く行った要因でしょう。
それが大きな利益をもたらし、今の事業の足掛かりになりました。
時代の変化として、Webの力が大きくなりつつあり、テレビだけでは大きくなりにくいのでしょう。

弊社も、比較的Webには強い会社です。
でも、ドンドン、メディアも変化し、検索アルゴリズムも変化します。
ずっと、追い続けないとダメなんだろうなぁと痛切に感じました。大変な世の中です。

企業ページに盛り込むべき大事な要素:メッセージ性

私は、弊社の集客を担当しつつ、今、再びクリニックの集客を始めて感じることがあります。クリニックのWebページも企業ページ(B to BとB to Cのどちらも)と共通するものが求められるということです。集客という点では、目的は同じですからね。
おそらく、以下のようなものが求められるのでしょう。

・会社の概要や特徴
・求めている顧客像;ターゲット
・他社にない差別化ポイント選んでもらった際のメリット
・閲覧者に有益な情報(コンテンツ性

こういったことがきちんと表現されていない企業ページでは、上手く集客などには繋がらないでしょう。
近年では、再び訪れたいというコンテンツ性も求められます。弊社も、そのコンテンツ性を意識しております。

弊社の場合、そうった伝えたい要素は、随時変更しながらサイト運営しています。時の移り変わりで、求める顧客も、提供できる強みも、変化して来るものです。
例えば、過去と今では、以下のようにターゲットを変更しています。

(旧)
ターゲット:の中心 新規参入を望む中小企業
例)ECや通販会社、店舗販売など

(新)
ターゲットの中心: 既存の中規模企業と大手企業(、クリニック)
例)中堅どころの通販会社や中規模以上のMLM会社など
→クロスセル・アップセル戦略向けの商材など

弊社のサイトでは、そういったメッセージ性を色濃く示すようにしております。今現在、中小企業の新規参入が鈍っているため、このような戦略に変更したという経緯もあります。やっぱり、時代にあった集客も大事です。
まぁ、こういったメッセージになると、OEMより原料の方に問い合わせが偏り始めるので、社員のワークバランスも考え、今後、再び投げかけるメッセージを変えていかないとなぁと考えています。

あと、具体性のない中国案件なども、弾かれるようにしているのですが、あまり読まれないでコンタクトされるので、そのセグメントはあまり効果を発揮していないです。

さて、この伝えたいメッセージって何でしょう?
それは、経営者理念そのものではないでしょうか?


ちなみに、このブログも、弊社の考え方や理念を伝えるツールの1つです。
加えて、消費者にも支持してもらえるための情報発信のツールです。

やっぱり、伝えたいメッセージがきちんと伝わるようになっていないと、集客にはつながりません。
企業のみなさま、是非、この記事を参考に、自社のページが伝わるように表現されているかをチェックしてみてください。

なお、このブログのタイトルも、もうぼちぼち変更しようと企んでいます。
上記の内容同様、このブログも集めたい読者層も変化してきていますからね・・・。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ