支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

通販

Facebook広告も徐々に

ここ最近、Googleのアルゴリズム変化でアフィリエイト広告もダメになり、健康食品の広告は、追跡型(アドネット系)の広告へシフトし始めています。
この系統の広告は、未だ荒めの売り方ができる数少ない媒体。
今のところ、費用対効果が合うのでしょう。
一方、そのうち、広告費用対効果も悪くなり、ダメになるでしょう。
また、グレーな媒体なので、消費者庁のメスも入るでしょう。

まぁ、今春のダイエット商戦まで持つかなぁ?というのが私の感覚。いずれにしても、長く持つまい。

そして、今、徐々に増えてきているのがFacebook広告!
今年の中盤以降は、かなり活発になり始めるでしょう。

健康食品通販の場合、おそらく、どんな方法であっても顧客リストを集めれるだけ集めて、Facebook広告で活用するというタイプの集客方法で効率良く集客した会社が成功するんだろうなぁというのが私の予測。
まぁ、それ以外にも、Facebook広告を利用した集客モデルは、いくつか思いついています。どのモデルも、全ての顧客に当てはまる訳ではないので、顧客を選びます。すべての販売者に適した販売モデルって、なかなかないんだろうなぁ。

いずれにしても、Facebookは、オヤジ層のユーザーが多いので、そこにピンポイントで攻めれる商材などが適しているだろう。

ECの市場は、流れが速すぎる。
勝ちモデルが長続きしない。
いち早くトライして、勝ちモデルを創造した者勝ち!これは、ECの普遍のセオリーだと思います。

今年も、顧客と一体になって、いろいろ試してみたいなぁと思っています。
頑張らないとなぁ。

今年は水面下で裏方で頑張りトコトン守りの年!

今年の私は、新年にもお話しした通り、大殺界です。
派手なことは、行わないつもりです。
何となく、新年早々、攻めても上手くいくような気がしない。珍しく弱気。

昨年の段階で、種まきは一通り終わっています。今年は、その種を咲かせるため、地道な努力を積み重ねるだけだと考えています。
今年に咲かせず、来年咲かせるくらいの気持ちで。

実際、昨年、良い案件が舞い込みました。
真摯に顧客と向かい合い、着実に成果としていくつもりです。

また、過去、私はコンサルのコンサル;裏方のフィクサーが一番合っていると言われたことがあります。確かに、そうかもしれない。
今年は、そういた裏方業務を増やしていこうとも考えております。

ちなみに、あまり売上にはこだわらないつもりです。先を見据えた売上を求めていきます。
本ブログも、投稿頻度を減らそうと思います。
実際、このブログも役割を終えようとしているでしょうから・・・。あと、記事投稿に追われるのも疲れ始めましたしね・・・。

昨年は、とにかく目標としていた売上を達成するため、とにかく攻めまくりました。論文も2本投稿しましたし、特許も取得できました。結果、時間はかかりましたが、目標額を半分達成できました。
一方、余裕がなかったため、失ったものもあったと思います。
そこは、きちんと反省しなけらばならないところです。

具体的には、ビジネスの仲間をもっと大事にしようと思います。
もちろん、社員も家族も!

フォローとして、たまに社員の商談に入ろうと思います。ただし、主役は社員であることは、絶対に忘れないで。また、資料等もさらに充実させていこうと思います。あと、トラブル回避の根回しなども。
仲間にも、気づかいを大事にしていこうと思います。
家庭という点では、ジムの回数を1回減らし、家族サービスしようと思います。まぁ、週2~3のジムを週1~2に減らそうと思います。空手も週2~3で行っている訳ですから・・・。

まぁ、人生、いろいろあります。良い時もあれば悪い時もあります。もちろん、苦境という波もあります。
その波を乗り越え、より良い結果を出していければと思います。

目標とする年間売上に半分到達

先週、ようやく、私が目標としている年間売上に半分だけ到達しました
一人だけでは、達成できなかったでしょう。
とにかく、サポートしてくださった方々に感謝!
去った社員や既に取引は無くなってしまった顧客にも。
私一人では、この結果は出せなかったでしょう。
全てが糧になっています。
感謝しきれん。

実は、目標を意識している理由があります。会社を立ち上げ、ある社長さんに挨拶に行った際、約束した(正確には約束させられた)売上目標があります。もう、7期目ですが、半分しか達成できていない。
やっぱり、この目標を達成することは、非常に大変なことですね。
まぁ、みんなの幸せを考えて売上より労働生産性を重要視した結果でもあるのだが。言い訳になるので、やめておこう・・・。

ちなみに、約束した際、うちの会社がつぶれたら、その会社の社長をやれ!とも言われました。
絶対に嫌だが、こう言って頂けることは、非常にありがたいこと。
その信頼を裏切らないよう、これからも頑張らなければならない。

さて、あと何年で、目標としている売上を達成できるのだろうか? その前に、ちゃんと生き残って、目標を達成することが可能なのだろうか?

毎年勝負!
何だかんだで、日々精一杯。
そんな中、明確な目標があることは良いことだと思っています。目標がなければ、必ず自分に甘くなってしまいます。
きちんと、最初に目標を定めてくださった社長さんに感謝です!
これからも目標に向かって頑張らなきゃ!

企業が行う論文の提供と著作権・譲渡権

弊社の原料ページをエビデンス型に修正している過程において、すでに、その影響が出始めています。
同時に、問題点も生じ始めています。
おそらく、それは、今後、新たな問題も生じさせるであろうと感じています。

想定される事象
文献の無償提供依頼

場合によっては、引用している文献をすべて提供してもらいたいという要望も届く可能性があります。原料メーカーの宿命。
そこで、生じる問題。

論文の著作権と譲渡権

厳密には、スキャンしたものを譲渡することは、著作権上、違法になります。たとえ著者でも。権利は、出版社に帰属します。特に、Springer、wiley、Elseviaは、きちんと明記されています。
オープンになっている論文であれば、URLを送れば良いだけですが、オープンになっていない論文は、注意が必要です。特に、和文論文。

自分が書いた論文でも、スキャンして配っちゃダメ!
公開して配布なんて以ての外。

まぁ、そのために、別刷りというものが用意されています。
一方、今の時代、デジタル化しており、論文はスキャンしてPDFで管理していることがほとんどです。なので、簡単にメールして送れてしまいます。

ぶっちゃけ、多くの会社は、スキャンしている論文データを無償提供していることが多いのではないでしょうか・・・。

健康食品業界は、まだまだ著作権に対する認識が甘いです。
購入した画像データを配っちゃう最悪なケースも存在します。過去にも紹介しましたが、画像データの場合、購入元から配った先に請求がいくこともあります。原料メーカーから提供された素材を使う側も注意が必要です。

実は、機能性表示制度でも、論文を利用して転載料がかかるケースも少なくありません。
当たり前のことなのですが、知られていない。
意外に、転載料を払わなくてはいけないのに、払っていない会社さんもあるんでは?と疑ってしまいます。

機能性表示制度が始まり、原料のエビデンスの重要性も高まっています。一方で、文献の取り扱い方で問題点も生じやすくなるのです。

こういった問題点は、健康系メディアへのコンテンツ提供の際でも起こってくる問題でしょう。

企業としては、論文を配らなくても良いように論文の内容を手短に紹介した資料を用意したり、エビデンスを求められた際の対応マニュアルなどをきちんと整備しておく必要があるんだと思います。

今後、企業として、こういった本記事で指摘した点も意識しながらエビデンス型マーケティングを推し進めていければと思っております。

今後、中小企業でも勝ち残っていける商品開発

タイトルは、弊社のOEM事業で最も重要なミッションです。毎年、同じようなタイトルで記事を書いているのですが、状況が毎年変化するため、変化に応じた内容になっていってしまいます。
昨年までは、成熟しつつある市場を紹介しながら、商品の差別化戦略を明確にし、素材ライフサイクルに応じた適正原価率で販売していくことを提唱して参りました。

しかし、昨年あたりから、それだけでは勝ち残っていけないような市場変化が生じ始めした。

私は、適正原価率の設定面では、素材ライフサイクルによっては、高原価・低価格で価格勝負の道を示しています。一部のコンサルさんや広告代理店さんなどからは、良く思われていないでしょう。だからといって、私自身は、単に安く商品を売ればよいとは全く考えていないです。
健康食品業界においても、勝ち残っていくためには、付加価値を付けてできるだけ高い価格(高利益)で展開していくことが好ましいと考えています。

中小企業の場合、創造性が豊かでコスト争いをしない商品で展開していくことが勝負のカギです。そういった商品は、原価率もやや低めの設定になってくると思います。

適正原価率というのは、ケースバイケース。

サントリーさんのセサミンのように、原料レベルから商品を作り、原料の機能性関与成分の研究を地道に行っているケースは別格。こういったケースでは、反対に、低原価の商品でなければならないです。一方、別の見方をした場合、見かけは低原価であったとしても、研究開発費を乗せると、とても低原価とは言えないでしょう。
多くの会社さんは、そこが見えていないことが多いです。
まぁ、一般流通している原料だけを用いて、自作PCのようにオリジナル商品を作るのとはレベルが違います。

私の持論、コピー商品を作られやすい商品ほど、高い原価でしか売れない。
機能性表示食品についても同様であり、原料メーカーが提供するSRで商品を作れば、簡単に同じような商品が作れてしまいます。結果、コスト勝負になってしまいます。
コスト勝負になると、大手企業さんが強いです。
もっと言うと、機能性表示用の原料を持った大手企業が一番強い。

だから、コスト勝負にならないよう、大手企業さんが手を出さないような商品で勝負していく必要があったのです。一方、近年では、大手さんも、今まで手を出さなかったニッチ商品まで手を出し始めています。
どんどん隙間がなくなりつつあります。

私の持論、最大の一手は、一定期間でも展開が独占できる原料を準備することです。
※展開と表現したには深い理由があります。
どこまで行っても勝ち残る商品開発の根本原料戦略です。

なので、コピーされない勝っていける商品を作ろうと思うと、先行投資のコストがかかります。
だから、この健康食品市場も、参入障壁が高くなりつつあるのです。
それは、間違えないです。

過去にも紹介したかもしれませんが、こういった原料を作るには、主に2つの方法があります。

日本に流通していない原料を特注輸入する
一から原料を製造する


前者は、原料によりますが、数百万円からトライが可能です。実際に、私は、過去、いくつもの原料で実績があります。稀にキャリアや固結防止剤を変更する必要があり、ハードルが高くなるケースもあります。
DHCさんを除き、大手企業さんが行いにくい戦略だったりします。

後者は、どのレベルの原料を作るかにもよりますし、開発進行中のものを上手く利用できるケースもあるのですが、機能性までしっかり求めていくと、ヒト臨床試験も行っていく必要があるので、数千万円の開発コストがかかるケースもあります。
まぁ、乾燥された海藻や生の農産物を調達し、粉末化して独自原料を作られる顧客のケースもあり、ケースバイケースでコストが生じます。最小ロットは100kg以上ですし、300kgくらいの原料を作らないと歩留まりが悪くなるので、それなりにコストはかかります。

いずれにしても、リスクが高いほど真似されにくく、ハイリスクハイリターン。

こういった市場の変化によって、ゴミ商品を売る儲かり主義の会社や生半可な気持ちで事業参入される会社も減ってくるでしょう。特にECで。
アフィリエイトがダメになってきたここ数ヶ月は、ニュースアプリで健康食品の荒い広告を見かけます。でも、それも時間の問題であり、今年中には排除されると予測しています。

そんな中でも、我々は、時代時代に合った勝ち残る商品を作り続けなければなりません。
とにかく、コツコツがんばります!

エビデンス型マーケティングの欠点

今日は、いろいろあった一日でした。出荷も多かったし、入ってくる情報の量も多かったです。
疲れた・・・。

そして、本日、1つ学んだ点。
タイトルのエビデンス型マーケティングの欠点。

やっぱり、このエビデンス型マーケティングは、組織として行っていく場合、きちんと社内でのルール作りも行っておく必要があるなぁと痛感しました。
基本、このエビデンス型マーケティングの欠点は、一部の人間に依存してしまうこと。すなわち、誰もが的確に対応できないこと。

さて、私が書いた和文の論文でも、関連会社を含めた社内で何人読んでいるだろうか?
お恥ずかしながら、だれも読んでいないという可能性もあります。
ましてジオスゲニンの英文論文なんて、もっと読んでないでしょう。

よほど研究者集団の会社でない限り、どこの会社も、同じようなもんでしょう。私も、すべての人間にテクニカルな対応は求めない。
そこがエビデンス型マーケティングを行っていく難しさだと思います。

だからといって、エビデンスをフルオープンに開示できるかというと、それは不可能でしょう!まぁ、著作権の問題もありますし・・・。

この業界、情報だけを取りに来る会社も多いです。
なので、相手を見ながら提供する情報も変えています。
そういった背景があるので、基本、原料事業におけるテクニカルな対応は、私が行います。結局、ジャッチし、提供する情報を選定を行うのは私にしかできないので。
これじゃぁダメなんですけどね・・・。

今回のように、末端の販売者さんが寵愛をすっ飛ばして直接連絡してくると、対応に困ります。
情報を出そうにも出せない。
まして、急にテクニカルな情報を求めら、私が不在だと、テクニカルな情報は絶対に出ない。

そういった問題を解決していくことが近々の課題です。
エビデンス型マーケティングを掲げていけば、自ずと起こる問題です。
常に改善と努力です。

2018年 新年あけましておめでとうございます!

新年 あけましておめでとうございます!
本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>

昨年は、多くの方に助けていただき、非常に良い一年になりました。
本年も気を引き締め、コツコツと努力し続けることを忘れず、多くの方に喜ばれるビジネスを創造していければと思います。

どうやら私は、大殺界の年のようです。一方、過去の大殺界の時期では、大変な年ではありましたが、気を引き締めながら淡々と努力し続けたことが身になり、今のビジネスの重要な基礎となっております。
基本的に前向きな私は、大殺界というのは、気を引き締め、次につなげるための時期なんだと考えています。

本年以降の健康食品業界は、大きく変化すると予測しています。
急に悪い流れとなり、事業撤退や倒産する会社も増えてくると予測しております。ここ数年の変化は、年単位から3~6ヶ月単位と、非常に速いです。
その予測する絵図は、改めて記事にしようと思います。

私としては、まず、弊社サイトの完全エビデンス化が課題です。8月までには完了する予定です。その後、ヒト臨床試験を実施したり特許申請を行ったりと、再び基礎を固めるような業務をコツコツと行っていければと思っております。

image

コピペ対策のためのセグメントされた集客方法

先日、SNS上で、このようなやり取りがありました。紹介しつつ、補足です。

【検索経由バイヤーのあるある】
売り手からこのようなボヤキが聞こえてきます。
検索経由のバイヤーは、
・知識が浅い
・ニーズが浅い(商品化する気が本当にあるのか?と疑いたくなるほど)
・基本的に失礼!
  ↓
【私の回答】
知識が浅いという問題は、手間をかけずに学んでもらうツールを用意するしかないですね。
ニーズが浅いというとは、半分合っていて半分違っていると思います。何を作ったら良いのか迷っているだけで、売れれば何でも良いというのが実際だと思います。1つの商材への思い入れは、この段階ではまだないと思います。
失礼なのは、どこでも簡単に作れる、我々は選ぶ立場という気持ちの表れだと思います。我々も選ばれる努力が必要なんだと思います。

基本的に失礼!というのは、対応や提案のメールを送っても、何のレスすらない顧客のことを指すのだと思います。
よくある話です。
まさに、検索エンジンで調べて問い合わせを行ってくる顧客の特徴でもあります。まぁ、思いが伝わらなかったと怒るだけ損です。

おそらく、こういったレスのない会社さんは、下っ端がコピペで複数社にロボット的に問い合わせを行っており、どこに問い合わせを行ったかもきちんと把握していないでしょう。
その証拠に、こういったレスのない会社さんは、半年ほど経過したら、ふらっと再び別の案件で問い合わせを行ってくるでしょう。別の担当者のこともあれば、同じ人だったりもします。

商品開発の重要性を認識していない顧客です。
また、この業界、礼を欠けば次はないという感じも強いことを理解されていないのでしょう。どこでも作れる商品は、すぐに売れなくなります。商品開発は、どこも作っていない商品を創造しつつ、どこでも作れないような商品に仕上げる努力が不可欠です。OEM会社は単なる下請け業者ではなく、できない部分を担ってくれるパートナーと考えないと、決して良い関係は築けないでしょう。その本質が見えていないのでしょう。
なので、OEM会社は、そういった顧客に怒る必要はないのです。

我々は、年中、数多な商品を作り続けている訳ですし、商品作りのプロの集団です。思い付きで商品を作ろうとされる方々とは違います。そこは、プロのプライドを持って対応すべき、そのために売り手側のことも勉強すべきというのが私の持論です。

ちなみに、馬鹿にした態度でコンタクトして来る顧客も少なからず存在します。まぁ、過去実績を示せ、弊社の原料なのに他社に供給するな、売れた分だけ買い取りたい、我々の利益を指定するなど、いろいろなことを言ってくる顧客がいますから・・・。

一方、こういった顧客に対応する時間は、無駄です。
営業人件費の損失です。
如何にコピペの問い合わせを減らすかの工夫も必要です。腹を立てているだけの会社さんは、工夫が足らない。

一番簡単の対応策。
Web問い合わせフォームの入力必須項目を多様化させる。
弊社の問い合わせフォームを参考にしていただきたいのですが、作りたい商品の詳細をインタビューシートの形で聞き取れるようにしています。
コピペでは、問い合わせできないセグメントがなされています。
是非、参考にしていただければと思います。

ただし、Webフォームで問い合わせができないアナログな顧客は、存在します。そういった方への逃げ道として、電話問い合わせにも誘導すると良いでしょう。
弊社では、電話で問い合わせがあっても、必ずWebの問い合わせフォームの内容を口頭でインタビューするようにしています。そのことによって、顧客のレベル、やる気、我々が提案すべき内容がわかってきます。
対応の効率もUPするのです。

セグメントされた集客って、今後のインターネット集客において非常に重要です。
是非、意識して、御社の集客に活かしていただければと思います。

嘘が多いステルスマーケティングのコンテンツサイト

今日の午前中は、ある栄養成分のコンテンツ内容を検証し、エビデンスベースでコメントを行うという作業を行いました。

まさにネット上の火消し作業である。

こういったコンテンツサイトは、特定の商品購入に誘導するために作られています。
ここ数年、ステルスマーケティングの主流になっています。
消費者を巧みに騙す手法です。

こういったコンテンツサイトは、アフィリエイターが作ったり、販売者が第三者に作らせたり、いろいろなケースで作られています。
とにかく、嘘や事実無根の内容が多いです。

素人がプロの監修なしにクリエイティブやコンテンツを作ると、意図しなくても起こりえる事象です。

過去の事例、天然葉酸でもないのに天然葉酸と謳って、行政から指導を受けて天然葉酸と広告表現できなくなった会社さんがあります。
その時の天然葉酸の間違った情報の残骸などが未だ残っている。また、次は、合成葉酸を支持するコンテンツまで現れ、同じようなことを繰り返している。
ほんと、消費者も混乱するので、止めてもらいたい・・・。

先日も紹介した通り、今後、Googleの検索アルゴリズムの変更によって、こういった悪質なステルスマーケティングのコンテンツサイトは、上位検索されなくなります。
詳細:Google: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

まず、コンテンツが上位検索されるためには、プロの監修などが必要になり、エビデンスも示していく必要があります。
責任を持った情報発信が求められるようになります。
まぁ、最低限、情報発信する人の顔が見えるコンテンツが生き残っていくのだと思います。

こういった変化は、もうすでにアフィリエイト広告には影響が出始めているようです。
ECの勢力図も大きく変化しそうです。

同時に、医師監修を紹介していくコンテンツ提供もニーズが増していきそうです。
ポイントは、医師の時給と手間を加味した監修料設定、論文引用型のエビデンスコンテンツ、ドラフトの作り方などなんだろうなぁと感じています。
微力ながら、消費者が喜んでもらえるような良い情報の発信に寄与できれまなぁと思っております。

限外濾過やクロマト(カラム分画)の技術を用いた原料

ここ最近、機能性食品原料は、単なる抽出物ではなく、タイトルの限外濾過やクロマト(カラム分画)の技術を用いたものが増えてきています。

これらの技術は、一定の分子量や極性を分離抽出したり、塩を除去して純度・精製度を高めたり、様々な目的で利用されています。

弊社の原料も大部分が、こういった技術を使っています。中には、日本独自の最先端技術も含まれます。

幸い、私は、大学でGCMSを用いた微量分析も行っていたので、その知識が活きています。
私が行っていたのは、固体の試料を(有機溶媒で)抽出し、カラムを用いて分画し、分画毎に含有量を分析するというもの。原料の場合、抽出溶媒がエタノールと水に限定されるだけで、カラムも食品添加物リストにあるものに限定されるだけです。そして、分画は、直接分析されるのではなく、粉末化され、品質管理の一環として含有量分析が行われます。
やっていることは、ほぼ同じ。

ぶっちゃけ、カラムを用いたクロマトの製造は、日本の企業では中国に敵わない現状もあります。
現地を視察すると、痛感することです。
酒税やカラムの充填剤のコストも大きく関係してるのですが、技術さえ伴えば、中国の方が安くて良い原料が製造できてしまう実際があります。
植物抽出物は、中国原料が強い理由です。
理想は、中間精製物を中国で製造し、ノウハウ的な最終工程を日本で行って製造するような方法です。
もしくは、原料を支給して製造委託することでしょう。輸送コストがかかるので、ものがかなり限定されますが・・・。

ちなみに、日本独自の技術というのは、様々なものがあります。
まぁ、独自技術でなくても、機能性や安定性を高めるような処理を行うことで、原料も日本製造になるので、いろいろな面でメリットが生じてきます。
一方、大手さんだと、意外にそういったことができないです。たかが数百万円なんですが、安全性や品質のリスクの方が先行してしまい、なかなかできない背景があります。
経験上、10~50億円クラスの非上場企業、かつ決裁権が近い場合、こういった原料戦略が行いやすいです。そこは、中小企業の強みの部分だと思います。

今後は、健康食品業界の大手企業 vs 中小企業の戦いは、こういった原料戦略がキーになってくるのかなぁ?と感じています。
今、広告規制強化によって、ブランド力のある大手企業が優位に立っていますが、ここから中小企業も巻き返しを図らないといけないです。
まぁ、顧客は限られてくると思いますが、面白い創造性のあるビジネスを展開できればなぁと思っております。

栄養成分表示の強化と対応ポイント

先日13日の東京都の講習会(平成29年度健康食品取扱事業者講習会)では、いくつかの変更ポイントや強化ポイントが指導されました。
想定外で、びっくりしたのは、栄養成分の表示についてです。

今後、栄養成分の表示は規制・指導が強化されます。

今回の講習会では、栄養成分表示の表示値が推定値であることを明記しつつ、かつ表示値の根拠を準備する必要性が示されました。
あれっ?いつから法律が改正されたのだろう?と思ったのですが、調べてみると・・・
この栄養成分表示については、2015年3月30日に出ている「食品表示法に基づく 栄養成分表示のための ガイドライン」 にしっかり記述されている内容なのです。

この強化を見越したかのように、東京都の栄養成分表示ハンドブックも11月に改訂されているのです。

さて、この強化によって、どのような影響が出るのか?

パッケージや販促物(ランディングページ)などで栄養成分(特にビタミン)の強調表示が行いにくくなります!より具体的に言えば、多数のビタミンが入っていることなどは謳いにくくなります。
まぁ、未だ商品に栄養成分の含有量を表記していなくてもランディングページなどで栄養成分の強調表記が行われている(健康増進法上で)好ましくないケースも多いのですが・・・具体的な事例として、パッケージ上で〇種の栄養素をたっぷり配合などの表現が行いにくくなります。

パッケージでビタミンの強調表記を行う場合、強調表記を行うビタミンの数が多いほど、分析コストとして、お金がかかります。

製薬会社の管理基準と同じになります。
製薬会社では、栄養成分以外でも、強調表記を行う場合、必ず加速試験を実施して表記値を決定しています。

その強化に関して、対応ポイントを紹介です。

まず、ビタミンについては、経時変化による減衰があるため、最終商品毎に加速試験を実施して表示値を決める必要があります。既存商品であれば、成り行き保管されたものを実施した方が良いです。
その際、表示値は、誤差範囲内に入るようにしなければなりません。
理想は、減衰率を求めて、減衰した時点で表示値になるよう増し仕込みを行うのが理想です。ただし、栄養機能食品の場合、上限値を上回らないような調整が必要です。

ミネラルに関しては、減衰しないので、原料規格書・試験成績書・配合表などの書類がそろっていれば、根拠となるでしょう。
できれば、製造直後の商品で構わないので、1回くらいは分析を実施しておいた方が好ましいでしょう。
東京都のハンドブックの方で、根拠書類についての事例が紹介されていたので、弊社での管理指針を決定するのにも非常に助かりました。

適切に対応していけば、問題になることはないでしょう。

ここで、こう思う人がいらっしゃるでしょう。
管理が面倒なので栄養成分表示は行わない方が良い。
もっとリスクが高い栄養機能食品なんと行うべきでない。

まぁ、工場の立場で考えると、リスクが増えるだけなので、栄養成分表示はさせたくないでしょう。

一方、今の流れを見ていると、数年後には、広告規制がさらに強化され、保健食品(トクホ・機能性表示食品・栄養機能食品)以外は、ほのめかす程度でも機能性を謳わせないという方向へ進んでいくでしょう。
その時、我々は、その変化を見越し、顧客の商品が勝ち残るような対策を今から講じていくことが重要になってきます。

今後、OEM会社の対応も分かれてくるでしょう。
商品に栄養成分を表示するとリスクも増えます。これから商品を作っていく方は、その点をよく理解して、適切に方針を決定していただければと思います。

今後のダイエット市場向けの商品開発

近年、広告規制が年々厳しくなってきています。そのため、もう来春のダイエット市場向けの商品開発が始まっても良いはずなのに、動き始めが鈍い状況があります。

昨日コメントしたように、Googleの検索アルゴリズムも悪質なコンテンツ型マーケティングを取り締まる形に改善され、アフィリエイト広告の販売者責任も強化されています。健康食品のアフィリエイト広告は効果が出ず死んだ状態になるでしょう。

ダイエット市場は、アフリエイト広告やコンテンツ型マーケティングも活用されて牽引されていた現実がありました。ECを中心に来春のダイエット商材の商品開発が進まない理由は、勝てる次の販売手法が明確になっていないためです。

一方、商品を作ってチャレンジしていかないと、先には進めません。

さて、どんな商品を作っていくべきか?

運動・スポーツ関連というのが私の答え。

近年の広告の取り締まり傾向を見ていると共通したものがあります。それは、機能性表示食品でも同様な傾向が示されています。
ぶっちゃけ、東京都庁とディスカッションした際も、その点を明確に述べていました。

基本的に飲むだけで痩せる商品は厳しくジャッチされます。
それは、飲んで痩せるは薬の領域だからです。

一方、運動やスポーツをサポートする商品は、健康食品の位置付けとしてある程度認められているのです。もちろん、コメントなどはなく、規制の対象など暗黙の了解で。
基本、国が奨めるダイエットは食生活と運動なのです。

私は、その他、食物繊維の物理的効果や酢やクエン酸の疲労回復効果なども、食の領域に近いものが健康食品の位置付けとして認められているのだろうと考えています。

したがって、今後のダイエット市場は、その健康食品の位置付けとして国に認められている領域の商品を意識し、かつ後々は機能性表示食品にも移行/変化できるであろう商品設計で展開すべきなのです。
ダイエット市場の場合、運動・スポーツをサポートする商品。

国としては、オリンピックに絡めて運動習慣を強化していきたいはず。

まぁ、そのための素材としては、HMBも1つでしょう。
やはり、この領域は、あれだけ荒くクリエイティブを作っていても、今のところ規制対象になっていない。一方、今後は、運動との組み合わせのクリエイティブを強化していかないと、規制対象になっていく可能性も高いです。
規制基準は、年々厳しくなります。甘くなることは決してないでしょう。

ちなみに、HMBは、露出が過剰だったため、一気に群がり過ぎました。
市場が大きくなる前にライフサイクルが成熟した感があるので、来年以降、本当に手を出していくべきなのかがよく考えるべきところです。
最終的に価格競争が起こります。
そのため、HMBをこれから手を出すのであれば、差別化を明確にしていくべきです。

基本的に、運動・スポーツ関連のサプリって、体感がなければ淘汰されていきます。結構、厳しい市場。
工夫して、良い商品を作っていく必要があります。
また、売る人は、運動する人が好ましい。
がんばって良い商品を作っていかなきゃなぁ。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ