支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう28万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

消費者を騙さない支持される健康食品業界であることを強く願って商品を作り続けています!
そのための情報提供というものを心がけ、人気サプリを斬る!騙されない健康食品のシリーズを書き続けています。

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

受託製造

サイトメンテの効果と集客された顧客の傾向

弊社サイトは、先週からかなりの変更を行いました。
ほんと、問い合わせが激減するのでは?と、非常に心配でした。
Googleのアルゴリズムも変わっていたので、その影響も気になっていました。

ちなみに、実は、このブログもカテゴリーを変えていました。

結果、集客数は減ることもなく、コンスタントに問い合わせがありました。
よかった♪

サイト毎の役割を果たしているのかな?という状況を肌で感じています。
上手く住み分けできたかな?
でも、まだ安心できない。

次は、この後は、中国とアメリカにおいて、少しづつSEO対策をコストをかけずに行っていければと思います。
特に、中国は特殊な感じがします。
チャレンジです!

ほんと、私は、何でも屋です(笑)

現段階で集客されている顧客は、相変わらず海外案件と原料(山芋抽出物とサケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)が多いです。
まだまだ増えそうな気配です。

私は雑草です。
まぁ、とにかく、チャレンジし続け、局面局面で活路を見出していくタイプの人間です。
まぁ、頑張るしかないですわ!

本日はサイトのディレクションならびに修正・追加の日

今日、昨日と、ずっとデスクワーク。
ワードプレスで、弊社の新サイトをいじっています。

英語サイトは、微妙なニュアンスの間違えなどを直したり、情報を追加したりしています。
中国語サイトは、なるべく壊さないよう、情報を追加しています。

特に中国への情報発信は重要になってきているので、優先順位を高めて作業しています。
弊社は、中国市場に適した原料を取り扱っているので・・・。

あとは、どうSEOを行っていくべきか?
ちょっと迷っています。
答えは見つからん。やることはやったので、あとは成り行きに任せます。

また、弊社の現在のメインサイトも、ポジショニングの変更を予定しています。
どうやったらセグメントが行われつつ効率的に集客できるかについて、必死に知恵を絞りだしています。

この見直しによって、もう1レベル高い集客を実現したいと考えています!

本日は中国ネット通販市場が最も熱い独身の日

今年はアリババだけで独身の日の取引額が前年比24%増で1500億元(約2兆5000億円)に上ると予測されているようですね。
とんでもない市場ですね。

今年は、昨年・一昨年と異なり、独身の日を目指して商品を作る方々が少なかったです。まぁ、駆け込むのではなく、事前から準備された感じがします。
おそらく、間際に駆け込むような会社は、もう上手く行かない局面に変化してきているのでしょう。
意外に手堅く儲かっているのは、昔からコツコツ中国向けにビジネスを行っていた会社さんだと思います。

本日、化粧品会社の友達とランチして情報交換していても、健康食品と同じような状況があります。
伸びている会社は、伸びている。
とんでもないスピードで。

弊社も、そういった会社を少しでも獲得していかなければならないなぁと思います。
私は、そのために、コツコツ努力するだけです。
まぁ、中国系の会社は、ある意味非常にドライです。基本、工場を持った会社としか仕事をしようとしません。弊社、関連会社が工場を持っているので、辛うじて取引できている感もあります。多くの企画屋さんが、提案泥棒され、振り回されるだけ振り回されたという姿も見続けてきました。

加えて、弊社の場合、ブドウ由来のレスベラトロールやプロテオグリカンなど、人気急上昇中の原料を持っているのも少なからず関係しているでしょう。

富裕層向けの中国ビジネス、爆買いは終わり医療観光へという記事を見かけましたが、すでにそれも終わっています。
次のステージへと向かっています。
ほんと、展開のスピードが速い!!

中国ビジネスはリスクはあれど、挑戦し続けないと、取り残されて落ちるだけ。
今後、時代の先を読みながら、的確に戦略を講じていければと思います。ファイト!

人気サプリを斬る!6:既得権益がある魚油(DHA・EPA)の市場

アメリカでは、長い間、魚油/オメガ3(DHA・EPA)が大ブームが続いています。
魚油のサプリというものは、精製されているので、魚から汚染物質(水銀、ヒ素、PCBなど)まで摂取してしまう可能性が低いいうメリットがあります。効果も、ヒト臨床試験データが多く、信頼できる。
ちなみに、海外では、赤ちゃんの脳の発育を良くするということで、妊婦さんも魚油のサプリ(主にDHA)を積極的に摂取する習慣もあります。

さて、なぜ、日本ではブームが起こらないのでしょうか?

私は、主に3つの理由があると考えています。

1. 魚を食べている錯覚
日本人は、魚食文化があり、十分にオメガ3(DHA・EPA)も摂取できているという錯覚があります。一方、日本人は、食の欧米化が進み、年々、魚を食べる量が減っています。
もっと、食育が必要です!

2. 魚油の機能性の認知度が高くない
3. 日本特有の既得権益

そして、根底に上記の2つの理由があります。
既得権益というのは、厚生労働省系の既得権益農林水産省系の既得権益の2つが存在します。

まず、厚生労働省系の既得権益ですが、何と言っても、魚油には、EPA製剤という医薬品が存在する点が他の国と異なるのでしょう。
この権益を守るため、医薬品の領域を侵すような機能性研究や商品開発が行われにくい実際があるように思えます。
まぁ、医薬品の方が適切に販売されるというメリットはありますが・・・。

次に、農林水産省系の既得権益、これが一番厄介。仕方ないんですが・・・。
日本には、海外の安い魚油原料が入ってきません。
日本の魚油は、酵素を用いて製造され、TG(トリグリセリド)で置換された魚油でないと輸入できません。海外のエチレーションという加工によりEE(エチルエステル)に置換された魚油がメインであり、日本には輸入できません。
日本のメーカーを守るため。

まぁ、ここでも厚生労働省系の既得権益が微妙に絡むのですが、エチルエステルの魚油は、医薬品用途に利用されているんです。日本には3つの大きな魚油メーカーが存在しますが、3社とも製薬ルートにも供給している状況も存在します。
ちなみに、私が調べたところ、さらに酵素も、良いものは日本製でしか存在しないようです。

そういった諸事情もあり、海外から安価な魚油が入って来ず、原料の価格競争も起こりにくい状況もあるので、当然、魚油サプリの値段も原料ベースで競争が起こりにくいです。

消費者にとって、良いことかどうかは、わかりません。
でも、既得権益だなぁとしか思えないです・・・。

レスベラトロールの水に見る市場動向

わかさ生活さんの「レスベラトロールの水」のCMが頻繁に流れてますね。
正直、やられた〜と思いました。



結構、原料顧客に対してレスベラトロールのノンアルコールドリンクを提案してたので、先越されました。

一方、うちは、赤ワインエキス末や黒ぶどう発酵エキス末で原材料され、発酵ポリフェノールも特徴なので、差別化ポイントを明確にしていければ、もしかすると、ピンチこそチャンスで、市場が温まった時の商品供給になりえます。

うちは、1日400mg(レスベラトロールとして20mg、OPCとして160mg)で機能性表示食品にもトライしていくつもりですし、差別化ポイントは、増やしていける可能性もあります。

諦めずに、提案していかなきゃな!

市場は、一般食品に近い機能性食品へとシフトしているんだよなぁ。

中国人観光客の爆買い 生きた酵素×生きた酵母

商談が終わり、会社に戻ってます。

商談で中国人観光客の爆買いの話が出ました。
やっぱりスケールが違います。
酵素のサプリですが、普通のお客で20個前後、多いお客で100個200個、最高500個を爆買いされるようです。

少ない数のものは、お土産に購入されるようです。
100個を超えるものは、ほぼ転売されているとのことです。どうやら、約3倍の価格で売れるようです。

中国における酵素商品の熱は、なかなか冷めないです。
弊社へのOEMの依頼も絶えないです。
少しづつ中国でも商品が出回り始めているので、何らかの差別化素材を入れて、商品の差別化が必要な時期に入ってきています。
プロテオグリカンのような、日本のオンリーワン原料などが良いでしょうね。

まあ、何れにしても、いろいろ思うところもありますが、ありがたいことです。
感謝です。

一方、問い合わせいただいても堂々巡りになることも多いです・・・。まずは、この記事を読んでから問い合わせていただきたいです。
>> 中国向け酵素商品の供給に関する注意点
できることと、できないことがあります。
例えば、カプセルや錠剤の商品は正規輸出が極めて難しいですし、正規輸出できる可能性がある酵素原料は1つしかありません。数百の植物発酵エキスは、キダチアロエが含まれることが多いため、ワシントン条約に引っかかり通関(食品検疫)が通りません。
毎回、同じ説明をさせていただいております。

発酵熟成プラセンタエキス末の製品名変更

発酵プラセンタエキス末が発酵熟成プラセンタエキス末に製品名変更されました。

以前にもブログで何度か紹介した素材です。美容商材として、徐々に人気が高まっている素材です。
是非、ご活用ください。

工場都合で作りたくない売れる商品

OEM業界では、タブーなのかもしれませんが、実際、工場都合で作りたくない売れる商品というカテゴリーが存在します。先日も、この商品もそうなんだあとしったものがあります。
それは「まつげ美容液」です。
目に入った時のリスクが多いので、まあ、工場側としてはリスクを伴いますね。ん~、理解できる。

その他にも、無添加化粧品や栄養機能食品(特に減衰するビタミン)というのも、その一例なんでしょうね♪
私も、製造と販売の両方を行っていますので、しばしば板挟みにあいます。

まつげ美容液であれば、防腐剤がネックになると思います。
防腐に使用されるアルコール類などは、しみそうですからね。
できれば、目薬に利用される成分だけで作るのが理想なんでしょうね・・・。まつげ美容液の主な有効成分はペプチドですから、防腐の面さえ何とかなって、粉体原料のペプチドが入手できれば、可能なんでしょうね・・・。

そういった意味では、コンドロイチンが目薬の保湿成分として活用されているので、FGF様作用(発毛作用)のある120Daのプロテオグリカンなどは、悪くは無いんでしょうね。

ちなみに、工場都合で作りたくない商品ほど売れるという考え方もあるんでしょうね。差別化しやすい・競合ができにくいという面で。
一方、工場都合で作りたくない売れる商品というのは理想なのかもしれませんが、作らせる側(販売者)も製造リスクや開発費などを負わなければならないです。
誰でも簡単に売れる商品が作れるわけではありません。
理想論だけでは商品が作れません!

まあ、このリスクを容易に負えるのが大手さんの強みなのかもしれません・・・でも、大手さんでなくても覚悟さえあれば製造ハードルの高い商品を作ることは可能だと思います。

また、理想の商品を作るためには、製造側との信頼関係も重要になってくるんでしょうね。
そこは、メーカーさんの商品開発担当者の資質が問われるところです。
おそらく、メーカーのトップが商品開発を行うと、面白い商品ができる傾向が強いのは、リスクを負える決済権なども大きく影響しているのでしょうね。勝ち組の通販会社さんの一部は、かなり決済権のある人間が担当していることも多いです。

その最たる例は「原料開発からの商品開発」です。
原料を作らなくても、日本に流通していない原料を特別輸入するという手もあります。過去、散々行いました♪
リスクは伴いますが、面白い商品は作れるでしょう。
是非今後、そういった商品開発もドンドン行っていきたいです!

「クリニックサプリ」成功の道は?

今日、調べ物をしていたら、このようなサイトを発見♪

「クリニックサプリ」成功の道は?

(JHM編集部その一)
http://jaas-labo.com/feature/1377.html


(JHM編集部その二)
http://jaas-labo.com/column/1582.html


記事では確認していましたが、インターネット上でも紹介されていたのですね。
感謝です。
実際、クリニックサプリの市場は、以下のような動きもあり、今後、ますます注目すべき市場です。
ある意味、あまり手が付いておらず、成熟していない市場です。

医療機関内でのサプリ販売を明確化
http://ib-kenko.jp/2014/02/post_838_0218_dm1248_4.html


弊社でも、着実にノウハウを蓄積しています。
クリニックで売れる商品というのは、セオリーがあります。診療項目によって適性が存在します。そして、販売を安定化するにも、コツがあります。
1店舗でも、最少ロットは、1年くらいでさばけます。
今後、それらを活用して、クリニックにおける新たな収益源を生み出すモデルを構築していきたいと思います。

なまこの原料探しています。

今週のテーマとは別件でコメントです。
今、なまこの健康食品原料探しています。
癌細胞を消滅させると、テレビか何かで紹介されたらしく、いくつかの問い合わせを受けております。

粉末より、エキスの方がベターです。
なまこペプチドだと、最高です。

もし、ご協力いただける原料メーカーさんがいらっしゃいましたら、ご連絡ください。
m(_ _)m 何卒よろしくお願い申し上げます。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール

博士(水産学) 44歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。

プロフィール詳細は、カテゴリ別アーカイブより。

カテゴリ別アーカイブ
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ