支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意。市場動向や注目原料などを紹介。騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

ジオスゲニン

近年におけるテレビ番組の反響

近年、テレビ番組で健康食品やサプリメントの情報が流れても、その反響は変化してきています。
色々な面でメディアの影響も変化してきています。

直接的なインパクトのある反響は無くなりました。
一方、Web上での変化が生じ、SEO効果が生じるようなことが起こります。番組の内容に限らず、問い合わせが増えます。

今回は、先日のジオスゲニンを紹介した番組放映の影響を具体例にして、解説してみたいと思います。

まず、放映後、ジオスゲニンの商品がバカ売れしたという情報は、全くありませんでした。
残念・・・。
しかし、次の日から数日、問い合わせは多かったです。
しかも、ジオスゲニンの問い合せでなく、HMB、レスベラトロール、アミノ酸などの問い合せでした。
その多くがGoogle検索からの流入でした。どういった形でSEO効果が示されたかわかりませんが、SEO効果が生じたと考えています。

こういった反応を見てみると、一旦、Webを通して反応が来ることがわかります。
テレビだけでは、大きな反響が起こりにくくなっているんだと考えられます。
こういったテレビの力を最大限にするには、必ずWebでの囲い込みを万全に行っておく必要があることを示しているんだと思います。

5年前、ライザップがエステナードソニック(美顔器)を販売していた時に行ったのは、インフォマーシャル(テレビ)とWebのクロスメディアでした。
当時では、あまり行われていないことを行っていました。ターゲット層が若い層から50歳くらいまでと広かったのも上手く行った要因でしょう。
それが大きな利益をもたらし、今の事業の足掛かりになりました。
時代の変化として、Webの力が大きくなりつつあり、テレビだけでは大きくなりにくいのでしょう。

弊社も、比較的Webには強い会社です。
でも、ドンドン、メディアも変化し、検索アルゴリズムも変化します。
ずっと、追い続けないとダメなんだろうなぁと痛切に感じました。大変な世の中です。

ヤムイモに多いジオスゲニン摂取で貴方もウサイン・ボルトに

もうぼちぼちテレビ東京でSPORTSウォッチャーが始まる頃でしょうか?
今回は、この番組の内容を補足した記事です。

ウサイン・ボルトがヤムイモを主食として食べていて、それが速さの秘訣であるというコメントをボルト選手の父が行っています。過去、それがニュースにもなりました。

さて、裏方の私は、まず、ヤムイモのジオスゲニン含有量を調べた文献を探しました。そして、この文献を発見しました。
Diosgenin contents and DNA fingerprint screening of various yam (Dioscorea sp.) genotypes.
番組は、この文献をベースに構築されています。
適当に作られている訳ではありません。

さて、この文献を補足して解説すると・・・以下のようなことが言えます。

・ジャマイカのヤムイモはジオスゲニン含有量が多い。
・自然薯のジオスゲニン含有量は少ない。
・ジャマイカのヤムイモのジオスゲニン含有量は自然薯の十数倍も異なる。
・アジア原産よりアフリカ原産のヤムイモ種の方がジオスゲニン含有量が多い。


ちなみに、中国の山薬山芋:懐山芋の数値は文献で紹介されていないのですが、実は、懐山芋のジオスゲニン含有量の方が多いです。この文献で最も濃いものが0.9に対して、懐山芋は1.0を超える。
この点は、焦点がボケるという理由で、撮影クルーの方々と話し、紹介しないことにいたしました。

ジオスゲニンは、ステロイド骨格を持った植物サポニンです。ホルモン剤やステロイド剤の出発成分としても知られており、このジオスゲニンから様々な薬が合成されています。

まぁ、いずれにしろ、そんなにジオスゲニンをたくさん含むヤムイモを日常的に摂取している訳ですから、強くならないはずないんでしょうね・・・。
実際、ジオスゲニンの効果を体感しているアスリートも私の近くにいらっしゃいます。
だからと言って、ジオスゲニンは、代謝が複雑なため、ドーピングに引っかからないでしょう。
そもそも、ジオスゲニンでドーピング引っかかるなら、ヤムイモを主食としている地域の方は、オリンピックに出場できないでしょうから・・・。

参考(過去の記事):HMBのお供に山芋ジオスゲニン、合法ドーピング!?

昨日はテレビの撮影でした!

昨日はテレビの撮影でした。
まぁ、私は裏方。
ある素材の取材の収録でした。面白い内容に仕上がりました。

多少レス(反響)はあるかな?

詳しくは、弊社FBページにて。

image

山芋ジオスゲニンの自然薯換算&ジオスゲニン分布

弊社の山芋抽出物は、自然薯換算のクリエイティブ表現が可能です。意外に知られているようで知られていなかったので、改めて紹介です。

自然薯や長芋中に含まれているジオスゲニン量の報告は、以下のような数字で存在します。

100g中のジオスゲニン含有量
  自然薯   ナガイモ
  2.3mg   4.1mg


したがって、弊社の山芋抽出物(ジオパワー15)の推奨摂取量を165mg(ジオスゲニンとして25mg)は、自然薯 約1kg分に換算されます。
量のクリエイティブは鉄板!

ちなみに、通常、1回で食される山芋の量は、100~200gのようなので、麦とろご飯●杯分の自然薯を○粒に配合などと表現するのも1手です。

自然薯 約1kg分のジオスゲニン & ゴマ約1200粒分のセサミン・・・などというクリエイティブも多く利用されています。あと、もちろん、赤ワイングラス 約100杯分のレスベラトロールも♪

弊社から、文献添付で、換算表なども出させていただいており、弊社の原料を活用いただければ、自然薯換算でのクリエイティブを利用できます。

ちなみに、弊社でも、大和芋や長芋を生芋・乾燥粉末でジオスゲニンの分析を実施した経験があります。結果、検出されずでした・・・。
文献を読み漁っていくと、山芋中にはジオスゲニンが均一に分布しておらず、各芋で分布の仕方が異なるようです。例えば、先っちょにしか分布しないなど。
面白いものです。

この原料は、推奨摂取量で配合しても大きなコストにもなりにくく、生姜・胡麻(セサミン)・マカ・にんにくなど土臭い素材と相性が良く、元気(粘るような持続力)になるというイメージが強いので、様々な滋養強壮サプリメントに配合され始めています。
ハイクオリティ認証も取得されているので、大手さんの採用も増えている原料。

まぁ、今、滋養強壮サプリメントは数のクリエイティブのものばかりなので、数のクリエイティブがダメになれば、もっと活躍してくれるのでしょうけどね・・・。

また、近年の傾向ととして、滋養強壮・DHEA代替・認知症対策以外にも、HMBカルシウムと一緒にマッスル系ダイエットサプリに配合されるようにもなりました。
ありがたいことです。

この原料はお客様から「何気に無かった原料」とコメントされます。そして、弊社のオンリーワン原料でもあります。
yamaimo-patent
製法特許に加え、追加の特許も取得していこうと動いています。
ヒト臨床試験も行いたいなぁ。でも、プロトコールが難しいんだよなぁ。
頑張らなきゃ!!

なぜかジオスゲニンの記事はアクセスが上がる

ここ最近のアクセスの傾向として、なぜかジオスゲニンの記事はアクセスが上がります。
なぜだろう?
理由がわからず、もどかしい・・・。

確かに、このジオスゲニンを規格している山芋抽出物は、伸びている!!
採用件数の伸びは、ここ半年、もしかすると弊社で一番多いかも。

HMBと組み合わされたり、ゴマ・生姜・マカなどとも。
マッスル(筋肉増強)・妊活・薄毛・滋養強壮・更年期と、幅が広い原料でもある。
でも、誰が見ているんだろう?

特許取得のお知らせ:山芋抽出物の製造方法

本日、 山芋抽出物の製造方法に関する特許の特許証が届きました♪

牽制でなく防衛のための特許であり、狭そうで広い特許。
この方法でないと質の良い原料にならないと思います。また、特許に抵触しないよう濃いものを作り過ぎると、行政から指導を受けてしまうと思います。まぁ、かなり有効性はあるかなぁと考えています。

まぁ、これで特許製法の懐山芋抽出物になった訳ですが、最近は、景品表示法もうるさいので、どこまでをクリエイティブを謳えるかですね。

この山芋原料は、滋養強壮に限らず、認知症対策、妊活やアスリート系のサプリ用途など、幅は広がっています。今後、ますます活躍してもらわなきゃ!

次は、赤ワインの方も審査請求して、取得していかないと!
こっちもこっちで、新規性の部分を織り交ぜているので、範囲が狭くても取れるように工夫しました。
引き続き、頑張らないと!

なお、興味がある方は、お気軽にご連絡ください。
また、特許情報プラットフォームからも弊社名「アンチエイジング・プロ」で検索すれば、すぐに出てくると思います。

総括:今月で今期も終了、7期目へ

もう、今月で今期も終わっちゃいます。
震災前の約一週間前に立ち上げた会社ですが、一時、どうなるのかな?と思った時期もありましたが、いろいろな人が助けてくれたり、ラッキーも後押ししてくれて、なんとかやっています。

たくさんの方に頼りにされ、少しづつでも積み重ねていける現状は、本当に感謝です。

今期を振り返ると、以下のようなことが言えるかなぁって感じです。

・山芋抽出物は大手牛丼チェーン店さんに入り、新たな市場も創出できた。
・鮭鼻軟骨抽出物も、グルコサミンに変わる市場として成長した。ヒト臨床試験の論文も投稿。
・葛花抽出物は、美白(日焼け防止)や発毛の市場が創出できた。
・赤ワインエキスは、ヒト臨床試験の結果が出て、来期への投資ができた。
・遅れていた新原料が来期には上市できそうな状況になった。

まぁ、山芋抽出物(ジオスゲニン)の市場は、スタミナ成分として大手牛丼チェーン店さんに採用されたのを弾みに、シニアサプリだけでなく、スポーツサプリなどにも利用されるようになり、新規の問い合わせや採用も非常に多かったです。
弊社では、最も成長した素材だと思います。実際、今でもかなりの数の問い合わせが続いています。

鮭鼻軟骨抽出物は、じわりじわり成長って感じです。
ヒト臨床試験の論文は、オープンな市場より、クローズドの市場での方が影響が大きそうです。クローズドの市場では、成熟し切ったグルコサミンは売りにくいという背景があり、ヒト臨床もあり、国産の原料っていうキーワードは、ハマりつつあるようです。
現在は、中国や台湾にも飛び火し始めています。
なので、論文の英訳も行いました。

葛花抽出物は、美白(日焼け防止)や発毛という非常にニッチな市場でのみ、成長しました。
じわじわ市場が大きくなっている感がありますので、今期は、少々開発予算を割きました。現在、試験中です。結果が楽しみです。
ちなみに、トリプルプエラリア・Wプエラリアのクリエイティブで販売されていた、既存であったバストアップ市場では、市場自体が縮小しているので、伸びが止まりました。

赤ワインエキス末は、治験会社のミスでいろいろトラブルもあったけど、はよう論文を投稿しないと!
ブーム終焉の2013年以降、極々微増の素材ですが、来期の伸びに期待です。

新原料は、来期の目玉!!
もうひと頑張り!

OEM事業は、Webや電話からの新規問い合わせは減ったけど、リピート受注や紹介案件は増えています。
実は、思惑通り。
Webページも、顧客がセグメントされるよう調整も行いました。
今後ダメになるゴミ商品を作ろうとする案件を振り落としました。
正直、今後の市場の変化(景品表示法や健康増進法などの強化)に耐えうる商品を作ろうとしてくれる会社さんを中心に案件を受けていければ良いと考えております。

来期も、楽しみなことがたくさんあります。
今期も残り少なくなってきましたが、最後まで全力疾走するつもりです!

HMBのお供に山芋ジオスゲニン、合法ドーピング!?

冬場の関節向けサプリの開発も一段落したのか、検討される原料にも変化が表れ始めています。
春夏のダイエット商材ですね。

そして、今年大注目なのは、HMBです。
ECを中心に大戦争が起こるのかな?って感じです。

でも、HMBは、添加物系の原料なので、最終的には価格の勝負になってしまいます。
そこで、重要になってくるのは、副材で、どう差別化を図っていくかです。

現状、人気急上昇なのが、山芋ジオスゲニンです。
単にスタミナのイメージが強いだけでなく、近年は、陸上のウサイン・ボルト選手の秘密はヤムイモ(;山芋)コメントが火をつけ始めています。

実際に、以前にも紹介したのですが、ベンチプレス競技の数値が伸びたりしているようです。某有名パーソナルトレーナーさんからも喜びの声をいただいております。
まぁ、山芋=スタミナは、長い歴史の食薬経験から、誰もが疑わない事実なのでしょう。

このジオスゲニンは、ステロイドサポゲニンです。
そういった筋力強化やスタミナ強化の効果は、有効なのはステロイド骨格の構造からも理解できます。

こんな成分がドーピングに引っかからないのか?
どうも、引っかかりにくいようです。
理由は、2つあると考えています。

・代謝機構が非常に複雑であり、ドーピング成分として認定できない。
・南米やアフリカでは、日常的に摂取されている可能性が高いため。


ある意味、合法的なドーピング剤だったりもするのかな?とも感じています。
なので、ドーピングに配慮したアスリート向け商品設計にも、組み込める可能性が高いです。

そして、このジオスゲニンがHMBのお供にオススメな理由、それは、脂質代謝促進の効果です。ヒトではまだですが、動物実験では、実証されています。
筋肉を付けて体を絞るのに適した成分でもあるのです。
加えて、DHEA類似体としてアンチエイジング効果も期待できるので、女性の方にもオススメです。

是非、この春は、山芋ジオスゲニンをお試しください!!

懐山芋の呼び方について

今回は、懐山芋の呼び方について。
たまに聞かれるけど、私も明確に答えを出していなかったんですよねぇ。

「ふところやまいも」とも呼べるけど、

「かいやまいも」と統一した呼び方にしようと思います。

理由は、この懐山芋の「懐」の由来です。

この懐は、ある地域を指し、懐慶府(かいけいふ)に由来します。
ということは、懐を「かい」と呼ぶのが正しいのだと思います。

誰かが決めないと決まらない。なので、決めちゃいます。
「かいやまいも」で広く流通してもらえればと願います。

ちなみに、この懐山芋は、三国志の前の時代から中国皇帝に献上され続けた最高の漢方山芋:山薬を指します。本当は、懐山薬なのですが、薬事上、山薬と表現できないので、懐山芋としています。

含硫アミノ酸量で国産山芋換算する商品の嘘

先日、顧客から某通販会社さんの国産山芋サプリのクリエイティブの(景品表示法と健康増進法の観点から)評価を頼まれた。

まず、このサプリのLPでは、ジオスゲニンの含有量は表記されていません!
一方、DHEAやジオスゲニンの内容が多く紹介されています。まぁ、この紹介の仕方は完全に強調表記ですし、DHEAは医薬品成分(専ら医薬品として使用される成分本質)指定されいますので、この時点で、優良誤認ならびに薬事法違反です。2つの違反。

まあ、ジオスゲニンは、分析したら検出されない可能性も高いです。うちは、過去、国産山芋粉を分析した際、ジオスゲニンは全く検出されなかったです。ジオスゲニンの含有量ゼロで、ジオスゲニンを強調している可能性が高いです。

ジオスゲニンの原料メーカーの立場としては、最低限、きちんと正しく成分表示を行ってもらいたい!

ちなみに、実は、吉野家さんの麦とろ御膳には、量は謳っていないものの、そこそこのジオスゲニンが配合さています。ジオスゲニンを表示するのであれば、それなりに配合すべきと判断されてのことです。企業の姿勢として、素晴らしいと思いました。

また、このクリエイティブ上では、含硫アミノ酸換算で山芋量(4粒で400g)を表現しています。
含硫アミノ酸とは、国産の山芋由来に見せかけていますが、文面を読んでも、実は添加されているシスチン由来です。ここでも、明らかに優良誤認です。
どうしようもないなぁと思いました・・・。
加えて「L-シスチンと、L-システインの働きは変わらないと言われています。」とも書かれているし・・・。
国産の山芋粉なんて1kg2500円くらいですし、シスチンも高い原料ではない。低原価でクリエイティブだけ!
ほんと、ごみ商品。

まぁ、私に評価を依頼した顧客は、消費者庁にチクって、指導を求めるでしょう。

今回は、明らかに消費者を騙すクリエイティブです。
悪い商品は、ドンドン無くなれば良い!

残念ながら、現状の市場は、こういった嘘つき商品が平気でのさばります。規制する側は、ここまでプロでないため、不正を見抜けないのでしょうし、違反が多すぎて、取り締まり切れないのでしょう。
騙したもん勝ち!
ほんと、困った市場です。

こういった酷い商品は、淘汰されるべきと考えます。
そうしなければ、この業界も、インチキな業界として認識されるだけで、消費者からは支持されないです。
業界を良くするためにも、こういった情報発信は、続けていればと思います。

オートファジーを促進する成分:レスベラトロールとジオスゲニン

最近、どこかの会社さんが一斉に探させているのか、オートファジーを促進させる成分の問い合わせがあります。こんな切り口もあるんですね。
今回は、少々、オートファジーについて、話してみたいと思います。

まず、オートファジーとは、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つです。
そして、最近、アポトーシス(細胞死)にも関係することから、がんとの関係でも研究が進んでいます。
また、アルツハイマー型認知症やパーキンソン病では、オートファジーが上手く働いていないこともわかっており、オートファジーの働きを正常化による治療の研究も進められています。

なので、抗がん作用やアミロイドβ分解促進作用のある成分がオートファジーの観点から研究されるケースも増えています。

ちなみに、カロリー制限とサーチュイン活性にもオートファジーが絡んでいるという報告もなされており、様々な研究が進められています。

一応、レスベラトロールでは、動物試験でオートファジーの促進が確認されているようです。
カロリー制限&レスベラトロールにオートファジーを促進する効果
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24975655

参考サイト: http://kenkounews.rotala-wallichii.com/calorie-restriction_resveratrol_autophagy/

ただし、レスベラトロールだけでなくカロリー制限も必要で、両方を組み合わせないと、促進効果が確認されなかったようです。
近年、高用量と低用量では、サーチュイン活性の経路が異なるようなので、今後、用量(摂取量)まで加味されると面白いんでしょうね。

また、ジオスゲニンもオートファジー促進の研究が進められています。
Pubmedでの検索結果https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Autophagy+Diosgenine

もしかすると、富山大学のジオスゲニン研究でも、認知症の改善効果はオートファジーが関係している可能性もなくないです。

こういったオートファジー促進成分の研究は、今後、注目です。

富山大学の和漢薬研究(山芋ジオスゲニンによる認知機能改善)

富山大学の和漢薬研究の映像で山芋ジオスゲニンの研究も紹介されています。



現在、認知機能に対するヒト臨床試験も進んでおります。
ご興味がれば、是非!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ