支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

カレー

世界一の認知症大国の日本:予防のための食生活

本日は、認知症と食事の話です。先日、以下のような記事を見つけました。

認知症患者数 世界と比較した結果 意外な国が多かった(2017.09.13)

日本の65歳以上の認知症有病率は約14%、ダントツ!
日本は、世界一の認知症大国だと納得しました。
世界一の長寿国であると同時に、世界一の認知症大国。健康寿命が延びてないが所以です。

この認知症に関しては、遺伝子的なものも関係していますが、食生活も大きいと考えています。
その証拠、インドやフランスは、認知症の発症が少ない。アフリカは、平均寿命の問題があるので評価が微妙だが、食生活的には少ないはず。
日本の場合、食の欧米化(魚食から肉食への変化)というのも、一つの要因だと考えています。

私は、食生活で認知症を予防していく必要性があると考えています。認知症を予防する食材は、以下の通りです。

赤ワイン(ポリフェノール、レスベラトロール)
ターメリック(;カレー、クルクミン)
長芋(ジオスゲニン)
青魚(DHA・EPA)


赤ワインは、ボルドーで行われた調査で、適量の摂取していると、認知症の発症率が1/4と低くかったという疫学データがあります。(たぶん、このデータを日本で初めて拡散し始めたのは私でしょう。)
ポリフェノールのなかでもレスベラトロールが中心となって認知症を予防してくれているのだろうと考えています。
本日は、ボジョレーヌーヴォーの解禁日ですが、ボジョレーのようなライトなワインより、フルボディのワインの方が体に良いです。また、南仏の赤ワインはレスベラトロール量が多いです。

次に、ターメリック、すなわち、カレー。
インド人に認知症が少ないことはかなり前から知られていたことです。理由は、毎日のように食されているカレー。そして、カレーに多く使われるターメリックの主成分であるクルクミンでも、認知症予防のデータが取られています。
欧米においてターメリックだるウコンは、肝機能サポートではなく、認知症予防素材なのです。

ちなみに、インドで認知症が少ない理由として、最も認知症が少ない地域では、動物性の食事の摂取量が少ないことがわかっています。動物性の脂肪が良くないとも考えられており、現在、認知症と動物性摂取摂取との関係も調査されています。

長芋に関しては、最近の研究で明らかになった事実。
しかも、脳の血流改善によるものではなく、壊れた神経細胞の再生とβアミロイド(アルツハイマーの原因物質)の分解促進。
長芋を含めた山芋には、ジオスゲニンという成分が含まれています。この成分が認知症の予防に寄与することが富山大学の研究チームによってヒトでも実証されています。
詳しくは >>山芋抽出物の論文:認知機能の改善について
漢方としては、不老長寿の薬として取り扱われてきた山芋です。その理由が科学の力で解明され始めています。

DHA・EPAに関しては、20年前以上前から知られていたことです。認知症予防に限らず、子供の脳の発育にも良いでしょう。
DHAと言えば、マグロのイメージが強いのですが、私は、あえて青魚での摂取を推奨します。できれば、近海の青魚。理由は、2つ。水銀など重金属の問題と資源量の問題。
エコで、かつ安全なDHA・EPAを摂取しましょう!
私は、朝食に週2回以上の魚を摂るようにしています。

こういった食生活は、良いことはわかっていても、なかなかできないです。
また、赤ワインだと飲み過ぎによるアルコールの害、日本のカレーは脂質の問題、山芋は摂取量の問題が存在します。
サプリも上手く利用することが大事なのかな?というのは、サプリ屋としての意見です。
是非、参考にしてみてください!

P.S.
健康メディア向けのコンテンツは、気が向いた時に書かれているのが現状。タイトルだけできていて、なかなか記事が書かれない。大変申し訳ございません。
<(_ _)>

辛旨★スープカレーの東京ドミニカ

今日の新宿ランチ、久しぶりにスープカレーのドミニカに!
たまに食べたくなる辛さ!
黄色・黒色・白色・濃黄色など色を選べるのだが、今日はド定番の黄色、辛さ+5で。

本日の #新宿ランチ は #スープカレー の#東京ドミニカ新宿店 #辛い #美味い #汗だく

栗山雄司さん(@kuri0527)がシェアした投稿 -


女子一人でも入れるナンが美味しいカレー屋さん

1,2ヶ月に一度は通う、カレー屋さん。
ナンは食べ放題。Bセットは、6個くらいのカレーから選べます。
今日は、チキンカラー、エビカレー、キーマカレーの3つを選びました。


芯から温まる老舗カレー屋 ガンジー

今日は、体も冷え気味だし、昨日飲んだので、体を労わりカレー。
マツキヨの先の小道に入ったところにあるガンジー

ちょっと洒落た雰囲気のお店です。

オススメは、ビーフカレー。
辛美味(からうま)です。

image

もうやんカレーは、もはやカレーじゃないかも

本日は、昨晩が飲みだったので、カレーでした。
本日行ったのは、もうやんカレーの歌舞伎町店。もうやんカレーと言えば、西新宿なのですが、最近、歌舞伎町にもできたのです。

もうやんカレー 新宿東口店
image

他の店舗と異なるところは、ビュッフェ(食べ放題)でないこと。
そこは、要注意。
あと、辛さが選べます。

量は、大盛りでちょうど良いくらい。辛さは5を選びましたが、後から来るほど良い辛さ。
相変わらず、野菜や果物の味が凝縮し、トロピカルな味で美味かったです。
半年周期で、どうしても食べたくなる味。

でも、ビュッフェで、肉たっぷりで食したかったなぁ・・・。

カレーと言えば、インドをイメージしますが、カレーライスは、日本独自の進化を遂げ、限りなく日本食に近づきつつあると思います。
もうやんカレーもその代表例。
完全に薬膳カレーになっており、ご飯も雑穀です。ついでに、グルテンフリーにされたようです。
もはや、カレーであってカレーでないような感じがします。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ