支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

横田伊佐男 を含む記事

このブログから意外に購入されている横田さんの一冊

私がこういった記事を書いたからかもしれませんが、このブログから意外に横田さんのベストセラーが購入されています。

商品開発の方も読んでもらいたい横田伊佐男さんの一冊

ご近所さんですし、ボクシングという共通の趣味でもつながっている横田さん。
私は、商品の段階からレスポンスというものを追っています。レスポンスという点で、最終的に追っているものは同じです。

私も、多くの人に読んでもらえればと思っております。

ちなみに、横田さんの専門は、会社名の通り、CRM(Customer Relationship Management)です。
日本語にすると、顧客関係管理(ん~、適当な訳がないかも)。
以前、ダイ起の会で講演を聞かせていただいた時は、CRMのお話でした。CRMは、たまに私も記事の中で使っていますが、最近の通販には必須になってきています。

商品開発の方も読んでもらいたい横田伊佐男さんの一冊

今回は、横井さんの書籍のご紹介です。とても参考になる一冊なので、本ブログでも紹介させていただくことにいたしました。


最強のコピーライティングバイブル――伝説の名著3部作が1冊に凝縮! 国内成功100事例付き
横田 伊佐男 (著), 神田 昌典 (監修)

弊社の顧客を始め、広告原稿やLPなどのクリエイティブを作る人だけでなく、商品開発に携わる人にも読んでもらいたいなぁと思う一冊です。
ちなみに、この1冊は、一回読んでみて、即実践してみた後、もう一度読み直した方が良い一冊です。また、事例も豊富なので、読みながら実戦するのもオススメです。

パート1の戦略は、ターゲットの絞り込みと提供価値について紹介されています。商品の本質を見極め誰に何を伝えたいのかを考えることです。
事例のように、きちんと戦略を立てれば、より最適なコピーを導けると思いました。
冒頭にあるように「書くな、まず考えろ!」ですね。

商品開発の段階で、戦略が出来ていないと、売れる商品が作れないというのが私の持論でもあります。
私の場合、商品設計の段階で、大まかな戦略を立ててしまいます。
販売の段階で、突然、戦略が変わると商品設計の段階で想定していた戦略が崩れてしまい、売りにくい商品となってしまいます。

商品開発の人は、特に、このパート1部分を大事にしてもらいたい!

次に、パート2のキャッチコピーの事例(と解説)は、非常にわかりやすいです。よくここまで厳選して事例を集められたと思います。

通常、この部分は「キャッチ」と呼ばれるのでしょうが、私は、この部分を他動的に「フック」と呼び、商品設計の段階で重要視しております。
まさに「グィッと惹きつける」部分です。

この部分を読んで理解しておくと、商品開発の人は、より良い商品提案ができるようになるでしょう。
原料メーカーの人もきちんと読んでおいて、自社原料でフックとなるコピーを考えてこくことが大事です。


実際問題、健康食品やサプリメントの販売において、コピーの部分は、主なる原材料が多く関与すると言っても過言ではありません。
弊社は原材料も取り扱うので、私は、その点を意識して原材料のクリエイティブ例を考えるようにしています。

パート3やパート4は、残念ながら、商品開発や原料の人では、なかなか実践できる機会がない部分です。
ただし、お客様の販売者さん達がどんな努力をなさっておられるかは、きちんと把握しておいた方が良いと思います。
この一冊には、丁寧に紹介されています。

最後に、横田さんらしくて、とても好きなパート4最後の一節。ボクシングを例にした説明です。
若者は知らんだろう♪と思いつつ、わかる人にはよくわかる説明です。

この書籍は、Amazonで勝っても良いと思いますし、店頭でも売っているはずなのでサラりと目を通してから購入しても良いと思います。
興味のある方は、是非、読んでみてください。

ちなみに、私は、Tポイントを使いたかったのでヤフーのモールで購入しました。
image
こういった書籍は電子でなく紙のものを買わせていただいています♪
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ