支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう28万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

エビデンス型マーケティング

エビデンス型マーケティングの実践例

本日午後一、思うことあり、弊社コーポレートサイトのOEMページを加筆修正いたしました。

基本、私は、科学的根拠に基づいた商品設計(Evidence based Scientific Formula)というものを重要視し、文献検索と複写依頼を日常的に行っています。

昨日も、育毛サプリのエビデンス面を強化するため、文献検索していました。ネット上の根拠のない記事をベースに商品設計していてはダメであり、私は、こだわって1つ1つの記事内容と文献が紐づくようなサイエンティフィックサポートを目指しています。PRの仕事で感じていることなのですが、実際、大手女性誌の記事などは、かなりエビデンス面を重要視するようにもなってきております。

そうやって少しづつ収集した論文は、何だかんだで1600報くらいになっています・・・。

そこは、他の営業マンとは異なる点であり、私が担当する案件の成約率が格段に高い理由の1つでもあります。

また、私がブログや弊社サイトなどで健康食品のエビデンスデータを紹介すると、雑誌社などからの取材が舞い込みます。
そして、エビデンスや情報を提供し、(監修医師・専門家の紹介も含め)取材をサポートすることで素材の認知度が高まり、その素材の市場が大きくなります。
エビデンス型マーケティングの正の循環が起こります。
例えば、先日の山芋の雑誌記事などが良い例です。確実に問い合わせと採用商品数が増えます。

結局、法人相手のビジネスは、こういった信頼の積み重ねが大事です。
特に、保守的な製薬業界の要素も含む健康食品業界の場合は。

バックボーンがしっかりした原料は、大手さんが好んで採用してくれます。
採用が1社、2社と増えると、その後、一気に大手さんでの採用数が増えてきます。上場会社3社(うち超大手さん2社)に採用されている弊社の山芋原料は、ちょうどその時期です。毎日のように問い合わせが来ます。

次の目標は、大学も巻き込んだエビデンス型マーケティングを形にしていくことです。
5年、10年単位の目論見・・・。

人生一度きり、もう折り返し地点は過ぎたか過ぎる頃。
さぁ、頑張らないと!!

水溶性ビタミンでも過剰摂取を注意すべき葉酸

世の中、葉酸は水溶性ビタミンだから、摂り過ぎても体から排出されるから安全という誤ったコンテンツがいくつも存在します。
ほんと、止めてほしい!

何のために、葉酸の耐容上限量が設けられているのか?

よく考えてください!
この葉酸は、推奨量(240μg、妊活中だと+400μg)と上限量(900 or 1000μg)が近めで、過剰摂取を注意すべき栄養素です。
ビタミンB1やビタミンCなどとは、ちょっと違います。

また、国立健康・栄養研究所のサイトでも、過剰症が起こり得る量として1〜10mgと明記されています。
μという値を理解していない人も多いので説明しますが、1000μgは1mgです。
水溶性のビタミンでも、耐容上限量を超えると、過剰症が起こり得るのです!

加えて、妊娠後期の過剰摂取は、子供(生まれてくる赤ちゃん)の小児喘息発症リスク向上の可能性も報告されています。

ちなみに、葉酸の耐容上限量の設定は、よくできていると思います。
この基準で摂取すると、妊娠後期の葉酸摂取による子供の小児喘息発症リスク向上の心配もなくなります。
やっぱり、上限量を注意し、特に妊婦は、しっかり葉酸摂取量をコントロールする必要があるのです。

あと、注意してもらいたい点。
食事からの葉酸摂取量。
平成28年の国民栄養調査において、女性は272μgと推奨量を満たしています。
これも加味して補わなければならないのです。
妊活中の方・妊婦・授乳婦以外、葉酸は、意外に、食事で必要量が補えているのです。

まぁ、アメリカでは妊活の人でなくても400μgDFEが推奨量。
なので、私の持論として、 日本人は+200μgDFEくらいはサプリで補い続けても良いと考えています。
まぁ、アメリカはシリアルなどに葉酸添加が義務付けられているので、アメリカ人はこれくらい摂取できている背景の違いかあるのですが。ともかく、その政策が疾患予防で成果が出ているので、多少補っても良い思います。

妊活中、1日当たり400µgの葉酸を補い、マルチビタミンで200µgを補うくらいなら、上限内なので問題ないだろうなぁと思います。
ただし、別のサプリで、もう200µg補うと「増し仕込み」の関係上、食事からの葉酸摂取も加味し、上限を超えちゃう可能性もあるなぁと考えています。
葉酸が配合されている3商品以上のサプリを摂取している人は要注意です!

葉酸など、水溶性ビタミンは、熱や経時変化で減衰します。加工や長期の保管で量が減ります。
栄養成分表示というのは、2年前の担保量+誤差を意味するので、+10~20%多めに配合されるのが通常です。過去の調査では、400µgの葉酸サプリの多くには500µgの葉酸が含まれていたという報告も存在します。
これは、マルチビタミンやその他の葉酸も同じです。
摂取量の注意が必要なのです。

摂取量のコントロールを行いたい場合、一番困るのは、原材料に葉酸と表示されていても栄養成分表示に葉酸の量が明記されていない商品。
どれくらい含まれているかわからない。
一番注意が必要な商品です。

最後にお願い。
葉酸サプリのテレビCMもやっている某製薬会社さん、影響力があるので、サイト上で摂り過ぎの心配はないというとは止めてください!

制作会社や広告代理店に丸投げするのは良いですが、大事な部分のチェックだけはしっかり行ってください!
会社のコンプライアンス上、問題が生じると思います。ぶっちゃけ、担当者もしくは責任者のクビが飛ぶレベルだと思います。

赤ちゃんの健康も含め、人の健康に関わる事業ですので、真剣に取り組んでもらいたと思います。

多くの女性が勘違いしている葉酸の摂取量

多くの女性は、妊娠中、間違った量の葉酸を摂取しています!
私がインタビューした中では、百発百中でした。
医療関係者でさえ勘違いしていることがほとんどです。極稀なケースですが、女医監修のサイトで、間違って紹介されているケースも存在します。まぁ、栄養学を知らない女医さんなんだなぁと思いつつ、困っちゃうなぁと思っています。

まず、妊活中の女性(妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性のある女性)は、妊娠が発覚したら葉酸摂取量を減らさなければならないことをご存知でしょうか?

妊活中の女性は、一般女性の推奨量の240µg(240µgDFE)に加えて400µg(800µgDFE)の葉酸を摂取することが推奨されています。加えて摂取する量のことを付加量と言います。
そして、妊婦は、付加量を240µg(240µgDFE;合成の葉酸で120µg)まで減らす必要があるのです。
※DFE:食事性葉酸塩当量 食事で葉酸を補う場合を想定した摂取量

多くの女性は、”妊婦"が"400µg”の葉酸を摂取しなければならないと勘違いしているのです。
それは間違いです。
そして、合成の葉酸で400µg(800µgDFE)もの量を補っています。
正しくは、妊活中の女性が+400µgの葉酸を、妊婦が+240µgの葉酸を摂取しなければならないのです。

生物利用能を加味すると、560µgDFEもの葉酸を過剰に摂取しているのです。
妊娠後期の葉酸の過剰摂取(1000µg以上)は、小児喘息の発症リスクを高めるという報告※も行われているので、注意が必要です! よくあるケースとして、葉酸サプリと一緒にマルチビタミンを一緒に摂取していたら、多くのマルチビタミンには200µg(400µgDFE)の葉酸が含まれていますので、結構な量の葉酸が取れちゃうのです。

※Whitrow MJ, Moore VM, Rumbold AR, Davies MJ. Effect of supplemental folic acid in pregnancy on childhood asthma: a prospective birth cohort study. Am J Epidemiol. 2009 Dec 15;170(12):1486-93.

葉酸は水溶性ビタミンだから摂り過ぎの心配はないというコメントをしているとんでもないサイトも存在しますが、それは別の機会に紹介します。

さて、こういった問題が起こるのは、なぜか?

ネット上に誤った説明をしているコンテンツが多いため

加えて日本人が栄養学に対してあまりにも知識がなさ過ぎるため

非常に困ったことです。
有知識者がきちんとチェックして、コンテンツを作ってもらいたいです。

実際、コンテンツをライティングしている方の多くは、アルバイトなどの素人の方なので、どうしても間違えが起こってきます。そして、誤った記事を見て、コピペ記事を作るライターさんが、さらに誤った記事を拡散します。
非常に困った状況です。
厚生労働省は、きちんと正しい摂取量を公開しているのに・・・。

先述の女医さん監修のケースなどは、ちょっと恥ずかしいケースなのですが、影響力があるので、ほんと、修正してもらいたいです。

酷い例では、母子手帳の記述の写真を組み合わせて、妊婦は400µgの葉酸を摂取する必要があると誤った説明をしています。
母子手帳には、目的(効果)までは明記されていても、摂取量まで明記されていません。妊婦の摂取量400µgとは、どこにも書かれていません。
IMG_0097
 写真は、2006年のもの。
ちなみに、中には「食事や栄養補助食品などで」と書かれているものもあるようです。

まぁ、いずれにしても、こういった根拠のないコンテンツは、Googleで上位検索されなくなってきます。
今後のコンテンツ型マーケティングは、エビデンスが命ですから。
消費者も、自己防衛として、真偽を見抜けるようしっかり勉強した方が良いです。

本ブログの記事は、基本、こっそり見られることを望んでいるのですが、この記事に関しては、シェア・拡散していただけると助かるなぁとも感じています。
やっぱり、正しい大事な情報は、多くの方に伝えられるべきだと思います。

公平性・中立性がないメディア/コンテンツの問題

近年ますます、インターネット上の情報に対して、信頼性や信ぴょう性というものが求められるようになってきています。特に、昨年12月のGoogleの対応(検索アルゴリズムの変更)は、その流れを加速させるものでした。

そもそも、過去、情報を発信するメディアは、公平性・中立性というものが倫理的に求められてきました。
近年、まさに、そういったものが崩れたのがインターネットコンテンツです。
だらけ。
メディアとも言えない存在がコンテンツを作って情報を発信できるようになったためです。

ただし、すべてのコンテンツがそうではありません。まじめなものもあります。
市場を乱しているのは、主に、アフィリエイトなどを利用した収益目的のコンテンツです。
まぁ、ステルスマーケティングの一種でもあると考えています。

ECもコンテンツ型マーケティングが主流となり、残念ながら嘘が本当になってしまう時代になってしまいまいました。

実際、多くの健康食品のコンテンツでも見られます。
例えば、プラセンタ
馬の胎盤は非常に貴重ですが、豚も馬も、1kgあたりのアミノ酸の含有量は同じです。

また、過去、葉酸酵母=天然というコンテンツも作り上げられました。
今は、行政に取り締まられている状況だと思います。

疑わない消費者は、簡単に騙されてしまいます。
誰が書いているかわからないコンテンツに対しても、疑わないのも問題なんですけどね・・・。
コンテンツをライティングしているのは、知識がないアルバイトさんがほとんどなのにね。

騙して儲けることが当たり前の業界になっちゃうと、どこからも支持されなくなるのが非常に心配です。

やっぱり、健康系医療系のコンテンツが支持され続けるためには、エビデンスを重要視し、公平性・中立性を保っていく必要があると思います。
私も、メディアからの取材を受けたり、コンテンツ作りに関わったりする人間なので、注意するようにしております。
決して、倫理観を失ってはいけない。

ちなみに、健康食品業界の場合、業界紙も公平性・中立性という点で、問題があります。
なかなか難しい問題でもあるけど、変化していかなければならないと思います。

企業が行う論文の提供と著作権・譲渡権

弊社の原料ページをエビデンス型に修正している過程において、すでに、その影響が出始めています。
同時に、問題点も生じ始めています。
おそらく、それは、今後、新たな問題も生じさせるであろうと感じています。

想定される事象
文献の無償提供依頼

場合によっては、引用している文献をすべて提供してもらいたいという要望も届く可能性があります。原料メーカーの宿命。
そこで、生じる問題。

論文の著作権と譲渡権

厳密には、スキャンしたものを譲渡することは、著作権上、違法になります。たとえ著者でも。権利は、出版社に帰属します。特に、Springer、wiley、Elseviaは、きちんと明記されています。
オープンになっている論文であれば、URLを送れば良いだけですが、オープンになっていない論文は、注意が必要です。特に、和文論文。

自分が書いた論文でも、スキャンして配っちゃダメ!
公開して配布なんて以ての外。

まぁ、そのために、別刷りというものが用意されています。
一方、今の時代、デジタル化しており、論文はスキャンしてPDFで管理していることがほとんどです。なので、簡単にメールして送れてしまいます。

ぶっちゃけ、多くの会社は、スキャンしている論文データを無償提供していることが多いのではないでしょうか・・・。

健康食品業界は、まだまだ著作権に対する認識が甘いです。
購入した画像データを配っちゃう最悪なケースも存在します。過去にも紹介しましたが、画像データの場合、購入元から配った先に請求がいくこともあります。原料メーカーから提供された素材を使う側も注意が必要です。

実は、機能性表示制度でも、論文を利用して転載料がかかるケースも少なくありません。
当たり前のことなのですが、知られていない。
意外に、転載料を払わなくてはいけないのに、払っていない会社さんもあるんでは?と疑ってしまいます。

機能性表示制度が始まり、原料のエビデンスの重要性も高まっています。一方で、文献の取り扱い方で問題点も生じやすくなるのです。

こういった問題点は、健康系メディアへのコンテンツ提供の際でも起こってくる問題でしょう。

企業としては、論文を配らなくても良いように論文の内容を手短に紹介した資料を用意したり、エビデンスを求められた際の対応マニュアルなどをきちんと整備しておく必要があるんだと思います。

今後、企業として、こういった本記事で指摘した点も意識しながらエビデンス型マーケティングを推し進めていければと思っております。

エビデンス型マーケティングの欠点

今日は、いろいろあった一日でした。出荷も多かったし、入ってくる情報の量も多かったです。
疲れた・・・。

そして、本日、1つ学んだ点。
タイトルのエビデンス型マーケティングの欠点。

やっぱり、このエビデンス型マーケティングは、組織として行っていく場合、きちんと社内でのルール作りも行っておく必要があるなぁと痛感しました。
基本、このエビデンス型マーケティングの欠点は、一部の人間に依存してしまうこと。すなわち、誰もが的確に対応できないこと。

さて、私が書いた和文の論文でも、関連会社を含めた社内で何人読んでいるだろうか?
お恥ずかしながら、だれも読んでいないという可能性もあります。
ましてジオスゲニンの英文論文なんて、もっと読んでないでしょう。

よほど研究者集団の会社でない限り、どこの会社も、同じようなもんでしょう。私も、すべての人間にテクニカルな対応は求めない。
そこがエビデンス型マーケティングを行っていく難しさだと思います。

だからといって、エビデンスをフルオープンに開示できるかというと、それは不可能でしょう!まぁ、著作権の問題もありますし・・・。

この業界、情報だけを取りに来る会社も多いです。
なので、相手を見ながら提供する情報も変えています。
そういった背景があるので、基本、原料事業におけるテクニカルな対応は、私が行います。結局、ジャッチし、提供する情報を選定を行うのは私にしかできないので。
これじゃぁダメなんですけどね・・・。

今回のように、末端の販売者さんが寵愛をすっ飛ばして直接連絡してくると、対応に困ります。
情報を出そうにも出せない。
まして、急にテクニカルな情報を求めら、私が不在だと、テクニカルな情報は絶対に出ない。

そういった問題を解決していくことが近々の課題です。
エビデンス型マーケティングを掲げていけば、自ずと起こる問題です。
常に改善と努力です。

ジオパワー15と美活花80のページ修正

完全エビデンス型対応のため、ジオパワー15と美活花80のページを修正いたしました。

ジオパワー15
美活花80

これからも、より信頼のできるサイトを目指していきます!

弊社サイトの完全エビデンス型の作業

本日は、仕事始めという方もいらっしゃったのではないでしょうか?
弊社は、明日からの仕事始めです。
せっかちな私は、だらりとした休みに飽きてきてしまい、本日は、弊社サイトの完全エビデンス型の作業を淡々と行ってしまいました。まぁ、時間がある時にしかできない作業なので。

修正作業していて、思ったこと。

エビデンス型のページは、データベースとしては便利なページになるだろうが、情報量が増えすぎてしまい、乱雑になってしまう。そして、文系の人間には、利用しにくいページになってしまうだろう。

したがって、一般の人でもポイントが理解しやすいページ構成も同時に求められるだろう。

エビデンス型マーケティングの課題でもあるだろう。
また、Googleの検索状況や問い合わせ数と照らし合わせて、エビデンス量も調整が必要だと推測されます。

作業を始めてみて、わかることもあります。
今後、注意しながら、作業を進めていきたいと思います!

ビジネスは、成果を出してなんぼ。ちょうど理想とする市場に変化しようとしているので、この機を逃さないよう全力で頑張らねば!続きを読む
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール

博士(水産学) 43歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。

プロフィール詳細は、カテゴリ別アーカイブより。

カテゴリ別アーカイブ
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ