支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

空手道

最新の回し蹴りは回さずスナップを利かせる

私は、蹴り技の研究と指導に力を入れています。
やっぱり、試合では、蹴り技でポイントを取りたい。実際、試合では、中段の回し蹴りでポイントを取って勝つケースも増えてきています。
まぁ、10年のブランクで、完璧な刻み突きが戻ってきていないのもあるのですが・・・。

組手を楽しみ、空手を楽しいでもらうためには、とにかく、多く蹴って蹴り技が上手くなることが近道だと思います。特に、子供は。
勝ち方も大事。

最初は、キックミットで蹴って蹴り心地を楽しんでもらった方が良いです。

そして、ある程度、蹴り込めるようになったら、引き足を取ってポイントを取る練習です。
ここからは、指導者の教え方が大事になってきます。

キックミットから、以下のようなハンドミットを蹴る練習に切り替えることがオススメです。幸い、こういった安いミットがたくさん販売されています。



蹴りでポイントを取るには、中段は1~3cm程度蹴り込んで引く、上段は3cm手前を引く技術が求められます。
そういった技術を身に着けるには、ハンドミットの方が良いのです。
特に、ダブルのタイプ。
きちんと引り足を取りつつ、インパクトのある蹴りができないと、いい音が出ません。そんな蹴りを身につける必要があります。

今や、試合に勝つための教材は、たくさん出ています。秘伝として人伝だけで伝えられる時代とは異なり、非常に恵まれた環境です。
私もたくさん勉強できます。

最近のおすすめは、これ。
高知中央のサーキット空手。


蹴りの極意が詰まっています。でも、レベルが高めです。
ポイントポイントを、段階的に学んでいく必要があります。

私の場合、ステップトレーニングや縄跳びトレーニングに重要要素を組み込むように工夫しています。
長男長女は、形だけですが、裏回し蹴りまでマスターしています。でも、ポイントを取れるまでは、まだまだです。

私のチャレンジは、まだまだ続きます。
頑張ります!

國際松濤館空手道連盟三多摩総本部 若草支部

私は、和道流の日本空手道教育研究会と國際松濤館空手道連盟に所属しています。
青梅では、土曜日と日曜日の16時から(永山の場合は14時から)、長男長女と共に、國際松濤館空手道連盟三多摩総本部 若草支部で稽古しています。

若草支部は、形も組手も、偏りなく力を入れています。
私は、組手を担当しております。
子供だけでなく、大人も楽しめるようなメニューを組むようにしております。私も青梅市代表なので、しっかり練習したいので・・・。

今まで、あまり私の指導方針や理念を紹介することもなかったのですが、いろいろ思うことあって、このブログで紹介することにいたしました。

まず、基本的に、誰もが組手を楽しめるようになることが一番の目標です。

また、子供の教育という点で、空手を活用する目標も持っています。
どんな目標でも良いので、しっかりと目標を持って、その目標を達成できるように努力し続けることが重要だと考えています。空手で培った力が勉学や仕事に活かされ、子供達が空手を通してより豊かな人生を得ることを望んでいます。
他の競合チームと異なり、空手で進学してもらいたいとも考えていないです。でも、空手によって成長してもらいたいと考えています。そのためには、常にチャレンジし続けていくことが必須だと思っています。人生、一度切り。
(私は完璧主義の部分もあるので、目標もなく惰性で空手を続けているのであれば、口には出しませんが邪魔なので辞めてほしいと考えるタイプです。他の者に悪影響です。私は、そういったドライな一面もあります。)

ただ空手が強くなるだけは、意味がないです。
どんなキツイことからも逃げない心を身につけるなど、心も強くなって始めて、空手を続けていく意味が出てくるのです。
強くなりたい人は、自然に強くなります。
同時に、組手も自然に好きになります。

ちなみに、最近の技術的指導方針としては、蹴り技を重要視しています。
特に、左足の上段回し蹴り。

やっぱり、蹴り技は空手の醍醐味です。
綺麗な上段回し蹴りをできた方が、かっこええです。試合で上段回し蹴りなんて決めたら、盛り上がりが一気に最高潮まで高まります。
(蹴りを見せてといわれて、見せれないと、ちょっと寂しい。)
中段回し蹴りでも、しっかりミットなどを蹴れるようになると、嬉しいものです。
こういった点が空手を好きになる始まりだと考えています。

もちろん突き技もしっかり教えますが、子供達がより空手を好きになってもらうため、蹴り技を重要視しています。
幸い、蹴りでのポイントを取ることが重要な時代になっているので、教えがいがあります。
そのため、近年、蹴り技の研究は、徹底的に行っています。

一時は、長男長女が勝つことに固執していたところもありますが、最近は、他の子供達も含め、目標を常に持って空手を長く続けてもらえればと思っています。空手を楽しめるようになれれば、必然的に空手を長く続けてもらえるのかなぁという結論に至っています。

まぁ、本当に試合勝ちたかったら、自宅でもしっかり練習しないと勝てないです。
勝ちたい者には、トコトン勝つための指導をします。

私は、子供を指導するという点では、まだまだ未熟です。
今後、空手が好きになってもらえるよう、努力していきます。

蹴りを速くする縄跳びメニュー

昨日、Facebookでタイトルの「蹴りを速くする縄跳びメニュー」とコメントしたら、今日、どんなメニューかを聞かれました。
ちょっと紹介。

メニューは、2つ開発されています。

まず、簡単な方。
足を前後にして前跳びを行いながら、前足だけ膝を上げます。できるだけ高く膝を上げます。
とても簡単な動きですが、やってみると、かなりキツイ。
1ラウンド3分の縄跳びに対して、私は20回つづ組み込んでいます。

必然的に蹴り足が強くなり、膝が上がるスピードが上がります。
蹴りは、この膝を上げるスピードが命です!

次は、ちょっと難しい。スイッチのステップからの膝上げ。
足を前後の前跳びで、スイッチを2回行った後に膝を上げます。最初のスイッチは後足を斜め前に出して行い、2回目のスイッチで元に戻って膝を上げます。

脚力が強化されるだけでなく、体幹も鍛えられ、バランス感覚が身につきます。サイドステップなどからの蹴りが上手くなり、蹴りのバリエーションも増えるでしょう。

実は、この動きは、アビリティクロスのステップ練習でも組み込んでいます。
縄跳びの中に組み込むと、負荷が上がります。

ちなみに、このトレーニングは、ボクシングジムでのトレーニングの際に行う縄跳びの中に組み込んでいます。
最近組み込んだのは、バービータックジャンプだけではなかったんです。

ただ今、新しいステップメニューを考案中。
また、そのうち、動画でもアップできればと企んでいます。
お楽しみに!

空手の目標と真剣勝負である理由

土日は、空手の稽古でした。
しっかり稽古したので、もも裏が軽く筋肉痛です。年末年始の鍛錬の怠りが体に現れました。

さて、空手などスポーツは、常に目標を持ち続けないと、惰性で行い続けるだけとなり、時間の無駄になりかねないと思います。
目標の大小は関係なく、信念をもって達成していけるようなものであり、かつ自分に厳しく自分を成長させるような高い目標が望ましいと思います。

空手の場合、試合に勝つ、段位を積み重ねる、新しい形を覚えるなど、様々な目標を立てることができます。

私も、私なりに目標を立てました。
選手として自分指針の目標。
指導者としての目標。

スポーツは、しっかり目標を立てないと、行っていく意味が半減すると思います。
私のように、この年になってまで格闘技生活を送っていると、費やす時間の価値というものも考えていかなければならないでしょう。
自分の給与を時給換算し、費やしている時間から金銭的価値を求めると、かなりの金額になります。
まぁ、自分の健康のための時間でもあるのですが、その時間の意味をしっかり噛みしめて、常に真剣勝負を行っていくべきだと考えています。

そこで、人って差が出るのだと考えています。

特に、文武両道をかかげるのであれば、どれだけ濃い真剣勝負の時間を送ったが決め手になると思います。

今年も、真剣勝負です!
がんばります!

改めて競技空手とボクシングの共通点と違いを考える

本日はボクシングで自分を追い込んできました。
競技空手とボクシングの両方に勤しんでいる私としては、この両者の使い分けも大事になってきます。
そのため、共通点と違いがドンドンわかってきます。

まず、前拳のパンチ。
空手は刻み突き、ボクシングはジャブとストレート、フック、アッパーがある。
左刻み突きは、ボクシングの左ストレートと極めて近い。体重が乗り、腰が入るという点で共通する。ただし、和道流の突き込みほど突き込まない。松濤館流に違い。
ただし、空手には、ジャブ、フック、アッパーの存在がない。フックは、鉤突きがあるが、競技では使用されない。

次に、後拳のパンチ。
空手は逆突きと追い突き、ボクシングはストレートが代表格である。
追い突きというものは、古武道に共通するら順の動きのであり、ボクシングにはない動きである。
蹴り足が前に移動され、突く時の軸足となります。順の移動で軸を前に移動しながら攻撃します。

近代の競技空手では、順の形で突く追い突きではなく、逆突きに近い形に進化している。着地と同時に突きが出るのではなく、引き終わり時に前足が着地する。
さらに、最新の空手では、腰を回転させずに肩甲骨を利用して突く。相手に動きが読まれず、意外に遠い間合いで相手を捉えることができる。

そもそも、空手とボクシングの後拳パンチの最も大きな違いは、軸の移動にあります。
今までの説明で、ボクシングをやっている人は、気づいたと思います。

日本の空手の代表的な技である中段逆突きは、後ろ足で蹴って前進し、踏み込んで前足に体重移動して、突きに体重を乗せる。軸が前に移動する。ただし、軸は倒さない。
一方、これは、ボクシングでは厳禁。軸を移動してはいけない。軸を回転させて、逆半身になって打ち抜く。蹴り足の回転がポイントである。ここでは、軸を倒さない点で共通している。

腰の使い方は、空手でも、流派によって異なる。松濤館流は逆半身にならないが、和道流は逆半身になる。
極一部かもしれないが、國際松濤館ではボクシングのように後ろ足を回転させる。外国人選手の多くも同様な逆突きを行う。國際松濤館については、ボクシングなども学んだ金澤先生の影響もあるのかもしれない。
現在、日本の競技空手では、後ろ足は回転させず、やや逆半身で突く逆突きが主流だと思います。
ちなみに、私は、完全に逆半身で捉えるようにしています。

このように、流派や時代によっても、相違点で違いがある。非常に面白く、奥が深いです。

まぁ、競技空手には、足技があるので、ボクシングとの違いも必然的に生じるでしょう。詳しくは、長くなるので、ここでは述べません。

もし、私のように両方を行う人がいらっしゃれば、こういった違いを知っていると、得だと思います。両方の練習で違いを意識しながら、的確に練習ができるでしょう。
是非、参考にしていただければと思います。

打撃系格闘技におすすめバービージャンプ

ここ最近、ボクシングでも空手でも、ロードワークができていない分、サーキットトレーニングを組み込んでいます。
やっぱり、ジムワークや道場練習だけで、こういったトレーニングを組み込まないと、体が重くなる。

そのサーキットトレーニングの中心は、バービージャンプ。
ノーマルなバービージャンプだと30回くらい。心肺機能も向上するので、オススメです。

ポイントは、高く飛ぶことと、速く落ちて速く足の曲げ伸ばしを強く意識すること。
負荷が格段に大きくなります。

想像以上に足腰と背中に負荷がかかります!ほぼ全身運動。

なので、間に腹筋・背筋やストレッチなどを挟むと良いでしょう。
足腰の負荷が強いので、連チャンは恐ろしくキツイです。

また、腕立て伏せ2回を組み込んだバービージャンプなどもオススメです。
背中だけでなく腕にも負荷がかかるので、上半身の筋トレは、これ以上必要なくなります。

ボクシングの場合、シャドーを挟んでも良いと思います。そして、最後に縄跳びで締めるなど、工夫次第でパターンは無限です。

空手道形教範 第一指定形

先ほど、以下の書籍を注文しました。


空手道形教範 第一指定形 2017
公益財団法人 全日本空手道連盟

例えば、同じ松濤館流でも、各流派で、結構、形の微妙な解釈や動きが異なっていました。近年、オリンピックに向かって、その形を統一化することになっています。
昨年、ピンアン・平安・ゲキサイの基本型の教範が出版され、この度、第一指定形の教範が出ました。



届くのが楽しみです!

ちなみに、松濤館のジオン・カンクウダイ、和道のセイシャン・チントウと、4つの形全部を練習している私としては、2倍お得です♪
第二指定型の教範の時もそうでした。まだ松濤館のエンピと和道のクーシャンクーが残っている・・・。
数年以内には、マスターしよう!



マスターすると、カンクウダイ&カンクウショウ×クーシャンクーが完了する。
ガンカク×チントウ、ハンゲツ×セイシャンは、形だけだが完了している。その次は、二十四歩×ニーセーシー。それが完了したら、エンピ×ワンシュウもしくはジオン(松濤館)×ジオン(和道)だ。

また、私の空手環境上、全空連と國際松濤館の形の比較研究も必然的にできてしまいます。

少しづつ、松濤館と和道の違いができてきている感じがします。今、一番体に合っている形はニーセーシー。体育性の強い松濤館の形は何歳まで演舞できるだろうか? いろいろ感じることもある。

さて、これらの比較研究が終わると、何か掴めるだろうか?
こういった研究は、一生続き、一つ一つ掴めていくものだろうか?

まぁ、今考えても仕方ないので、ただただ頑張るしかない。

結果が出せる人の違いや特徴と質の教育論

いろいろな自己啓発の書籍やセミナーが存在しています。でも、頑張っていても結果が出ない人は、たくさんいらっしゃいます。
その理由って、頑張っているの物差しが人それぞれで異なるためであり、この部分に結果が出せる人の違いや特徴があるのだと私は考えています。

大事なのは、常に限界突破!
逃げたり、自分に甘くなったら終わりです。

一昔前、体育会系の人材が評価されたのは、スポーツで限界突破を行ってきたからだろうと考えています。
まぁ、スポーツでは限界突破できても、頭を使うことになると逃げちゃってダメな人もいらっしゃるんでしょうけど・・・。
それは、次のステップ、目的達成のために頭を使って効率的に行動できることに関係するのだと思います。そのためには、与えられた仕事や役割に対して、責任を持ちつつ、楽しめることも大事なのだど思います。

まずは、限界突破できる癖をつけること!
常に120%の力を出し切って努力すれば、当然のことながら結果は出易いです。

基本、センスというものより、努力できる才能の方が大事だと考えています。
松井秀喜さんの座右の銘である「努力できることが才能」の通りだと思います。

なので、私の教育論は、比較的スパルタです。
子供達の勉強も、空手(組手)の指導も。
何事も本気!一生懸命!
遊びも、勉強も、仕事も。
基本、文武両道。

最近の目標としては、そのスパルタの中に、少しでも満足感や充実感、達成感というものを感じさせることです。そして、限界突破できる癖を身に付けさせれたらと考えております。
指導する人(特に子供達)には、限界突破する癖を身に付け、どんな世界でも結果を出せる人間になってもらいたいと思うからです。

実際、テレビにもよく出ているリーボッククロスフィット人気トレーナーのAYAさんの鬼ような指導法は、そういった理論の基に成り立っていると思います。

そういった指導を行っていくには、私自身も限界突破し続ける姿を見せ続けたり、結果を出し続けたりしなければなりません。
とても大変。
でも、それができなければ、指導される人にもたらされるものにも差が出てくるでしょう。
だから、私も常に努力あるのみです!

今日は、体育の日にちなんで、こんな記事を書いてみました。
スポーツで心身共に鍛えましょう!

競技空手の指導論とポイント

昨日は、長男長女の空手の試合でした。
もちろん、この二人は私の空手の指導論をベースに私の指導をもろに受けています。

今回は、少し結果が出て、長女が5・6年女子で準優勝しました。
五年生ながら頑張ったと思います。

基礎力を養うために毎日練習していたので、コツコツと努力した成果が現れたと思っています。
中段逆突きのカウンターは、決定力となりました。

結果が出た理由として、以下の点が大きいと感じています。

・極めの基礎力強化。
・脚力の強化。
・ポイントが取れるタイミングを体で覚えるための反復練習。

そして、優勝を逃したのは、試合の経験不足と基礎力不足。
相手は、上段逆突きしか取れる技がないけど、その基礎力が斗出していました。
一つの技を極めることの重要性が改めて認識できました。

さて、次の彼女の課題ですが、さらに決定力がある自分からの攻撃です。
さぁ、どう身につけさせていくかが私の課題です。
今の計画では、上段の刻み突きを磨かせようと考えています。1レベル高い刻み突きを身につけれれば、今の武器である中段逆突きも活きています。そのために、一度、基本に戻ってコツコツ努力させようかなぁと計画しています。

長男は、とても層が厚いブロックで、くじ運が悪く可哀想でした・・・。まぁ、それは理解してましたので、今は勝てなくても、将来的に勝てる指導をコツコツと行っていきたいと思います。
頑張れ!
エールを送るだけです。

チームとしては、基礎力強化は個人で養ってもらうようにし、タイミング練習を中心にゲーム性を高めた練習を増やしていことう思っています。
次の試合に向けて、今からメニューの計画をまとめます。

自分には競技者として秀でる才能はなかったですが、指導する立場としては多少自信があります。才能がなかったから、人一倍考えたたためです。
なので、こういった生活は、非常に楽しいです。

競技空手で強いチームを作る方法とは?

昨日は、午前は大学で、午後は青梅で、空手三昧でした。5時間以上、空手の稽古。
本日は、筋肉痛でしんどい・・・。

タイトルについては、子供達の指導を行っている関係もあり、ここ数年、常に考えていることです。
強くなる方法は、競技空手の場合、非常にシンプルです。以下の2点に尽きます。

・基礎力の強化
・組手の経験値の蓄積

基礎力を強化するためには、日々の努力が大事です。1つ1つの稽古で、どれだけ全力を出せるかが重要です。かつ、正しい形を意識して稽古できるかも大事なポイント。
間違った形で練習すると、逆に下手になるので、空手の難しいところです。

脚力も大事ですが、脱力からの体重移動がきちんとできるようにならないと、ポイントを取れる技が身に付いてきません。この差が、ポイントの獲得率に反映されてきます。

次に、先の先、対の先、後の先という技術も勝つために身に着けていく必要があります。それらの技術を身に着けるには、稽古での実戦練習あるのみです。繰り返し練習しないと、技術は身に付きません。たくさん仲間と実践稽古を行って、経験値を貯めていく必要があります。
そして、これらの技術の応用で組手スタイルを構築していく必要があります。

指導者の役目は、安全で的確な練習メニューを組むことと、細かいポイントを指導することだと思います。細かいポイントを指導するためには、指導者も高い技術力と競技の経験が不可欠だと思います。私も10年のブランクがあったので、そのブランクを取り戻すのに苦労しています。

一方、指導者が技術を与えるだけでは、選手は強くなりません。
選手のやる気を高めて、精神的な成長も促さないと、決して強くならないためです。これは、選手個人でなく、チームとして行っていかなければならないことでもあります。
強豪チームが強い理由は、これが自然とできているからです。
リーダーの存在も重要。
勝つために努力し、チームを引っ張る存在がいないと、勝手に強くなる環境はできにくいです。

あと、小学生の場合、親のサポートも重要なんだと思います。
結局、勝っている子供は、稽古以外にも、しっかり自宅で練習しています。それを癖付けさせてもらえると、指導者としては非常にありがたいです。

こんな感じで、常に悩みつつ、少しづつ改善してこうと頑張っています。
今日もこれから稽古です。
さぁ、頑張らなと!

夏場の稽古が一番力になる!

9月に入り、エアコンの無い環境下での空手の稽古もかなり楽になりました。

まさに8月は地獄でした・・・。
練習後、自宅に帰るまで、1リットルの水を補給しながら帰ってました。それ以上に汗をかいていましたから。

とにかく、今年の夏は、ええ歳こいて、たくさん稽古しました。
土曜日に、午前と午後の両方稽古という日もありました。

ここ最近、その成果がきちんと出てきたなぁと感じることが何回かありました。
ジムでもスタミナアップを指摘いただいたり、移動稽古でも動きが良くなりました。

もちろん、私の性格、常に120%で力を出し切ろうとするので、常に汗だくでした。
どんなスポーツでも、勉強でも仕事でも、それができてようやく結果が伴うと信じているので、それは何歳になっても変わらないです。

特に、夏場は、限界にチャレンジできます。地獄のような暑さですから。

まぁ、脱水症状や熱中症を起こさないように気をつけなければならんのですが・・・。

自分を追い込み、力を付けるには一番良いシーズンだと思います。
やっぱり、この夏場に頑張らないと、強くなれんのだろうなぁ。
さぁ、この成長をキープし続けないと!

和道流と松濤館流の両方を極めたい!

ここ半年、和道流と松濤館流の違いや秘伝について、勉強しています。
両流派は、どちらも首里手、でも、身体の使い方や動きは全く異なります。そもそも、形が違います。

よく存じている方には恥ずかしいのですが、和道流は柔術が組み込まれ、松濤館流は体育性が強化されています。
そのため、腰の高さを始め、組手基本や移動基本などで、重要視するポイントが異なります。

最近、両流派の突きについて、気がついた違いもあります。
和道流は引きのインパクトによる極めを大事にしますが、松濤館流は突き切る極めを大事にします。
そのため、和道流は腰の入れ方や脱力を重要視し、松濤館流は突きへの体重移動を重要視します。

こういった違いが形にも現れているのだろうと思います。
和道流は流れるような動き、松濤館流は力強い動き。

組手じゃあ、必然的に、和道流は刻み突きが上手くなり、松濤館流は中段逆突きのカウンターが上手くなります。

突きに限らず、蹴りでも違いがあるのは面白い。
蹴りについては、ここ最近、ようやくわかってきたこともある。2つの回し蹴りを使い分け始めた。

今でも両方やっている人間としては、両方やった方が良いというのが結論。
ただし、よく理解した上で、両方の技術を使い分けるべきだと思います。

個人的意見ですが、高校生や大学生の組手選手は、松濤館流の腰の高さで移動基本(横蹴りを含む)を行なった方が良く、同時に和道流の組手の移動基本も行えると良いと考えています。
無いものを補え合える。

まぁ、今の時代、近畿大学のように、各流派の良いところを取り込んで、最新の組手スタイルを築いている。剛柔流も組み込まれてれば、和道流も組み込まれいる。
空手は進化しています。

うちの大学(旧 東京水産大学)や日体大も、和道流と松濤館流を中心に良いところを取り込んでいたのだろう。

私は、まだまだ未熟者。どちらも半端もんでなく、どちらも極めたい。これからもまたまだ勉強です。
今後は、両流派の第1第2指定形を全て覚えつつ、ニーセーシーと二十四歩、クーシャンクーと観空大小、ワンシューと燕飛、セイシャンと半月、チントウと岩鶴など、対となる形を研究していきたいなぁと考えています。
その前に、ピンアンとヘイアンかぁ。
頑張らなきゃ!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ