支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意。市場動向や注目原料などを紹介。騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> http://www.a2-pro.com/ の問い合わせから

空手道

大学空手の変化と競技性vs武道性

日曜日、大学の後輩達の試合を見に行って参りました。関東の大学が集まる個人戦の大会。

組手のスタイルも、選手の体つきも、私が大学生だった頃とは随分と異なってきました。
全体的に長身で細身の選手が増え、技も重さよりスピード重視。蹴りのポイントも大きいので、足技も増えました。時代の変化だと思いました。
都民大会に出場していても、ほんと、時代の変化を痛感します。

こういった変化は、国際化に伴う競技性の変化によるものだと思います。
それでも、帝京大学や国士舘大学などは、下半身がっしりした体格の選手も多く、伝統を保っているなぁと思いました。植草歩選手も試合を見に来ておられましたが、体つきは、さすが帝京大学の出身だなぁと思いました。

武道として沖縄で行われていた空手は、本土に持ち込まれ、広く普及させるに当たって、体育化が行われました。ピンアンからヘイアンの形への変化も、その体育化の過程で起こっているんだろうと考えています。形の中でも、武道性というものが少し失われています。

そして、空手は、体育化に止まらず、戦後、組手というものが生まれ、競技化も行われました。最初に導入したのは大学の空手道部であり、競い合ったのは、大学生です。
日本大学(大塚先生)vs近畿大学(摩文仁先生)で相手が倒れて起き上がってこなくなるまで戦ったという逸話も残っています。その頃の空手は、防具もなく、武道性が強く残っていたと推測できます。

これでは、けが人が絶えず、競技空手も普及しないと考えられ、様々な防具が導入されました。極近年の防具は、ほんと、良くできています。金はかかるかもしれませんが、羨ましい!

我々の大学時代は、拳サポーターが進化がかなり進んで良くなった時期であり、入部当時は、スポンジが布に包まれている程度の拳サポでした。試合も練習も、拳サポ・胴プロテクター・マウスピースだけ。
当て具合も、試合中に「浅い!」と言われることもあり、ポイントを取るにはスピード以外にも重さも求められました。なので、マウスピースしていても、カウンターで歯が折れることもありました。

まぁ、そう考えると、武道性も大事だけど、安全性を重要視して競技性を高めていくのも大事だなぁと思います。ただし、空手の武道性は、さらに競技化が進んでも精神の武道性だけは失われないで欲しいと心から願います。
やっぱり、礼儀は失われてはいけないし、厳しい練習に耐えれる精神力は大事。

写真は、4年生の時かな? 20年前? 私にもこんな時代がありました。この時、見た目細いが、体重は74kgくらいだった。日曜日に和道流の優勝チームの道場に通ったり、午前中にも練習したり、週7回以上練習していた。

image

最後の公式戦は、関東個人の体重別。ベスト8で帝京大学の東日本代表選手(ナショナルチーム)に当たって5-2で負けた。忘れることができない試合の1つ。
その後、大学院の入試に向けて、英語漬けの日々へ突入。

何事も基礎力!日々の積み重ね!

本日は、空手→空手→ボクシングで、三連ちゃん。もう、へろへろ。

本日のボクシングの練習では、シャドー→ミット打ちを2ラウンドづつ行なったら、とにかく数を叩くことを意識して4ラウンドサンドバッグ打ち。
最近は、強く打つことは避け、123456と、息継ぎなしに5〜6連打をひたすら打ち続けました。足にくる〜って感じです。

その後、3kgメディスンボール付きで腹筋60回、足上げ腹筋60回と、立ったまま腹筋ローラー10回、腹筋を終えたら、なわとびを3ラウンド。

自宅に帰ったら、今日は、蹴りのその場稽古。前蹴り、足刀蹴り、回し蹴りなど、200回くらい蹴って、終了!
汗だく。

10年のブランクは大きい。ようやく納得できるスピードで、かつ一呼吸で蹴れるようになるまで3年近くもかかりました。大学時代と異なり、週6回ではないですからね。
松濤館流の稽古の特徴からか逆突きは現役の時より格段に上手くなったけど、得意技だった刻み突きの感覚は、まだ8割弱ってところ。もっと稽古せねば・・・。

うちの小娘小僧にも、基礎力を養うため、毎日厳しい基礎稽古の課題を与えているので、私も、これくらい努力しなければなりません。

こういった基礎力を養う練習って、とても大事です。小手先だけの技では勝てない!苦しい練習で培われた基礎力は裏切らないです!
蹴りは、突きの3倍練習しないと武器になりません。かっこいい分、ものにするのも大変。
場面毎に何パターンもの蹴りパターンを持っている必要があります。

こういった細かい努力の積み重ねは、格闘技に限らず、ビジネスでも重要です。
格闘技とビジネス、共通するところは、たくさんあります。ほんと、私は、格闘技の経験から多くが形成されています。

ナチュラルな筋肉ほどバランスが良くケガしにくい

今、大学の空手道部の練習に向かっている最中です。

昨日は、珍しくトレーニングはお休みでした。
昨日、蹴り過ぎて膝に違和感を感じたため。

ここ最近、ボクシングジムでは、なわとび(ロープ)を重点的に行なっています。
いつもの三重跳びに加え、片足ケンケン前後ステップをたくさんやってます。

結果、蹴りが速くなった。
でも、その分、膝に負担がかかるようになった。
もう、年なんだなぁぁぁあ。

できる限りナチュラルな筋肉でありたいと思っている私は、基本、筋トレは、腹筋と背筋以外行わない。
よく考えたら、なわとびも筋トレ。ナチュラルさを欠いたのかなぁと思ってます。

やっぱりナチュラルな筋肉作りは大事です。
また、コンプレションを利用したりして、できる限りのケガ予防。
今日も頑張ろう!

新トレーニングメニューによる肉体改造

一昨日は、都民大会、久しぶりの空手の試合でした。
一流選手と試合し、改めて、空手競技の進化を身をもって体験いたしました。ほんと、オリンピックに向けて、空手は、競技レベルが上がってきています。
以下の目的と気持ちで、少々トレーニングメニューも変更することにいたしました。

もっと空手の試合で勝ちたい!
これ以上ウェイトアップしたくない!


基本、上限70kgでウェイトアップせずに、下半身の筋力アップと上半身の選択的ウェイトダウンをするつもりです。
まぁ、難しいだろうけど、スピードがある細身の選手になりたい・・・。
目標に向かって、今ある環境の中、最善の方法で実行していければと考えています。

自宅練習では、移動稽古に加え、その場の蹴り練習を増やします。
今の時代、今のルール上、手技だけでは、勝てないです。
踏み込みの強さも強化するつもりなのですが、自宅床が傷むので、現在、対策を講じている最中です。理想は、競技用に近いレベルのマットが欲しい・・・。

ボクシングジムでは、相変わらずミットは死ぬほど打つけど、サンドバックは強く打たずに手数と回転スピードを意識して、全体的にシェープになるようなトレーニングに変更していきます。
加えて、縄跳び(片足前後ステップ重視)、腹筋と背筋は、怠らない。
また、近年、空手競技でも増えてきたウィービングは、積極的に練習していきます。ウィービングからの近距離反撃でポイントが取れるようになりたい。

日々精進です!

人を引き寄せ、人の縁を手繰り寄せる私の奇跡

私は、つくづく、良い者も悪い者も引き寄せる人間だと思います。その引き寄せる力は、東京に来てから強くなっています。
その奇跡?軌跡?を順に追ってみると、

長い大学時代
・友達と伊勢丹に行ったら富山から上京していた友達のお母さんを見つける。
・小学校の同級生がバイト先の居酒屋に現れる。
・弟の通っていた空手道場に行くと高校の同級生がいた。
・従姉妹の旦那が大学の文部科学省の担当者だった。
・大学の研究でお世話になることになった会社さんに空手道部の先輩がいた。

遅い社会人駆け出し時代
・たまたま入社した会社の顧問が知り合いの先生の父だった。その縁で転職もする。
・静岡の取引先の社長さんが空手道部の同期の元上司だった。
・山口の取引先の社長さん(安倍総理の後援会会長)が同郷の滑川出身だった。
・インドネシア出張で隣席のおじちゃんが後輩のボリビア勤務時代の同僚のお父さんだった。

広告代理店時代
・取引先(化粧品通販会社)に元上司がいた。
・幼馴染みのお父さんが所属する富山の会社とお仕事するようになる。

近年 2011年以降
・大学の先輩/空手道部師範のお兄さんと義理の父母が友人だった。
・東松山の動物園で空手道部の後輩に出くわす。
・大学空手道部のOB会長がご近所さんだった。
・地元で出会った空手の知人が大学の一つ上の先輩と友人だった。
・社員の義理の弟も私の義理の父弟も同じ会社。
・取引先と飲みに行った女性が大学の同期の友達だった。※FBで勘違いした友達に怒られて気付く(笑)

という感じです。
ここ最近は、空手での縁が多いです。

ちなみに、小野寺元防衛大臣が大学の先輩なだけでなく、寮の2つ隣の部屋の先輩だったことがわかり、大学の寮が舞台となった漫画「花の都(著者は寮の後輩)」を手渡せたりもしています。

まぁ、大学の恩師が魚津出身だったのも縁だわなぁ。

ん〜、今のパートナーのリナイスさんとも広告代理店時代にたまたま出会ってたし、今の最大の仕入先の社長は空手の縁もある。ジオスゲニンの研究で富山大学と付き合うようになったのも縁。
結構、奇跡的な出会いが多い。
こういった縁の得で、ブレイク前の橋本マナミさんとも2回程ランチできた。チョコももらった。

自分は、縁を手繰り寄せるのが上手いのかな? 比較的、私も積極的に縁を繋ぐように動く。まだまだ、こういった縁って生まれるんだろうなぁ。
でも、良い者も悪い者も引き寄せる。そこだけは、気をつけないと!
人は距離感が大事だったりもする。

空手強化月間、ボクシングは少々お休み

今月は、月末に昇段審査があるので、空手強化月間です。
ボクシングジムに行く頻度を極端に減らし、自宅で空手の練習に勤しんでいます。

しかも、私は、2流派(和道流と松濤館流)掛け持ちと、さらに半端もんなので、平日は、土日の練習とも少々異なった練習を行っています。
移動稽古と3つの形をひたすら行っています。

15年ぶりくらいに組手の移動基本などを行っていると、学生時代には見えなかったことが見えてきます。
感動に似たようなものがあります。
今のテーマは、腰の使い方と極めです。

また、武道の空手と体育の空手、そして、体育の空手に進む上で本来の技術からアレンジされ過ぎた技術や別の武術が組み込まれた技術など、いろいろなことが学べています。
すべての技術を本当の意味で理解し、自分のものにしてくべきなんだろうと、今は思っています。

さあ、今晩も頑張らないと!

空手の歴史 大と小、そして、型の創作者

最近、ちょっとだけ、空手の型について調べてます。
観空大と小、抜塞大と小など、大と小の違いについて調べてます。

この点を調べてると、小の型は、糸洲先生が創作されたことがわかってきます。

松濤館流の型は、船越先生がアレンジされたもののようですが、師である糸洲先生と安里先生の両方の空手を濃く反映されているようです。
両先生は、松村宗棍先生の弟子で、同じ首里手の同門。

横蹴りは、意外に松濤館流の型の特徴だったりもします。そういった動きは、小柄だった安里先生の空手を反映したものなのでしょう。同様に小柄だった船越先生によって。
まぁ、その後、体育化の観点から少々アレンジされ、今の型になっているんだと思います。

さて、小の型の特徴や大と違いですが、確信できていないのですが、なんとなく実践的にコンパクトにアレンジされたのが小の型だったりするんだと思います。

まぁ、観空小なんて、コンパクトだけど、技の繰り返しも多く、跳んだりもするので、演じるのに大変な型だったりもします。

空手の歴史は、混沌とした時期もあり、面白いです。

今日も夕方から空手の稽古。頑張ります!

空手とバイト+パソコンの学生生活で得たもの

今日は、学生時代の回顧録、じじいの戯言。
いやらしい趣味・趣向だけど、私は、一人で飲食店に入ったら、隣席の会話を聞くタイプ。特に、若者の会話。

今回、聞き耳立てたのは、学生であろう女性二人組の会話。
単位取るのが大変だとか、バイトしないとお金がないだとか、(うざい男がいるらしい)サークルが忙しいだとか、よくある話。

飲食店でこういった学生さんの会話を聞いていると、ついつい自分の学生生活と比べてしまいます。
大学内にある学生寮(タコ部屋の男子寮)に住みつつ、週6回の空手道の稽古。3年になる前で、単位のほとんどを取れていたため、いろいろなバイトを経験しました。スーパー、飲食店、ホテルの結婚式場、引越し・・・。3年の時には、朝5時から10時まで品川プリンスホテルでバイト、11時頃から1人で空手の稽古、昼寝、17時から再び空手の稽古というような生活でした。
好きなことがトコトンできた!
気合でトコトンやり切ることを覚えれたかなぁ。


ちなみに、時代背景は、以下のような感じ。
大学入学した頃はポケベル全盛期。
3年生頃にPHSが出回る。安くPHSを入手するのに光通信を利用。Win95が出る。
大学院時代の修士課程は、Win98が出る。PHSから携帯電話に切り替わり始まる。当時使っていたのは、auの前身IDO(イドー→移動電話の移動♪)。

まぁ、寮では、酒ばっか飲んでいた記憶しかないです。
さて、いつ勉強したのだろう?と思います。
大学院に入ったら、IT革命全盛期の始まりで、研究そっちのけでパソコンを自作しては悪い遊びばかりしていたような気がします。
居酒屋のバイトで社会を学ばせていただいていたけど、結局、得れたものの1番は、人脈(出会い)と空手&パソコンの技術くらいかなぁ・・・。インターネット時代が始まった時代で、インターネットを利用して人よりちょっと上・ちょっと先の位置から時代が見れていたような感じがします。
そのお陰で、今の自分があるんですけどね・・・。

振り返ると、今じゃあできない学生生活を送らせていただいたなぁと思います。
今の空手道部の後輩たちを見ていても、そう思います。

当時、物理の先生が退官だからと言って、先生が受講した生徒全員に単位をプレゼントしてくれたりしてました。今じゃ、ありえない。大問題になる。
良き時代でした。

おそらく、学生生活において、勉強より学ぶべきことがたくさんあった時代だからこそ、この寛容さが成り立ったんだと思います。
今の自分も、そのお陰で成り立っているんだと思います。
そんな時代に感謝です。
また、長年、そういった学生生活を送らせてくれた両親に感謝です。

進化し続ける競技空手:小学生が強くなるためには

土曜日は、空手の稽古始めでした。
練習場所の小学校の体育館は、非常に寒いので、最後の方は、振るい上がるような寒さでした。寒さで足が動かなくなりました・・・。
なので、次の日は、祭り足袋を履いての稽古でした・・・。

この祭り足袋は、冬の稽古には必需品です。
練習場所の体育館は、冬場、非常に滑りやすくなるので、腰を落とせなくなりますし、組手も動きが制限されてしまいます。
過去、空手の強豪である目黒高校が冬場に足袋を履いて練習していると聞いたことがあったので、足袋を履くようにいたしました。

私は紺の足袋を履きます♪

今の時代、足袋だけでなく、コンプレッションタイツやラダーなど、使えるものはドンドン使っていければと考えています。
道着の下のシャツも、コンプレッションでなくても、速乾性のものを利用するのが良いです。子供達にも、速乾性のシャツ(デサンのリラックスフィットなど)を着させるようにしています。

土日の稽古では、もちろん、組手の稽古もしました。
土曜日は、簡単な試合形式の練習も行いました。
やっぱり、休みの間でどれだけ練習していたかの差が出ていました。うちの小僧小娘は、毎日練習していたので、さすがに上手くなったと実感できました。

小学生の競技空手は、毎日のようにチームで練習をできる環境がある訳ではないので、家庭での組手の自主練が重要になってきます。それは、間違えないです。
兄弟がいると、非常に有利です。
環境がある道場経営者の子供や指導者の子供が強くなるのは当たり前なのです。

だけど、個として上手くなっても、強くなりません。
チームとして強くならないと、一定以上、なかなかレベルは上がっていきません。
競い合う良い仲間がいればこそ強くなれるのだと思います。
漫画と同じです♪

なんで、家庭での練習方法を積極的に紹介し始めました。
テーマは、反応練習と後の先です。
チームとしてのレベルを上がっていけば、子供達は自然と強くなっていくと考えています。
うちのチームも、次の段階に入ってきています。
3月の大会では、少しでも良い結果が出るよう、私も頑張っていきたいと思います。

ちなみに、先日、この空手の本を購入しました。



競技空手を学ぶ上では、とても参考になります。
一方、数年前に発行された本なので、内容が少々古くなり始めていると感じました。競技空手の進化が速いです。特に、国際化の波というか、国際ルールで勝っていくことが空手界のテーマになっているので、進化や変化が速くなっています。
うちのチームでは、構えも、最近主流になりつつある完全半身にシフトしています。足技も積極的に組み込んでいます。今までの技術も大事にしつつ、最新の技術も積極的に組み込んでいければと考えています。

なお、我々の大学の時代と異なり、空手もネット上に情報がたくさんあったり、技術が公開されています。良い動画もたくさんあります。
まぁ、気合だけで勝ちに行け!という時代ではなくなっています。
ある意味、羨ましい。
指導者の資質としては、気合論ではなく、論理的な練習メニューを組んでいくことなのかなぁと感じています。まぁ、気合論の部分も大事なんですけどね。私の経験上、プレッシャーにならず、試合を楽しみながら集中力を高めれるような気合論であるべきと考えています。
今後のテーマです。

寝る前にタオルストレッチ

今年は、タオルストレッチを毎晩行うことにしました!
新年の誓いの一つ!

私は、股関節はとても柔らかいが、膝裏が硬いことがわかりました。

開脚に関して、人は、膝裏と股関節を分けて、柔軟性を評価する必要があるようです。

前屈が出来なければ、膝裏が硬い。
左右に膝が開かなければ、股関節が硬いです。

膝裏が硬ければ、タオルストレッチが有効です。

空手の蹴りは、股関節さえ柔らかければ、そこそこ蹴れます。でも、膝裏が硬ければ、近い距離での蹴りが打てません。
柔らかくて損はないです。

ケガしないで格闘技を続けるためにも、日々努力です。

空手の歴史 体育化と試合化で変化

今日は、空手の変化について。

この記事ですが、まず、松濤館流の前屈立ちの重心や横蹴りはどこから?
という疑問を持ったことから、始まりました。そして、空手の歴史を調べるに至りました。

ちなみに、松濤館流の前屈立ちは、膝下の重心が親指の上あたりに置きます。なので、足の張りがあり、重心も低いです。

疑問に思った理由は、同じ首里手である和道流と松濤館流は、ピンアンとヘイアンで行う形が異なり、前屈の立ち方(重心)も足運びも異なるからです。
(ピンアンもヘイアンも、どちらも平安と書き、似てはいますが形は異なります。松濤館流と和道流に限らず、糸東流でも平安の形を基礎として行います。)
両方を経験した私だから、興味を抱いたのかもしれないです。

この平安という方は、糸洲安恒先生によって考案されたとされています。これがピンアンです。一説では、体育のピンアンと武術のピンアンの2つがあるともされています。

さて、松濤館流が行うヘイアンは、どう生まれたか?
そこが中々たどり着きませんでした。

少々最初に戻りますが、ヘイアンにはピンアンにない横蹴りという動きがあります。また、立ち方は、腰高ではなく、足を張り腰を落とすのが松濤館流の特徴です。

いろいろ調べていくと、どうも横蹴りの動きは、船越先生がヘイアンに取り入れたものだったようです。船越先生が師である安里安恒(あさと あんこう)先生の得意技であった横蹴りを組み込みたいという気持ちからヘイアンが生まれたようです。
過去、ヘイアンは、体育としての空手を進めるため、短期間で強くなるために改良されたとも聞いています。おそらく、空手の体育化の過程で変化したものだと推測できます。

そして、この船越先生のヘイアンは、現在の松濤館流の重心で行われていたかは最後までわかりませんでした。もしかすると、和道流と同じ腰高のままヘイアンが行われていた可能性もあります(そうすると、大学の流派がヘイアンである辻褄が合います)。また、いつからこの重心になったかも、定かではありませんが、拓殖大学が中心になって作られた日本空手協会が発足した頃には、今の重心になっていたような感じがします。

私の想像ですが、さらに体育化を進め、かつ試合化も進めるにあたり、今の重心に変更されたような感じがします。さらに短期間で強くなるための改良として。
なんとなく、それは、日本空手協会の初代主席師範の中山正敏先生など拓殖大学の方々が組み込まれたのでは?とも想像しております。
流石に、そこまでは、調べきれませんでした。
おそらく、口伝でしか経緯は伝えられていないと思います。もしくは、古い空手の書籍を全部読めば、答えに辿り着けるかもしれません。機会があったら、是非、調べてみたいと思います。

空手という教育:強さの教育と文武両道

格闘技と言えば、野蛮というイメージを持っている人も少なくないです。
残念ながら、格闘技をやってる人の中には、乱暴な人もいるのは事実です。

でも、私は、格闘技をやる人は、誰より優しく人格者であるべきという理想をもってます。また、人格形成も含めて、空手は、教育に適していると考えています。
だから、私は、子供達の教育にも活用しています。

強いということは、肉体的に強いだけでなく、精神的に強く優しくあることであること。そして、目標に向かって努力し、チャレンジし続けることを教える必要があると思います。

勝ち負けより大事なことって、空手の中には、たくさんあります。
心身共に鍛錬し続けること、単に空手を楽しむこと、友達といつまでも仲良くし続けること、目標を持って努力し達成していくこと・・・。

基本、私は、文武両道を子供達には求めます。
空手で頑張れば、勉強も頑張れるはず!と考えています。
そして、子供達には、空手を少しでも長く、続けてもらいたい。空手での手合わせが言葉以上の会話になることを目指しています。

武道というものは、一生の(生涯をかける)道なので、他のスポーツとは多少異なるので、覚悟と理解が必要です。空手道に限らず、道が付くもの(柔道、剣道、弓道や合気道などの武道、また茶道、華道)は、すべて生涯をかけるものです。
そこは、10年も空手を離れても、戻ってきた半端もんの私だから言えることなのかもしれませんが、離れてもまた戻ってくれば良いと思います。そういった道でも良いと思います。

まぁ、空手は、人を中心とした、どんな環境で行うかが重要。
周りが勝ちにこだわり過ぎても、プレッシャーでしかない。長続きもしないし、勝ちにも繋がらない。指導者としては、楽しさの中から勝ちを生み出すべきなんだろうなぁと、最近、つくづく思います。

私の空手道は、これからも続きます。
おそらく一生。
いろいろあると思いますが、続けていて良かったと思えるような道を歩んでいければと思います。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
記事検索
著書
レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ