支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう28万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

インターネット集客論

ピンチ!OEMや受託加工の検索順位が

今月に入り、原料の問い合わせばかりで、OEMの問い合わせが少ないなぁと思っていたら・・・

OEMや受託加工の検索で、上位検索されなくなっている!

検索エンジンのアルゴリズム変化によるものだろう。インターネット集客の怖いところ。

非常に困った。ピンチ!

一方、原料は、上手く検索されているようだ。
昨日も、4件の問い合わせ。
それも、既存顧客ばかり。
これでは、社内のワークバランスが崩れるので、非常に困る。こんな時に限って、学会発表・特許申請・機能性表示食品対応など、集中している。
非常に困る!

もちろん、今年は、ECを中心に新規参入の数も少ないのだろうとも予測していますが、もう少し新規案件を獲得したい。

さて、どうしようか?

悩みどころだ!
理由を考えて、対策を講じなければ・・・。

ん〜、弊社サイトで原料関係のページ追加ばかり連チャンで足したためだろうか?

まぁ、最近、OEMのページは、追加されていなかったもんなぁ・・・。

なんとか乗り切ります!
行動あるのみ!

ブログ&SNSマーケティングも覚悟が不可欠

私は、お金がかからない集客方法として、ブログ&SNSを活用したマーケティングを推奨しています。
また、ECを始めようと思っているけど、インターネット集客が全くわかっていない方にも、ブログやSNSを持って、アフィリエイトから始めるように指導しています。

理由は、インターネットの本質を学べやすいからです。
インターネットの業界は、悪く言うと、知らない人からお金を取るという要素が強いです。基本、原価がゼロのものも多く、値付けも相手によって大きく変動します。
インターネットの本質を知らないと、広告費も無駄にかかりますし、広告費用対効果を最大化させることもできません!

まぁ、そうは言っても、実行していくのは、なかなか難しいようです。

他力本願の方は100%実行できない!

というのは、確実に言えるでしょう。
自分で、何かを勝ち取っていこうという方でないと、上手くいかないです。

かつ、何かを犠牲にしてでも勝ち取っていけるような人でしか上手くいかないんだと思います。
まぁ、家族との時間は、極力、犠牲にしちゃダメなんですけどね。

成功という目的のためには、自分のプライベートな時間(睡眠時間)を削ったり、さらに集中することで実行できるような人でなければ、成功は勝ち取れないんだと思います。
実際、このブログ作成に要している何百時間の大部分は、帰宅後や休日の時間です。

まぁ、私の経験則でも、オススメした9割以上の方が脱落する。

個人でSNSはできても、ビジネスとしてSNSを運用できない。そういったもののようです。
成功の確率っていうのも、そんなもんなのだろうと思っちゃいます。
実際、できるかできないかは、紙一重の差だと思います。

ぶっちゃけ、言われたことしかできないパーツのような方、夢を持っていても夢で終わる方や成果を出し方がわからない方など、そういった方の存在も大事なんだと思いますが、やると決めたら何が何でも実行する人間でないと成功できないでしょう。
出世する人の意識だと思いますし、運や実力も大事だけど、起業して成功する人の意識って、そんなもんだと思います。

でも、引き時も大事。
勝つための条件が揃ってないと思えば、引かなければならない。特に、二足の草鞋で、1事業に集中できない場合。

通販という事業が良い例です。
トコトン広告費を突っ込んで、死ぬ気で広告費用対効果を追って、死ぬ気でリピートさせて広告費を回収して利益を出す覚悟がなければ、止めた方が良い。
通販は、そんなに甘くない。

どんな事業も、甘くはない!
貫ける覚悟が必要!


私が推奨するブログやSNSマーケティングでは、その覚悟が試されているんです。

私は、成功している人も見てきていますが、それ以上に失敗している人を見てきているから、そう思うのでしょう。
結局、覚悟という気持ち次第。

また、自分に対する、言い聞かせでもあるんでしょうね。
このブログも、一旦更新を止めてしまうと、ずっと止まったままになると思います。
とにかく、続けることが大事。
頑張り続けないと!

2泊5日でジュネーブへ海外出張!

タイトルの通り、月曜日の夜便で海外出張です。
しかも、ジュネーブなのに、2泊5日。
月曜日の夜に出て、金曜日の朝に帰ってきます。

まぁ、この弾丸出張は、仕事がたまっちゃうので、悠長に余裕のある出張ができないという理由が一番ではあるのですが・・・

まぁ、運動できないし、プライベートの時間が潰れるという理由も大きいです。

日本ビジネス社会でありがちなのですが、無駄に時間を浪費することは嫌い。
ビジネスに関しては、私という人間は、超ドライだと思う。

基本、結果主義。

出張は、しなくて良ければ、しない方が良い。泊まる必要がなければ、できるだけ泊まる必要ない。
残業も、原則、させたくない。
タバコ休憩をなくせば残業は1時間減るから、喫煙者と非喫煙者の働き方は、時間の使い方の面で評価も違います。
近年は、営業の移動時間も無駄だと考えてしまいます。

ただし、結果を出すプロセスも大事にするため、成果だけでなくプロセスも評価するようにしています。
例えば、みんなの労力を低減する仕組みなどを作れば評価します。自分のことしか考えていなければ、評価しません。
人は、結果を出すために行うべきことを一生懸命に考えないと、成長しないです。

ちなみに、会社のWebサイトに限らず、ブログも私が動かなくても、自然に営業を行ってくれるツールです。動かしておかないと損です。
出張中の期間は、できるだけ配信予約を入れました。先週は、頑張ったので、寝不足が続きました。

しばらく不在にしますが、メールは届きます。
ただし、必要最低限の返信しか行わないと思います。
その点は、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>

企業のセキュリティ対策とSEO:HTTPS対応

5月5日、テレビ番組でHTTPSについて紹介されました。

世界一受けたい授業 日本に迫る7つの危機2時間SP

安全なウェブサイトの見分け方として、安全なサイトが見分けるにはURLアドレスの「http」部分をみる。表示は「http」と「https」があり、後者のが安全と紹介されました。

今後、HTTPSが不可欠になってくると予測されます。

やっぱり、セキュリティ面を考慮すると、企業サイトは必須でしょうね。
そのうち、SEOの面でも影響力が増してくると予測されます。対応していないと、ボディーブローのように影響が出てくるでしょう。

ネット社会の怖いところで、知らないとドンドン取り残されていくんでしょうね。
弊社のOEM情報サイトは対応済、コーポレートは企業認証SSLで対応中の状況です。

Instagram・Facebook・TwiiterなどのSNSは、当然のごとく、HTTPSに対応しております。
やっぱり、外資系なので、対応が早かった。

また、各種ブログについて、以下のような対応です。

アメブロ:対応済
ライブドア:対応中
Yahoo!ブログ :対応済
FC2:対応済
はてなブログ:対応中
Seesaaブログ :非対応?

ワードプレスのブログに関しては、サーバーの契約内容次第です。
まぁ、この状況を加味すると、どこも対応するでしょう。

でも、出遅れ感も感じられ、ブログ自身の衰退を感じさせられます。

ちなみに、WebサイトをHTTPS対応させると、それに伴って、すべて内部リンクにおいて古いhttpのURLをhttpsに置換する必要性が出てきます。
内部リンクを全て置換しておかないと、検索エンジンによってセキュリティがしっかりしていると認識されないようです。
その際、WordPressであれば、「Search Regex」というプラグインが非常に便利です。
おそらく、WordPressのブログもまとめて置換されるでしょう。

最後に、こういった対応面は、中小企業の弱い面でもあります。特に、高齢化している企業。
どうしても、ネット上で、格差というものが生じてしまいます。特に、未だにFlashを使用している企業ページ。
さて、私も、何歳までついていけるのだろうか・・・。

代理店や制作会社に任せれば、それなりのお金を取られてしまうかもしれませんが、指示すれば一通りの対策は講じてくれるでしょう。でも、指示しないと、自発的には対応してくれない部分でもあるので、結果、中小企業の方が出遅れがちになってしまうのでしょう。

これを機に、皆様の会社のホームページに関しても、HTTPS対応状況を確認していただければと思います。

私のクリニック集客論

今も2件のクリニックの集客に関わっている。
クリニックの集客や経営は、

医師の人件費を如何に回収していくか

がポイントであり、

稼働率を如何に高めるか

に尽きます。

そして、院長は、働いている医師、コメディカルや受付スタッフを効率良く回すことを考えなければならない。
すなわち、院長が忙しく、でもスタッフが暇しているという状況も良くない。このように、医師として優秀でも、経営者としては失格のケースが多いのが現実です。

こういった状況を打開するには、1つの簡単な方法があります。

スタッフで広告を使わず集客すれば良い

院長ばかり頑張ってもダメ。
その時、有効なのがブログ(院長ブログとクリニックブログ)とSNS(TwitterとFacebook)を用いた集客戦略です。
ちなみに、クリニックサイトがあり、Googleの登録が的確に行われていることが前提です。
過去、集客予算ゼロだったのに、毎月赤字だったクリニックを黒字転換させた経験もあります。

クリニックブログでは、既存顧客向けの情報も発信していく必要があります。
セール情報やスケジュールの空き情報、新しく導入した機器の情報など、枠にとらわれず、様々な情報を発信していく必要があります。

ただし、成功には条件があります!

スタッフさんがどれだけ当事者意識を持てるか
スタッフの頑張りを評価する制度(売上連動性のボーナスなど)


意外にできない・・・。
いろいろ理由がある。
角が立つから、これ以上は言わん(笑)

でも、大手の美容外科クリニックなどは、そういった仕組みができていたりもします。だから、強い。実は、大手さんが強いのは、広告戦略だけが秘密ではありません。

こういった施策を行っていれば、広告を行った場合、費用対効果が上がります。
むしろ、こういったコンバージョン率(サイトに来た人が来院する確率)を高める土壌づくりに秘密があるのです。

もちろん、先生自身の集客力と広告による集客も重要。

結局、患者は、先生に着く。


あと、クリニックが儲かるためには?

リピート顧客を如何に作っていくか

これに尽きます。
健康食品通販と同じです。
良くないのは、初回のお試しだけ終わっちゃうパターン。
顧客にリピートしていただくためには、いろいろな方法があると思います。いろいろ考えていただければと思います。

こういったコンサルを提供するつもりはないです。今も、一銭ももらっていない。
ぶっちゃけ、本業以外で儲けるつもりは全くなく、私の時給から導かれたコンサル費では、費用対効果も合わないだろう。
だから、私は、私の情報発信だけで顧客が学べ、顧客が潤うことで本業での収益も大きくなるようなビジネスモデルを作ろうと考えます。

今後、このブログ以外で、そういった情報発信を特定のクリニック顧客に提供していこうと企んでいます。
今後が非常に楽しみです。

SEOによって問い合わせと共に増えるもの

ここ最近、弊社サイトのページ追加や調整を行った結果、問い合わせが増えました。昨日は、雑誌社からジオスゲニンの取材の依頼も届きました。
やっぱり、ブログよりコンテンツ型のWebサイトの方が集客力があるようです。

さて、タイトルの件ですが、共に増えるもの。それは

売り込み営業の電話とメール

正直、うざったい。
仕方ないんだろうが。
一方、この数によって、SEOの状況も把握できる。

なので、コツコツと、ページを追加しています。
ここ数日で追加したのは、以下の素材。

ニュートロックスサン(NutroxSun)
ポリポディウム・ロイコトモス(シダ植物)
マカ(アンデス人参)
モリンガ(スーパーフード)

ちょうど、今の流行を反映していると思います。
ただし、流行物の素材は、早過ぎても遅過ぎてもダメ。やや早いくらいでないと成功しにくいです。

儲かるのは3番手くらいまでだと思います。

そんなことを意識して、今後は、新し目の素材を積極的に紹介していければと思います。

無料のブログ&SNSマーケティング方法

先日、お金をかけないインターネット集客について紹介したが、今回は、具体的にどうするかを紹介したいと思います。

まず、今、私は、以下のサイトやSNSを運営・管理しています。やっぱり、これだけ増えてくると、しんどい・・・。

Webサイト:自社2つ、クリニック1つ
ブログ:このブログ、クリニック3つ(1つ休眠)
Twiiter:3アカウント
Facebookページ:4つ
Googleビジネス:3つ
Instagram:1つ
→今後、増やしたい。

ブログやSNSは、無料のもの。
実際、これらを組み合わせると、お金をかけなくても、集客につなげることができます。
ブログを投稿すれば、もうあまり意味ないけど「pin」が発信されるし、Twitterに連携させておけば自動投稿される。
相互に行き来できる作りがベストな構造です。

SNSを組み合わさて、きちんと正しいブログの設定さえしておけば、スタッフが日々投稿するだけで集客につながります。
ただし、ルーチン化して、それなりの数を投稿しないと、効果は出てきません。

継続こそ力なり

なので、こういった無料の集客は、お金をかけるサイト作成の前もしくは同時に実施していくのが望ましいです。

各種設定のポイント
Googleは時間がかかるので、一番最初に!
ブログはPinの設定をきちんと行う
ブログとTwitterを連携させる
FBで位置情報を登録


今の世の中、最適なPinの送り先は、探せば出てきます。中国からのアクセスが欲しければ、タイトルに中国語も!

ちなみに、私がライブドアブログを使う理由。

広告が少ない
意外とSEOに強い
SNSと連携しやすい


例えば、Pinの送信上限数が100もありますし、タグの機能は地味に効果があると思います。
最近では、法人向けデザインも導入され、ヘッダーにメニューの設定まで可能だ。

一方、近年は、これだけでは不十分になってきています。
Webサイトをコンテンツ化することによって、集客の間口を広くし、上位検索されやすくしていく必要も出てきています。

なので、私も、コツコツ情報サイトのコンテンツを増やしています。
先日もプラセンタのコンテンツを作成。
早速、本日もOEMの問い合わせがありました。

Web、ブログ、SNSの3つの組み合わせによるSEO

本日は、B to Bのインターネット集客の話です。

弊社は、お金をかけないインターネット集客というものを基本としております。

タイトルにあるように、Web、ブログ、SNS(Facebook)の3つの組み合わせによるもで、Webもカンパニーサイトと情報サイトを使い分けています。

Webは、WordPressで作成されています。
最初に外枠だけ作ってもらい、追加・修正が自由にできるように管理権を共有してもらっています。
どうしても、コンテンツ型の情報サイトを意識しているので思い立った時にページを追加・修正したいためです。また、キャッチや文言を変更して、反応の変化をテストしたいためでもあります。

上記の2点の理由は、SEOにとって、非常に重要なことです。
意外に、どこの会社さんも、そういった管理ができなかったりもします。
まぁ、SEOの基本知識がなかったら、できないことなんですけどね・・・。

そして、そのWebの動きと私のブログ、Facebookを連動させています。

きちんと管理すれば、お金をかけなくても集客が可能です。

実際、弊社サイトは、週に10件以上の問い合わせがあることも珍しくありません。

一方、こういったWebの制作は、制作会社や代理店に任せちゃうので、お金にならないような提案はなされにくいですし、こういった点までサポートしてくれる会社さんも少ないのが現状だったりもします。

近年、SEOも変化しています。
来訪者数だけでなく、サイトへの信頼性や滞在時間なども問われるようになってきています。

意外に、何人もの人間が関わって、1つのサイトを盛り上げていくような構造が一番集客力があるんだと思います。
実際、この方法で成功している店舗集客の事例は、たくさん見てきました。
広告をかけても、そのSEOやコンテンツ力の相乗性で費用対効果が高くなるところに秘密があります。
一方、この仕組みを作っていくことは、非常に難しいです。
なかなか1人1人が当事者意識を持って実践していけないので、どうしても業務的になり、できるのにできないという状況が起こってしまいます。
なので、簡単そうで簡単ではありません。

こういった問題を打開するため、今後、何か良いモデルを考えていければなぁと思っております。
チャレンジあるのみです。

時代の流れで変化するOEM集客戦略

ここ一週間、会社のサイト内容の見直しを行っています。
どうしても、その年その年で、広告規制や流行素材が異なるため、オススメする商品や提案も異なってくるので毎年微調整が必要です。
まぁ、本質的な部分は変わらないのだが。

例えば、今週は、弊社のコーポレートサイトのOMEページの打ち出し方を根本的に見直してみました。

メッセージ性を強くしてみました。

こういったページの修正では、必ず顧客セグメントを強く意識します。

昨年の修正では、ゴミ商品を作ろうとする顧客を排除し、昨年末からは、エビデンス型のサイエンティフィックフォーミュラに共感してくださるような顧客が引っかかってくるように調整しました。

今回の修正ポイントの1つとして、小規模なクロスセル・アップセルテスト向けの商品戦略も強化されています。

ECに新規参入する企業より、現在展開中の通販会社やクリニック・エステなどの店舗のターゲティング
を強めています。

クリニックやエステに対しては、今まで通り。
一方、今年は新たな試みも行うので、その導線強化される予定です。

また、弊社では、原料毎で顧客の引き込みも行っているのですが、今年は、昨年のHMBカルシウムのような目玉になるような素材もなく、地道にニッチ素材を増やしていくような感じになっています。

私は、このような調整を頻繁に行い、集客顧客の最適化を行っています。
弊社も8期目に入っていますが、やっぱり、生き残っていくって簡単なことではないです。
毎年勝負です!

メールからチャットの時代へ、ビジネスでは?

弊社も、チャットワークを導入し、半年ほど経過しました。
社内でのやり取り・情報交換だけでなく、取引先とのやり取りも、チャットワークで行うことも増えてきております。
ついに、私も、一部のメール署名にもIDを入れ始めました。

近年、社会全体でメールからチャットの時代へと変化し始めているように感じます。
日本はLINEのトーク機能、中国は、米国はFacebookメッセンジャーの影響が強いでしょう。
iPhoneのメッセージは、年々、チャットに近づきつつあります。いつの間にかって感じです。

実際、スマホを持っていると、iPhoneだとicloudメールのアドレス、アンドロイドだとGmailのアドレスが入手できるので、電話番号と紐づけで最低限の連絡先のメールアドレスとして保有することができます。
現代の若者は、もうチャット中心。
今後の我々メール世代も、携帯キャリアのメールアドレス(ドコモだとSPメール)を使わなくなっていくでしょう。
そういった背景もあり、携帯電話会社の乗り換えも行いやすくなっています。

そのうち、通話も、チャットの音声メッセージやチャットの無料IP電話にシフトしていくのでしょう。

まぁ、ソフトバンクがスマ放題ライトを組み込んだり、各社で10分以内でなく5分以内の通話を無料としたプランで展開し始めているのは、長電話するならLINEやFaceTimeなどのIP電話で話すという時代になってきているのでしょう。また、極端なのは、LINEモバイルであり、主要SNSが使いたい放題。
Wifi環境下なら無料ですし、高容量プランほど優遇される時代になってきているので、必然的にそういったような時代へと変わっていくのでしょう。今後、もっともっと、無料も有料もWifi網が広がっていきそうですしね。

さてさて、ビジネスでは、どうなんでしょう?

情報管理やセキュリティ管理上、比較的、スマホではなくガラケーのままの企業も多いようです。
まぁ、スマホ2台持ちというのも、少々しんどいですからね。
チャットは、個人のスマホを用いているケースが多そうです。まぁ、それはそれで、プライバシー上の問題が起こりそう。

健康食品業界の場合、閉鎖的な面もあるので、チャットを使ってのビジネスは、まだまだ先の話のように感じられます。
私は、チャットワークに限らず、(SNSマーケティングの一端で)一部でFacebookメッセンジャーも利用していますが。
まぁ、未だ受発注をFAXで行っている業界ですから・・・。

正直、私は、すぐにの返信を毎回求められると非常に困る。まだ、ハンズフリーで対応できる電話の方が良い。
常にタイムマネージメントでぎっちりになっているので、急な返信を求められると、デスクワークの予定などを後にずらすしかなくなります。
ビジネス上、このチャットの問題点は、仕事の優先順位を崩すことだと思います。

一方、健康商品OEM事業でも、中国人顧客は、WeChatで仕事したがります・・・。
おそらく、チャットは、ビジネスのせっかちさに合っているのでしょう。

ちなみに、私は、一部のチャットが「情報の保管性」という点でまだまだ問題があると考えておりますので、重要なやり取りは、必ずメールを利用しています。
スケジュール調整や質疑応答なら良いのですが、受発注までチャットでやろうと思わないです。

まぁ、チャットワークであれば、ビジネス向けなので資料の送付ができたりタスク設定ができるので、商品設計の調整や制作物の進行には向いていると思います。
また、会社PCにだけ入れることも可能で、プライバシー上で問題が起こることも少ないでしょう。
そのうち、一部の既存顧客や印刷屋さん、デザイナーとのやり取りは、チャットワークが導入されていくかもれないです。

あと、最後に大事なこと。

ビジネスにおけるチャットの利用は、双方の合意によって行われるべき。
取引先や顧客に無理強いしてはダメ!
こういったものは、業界の違いや地域性の差もあります。また、世代間の考え方の違いも。

もちろん、ビジネス上、悪い面だけでなく、チャットは良い面もあります。
そこをよく理解して、上手く活用していければよいのだと思います。

中国語サイトによる中国案件の問い合わせ

先月の春節を終えたあたりから、再び、中国案件を始めとした海外案件が増え始めました♪
もう、弊社は、原料は中小より大手、OEMは中小って感じなので、海外OEM案件も積極的に攻めていかないと生き残っていけない。

やはり、11月に導入した中国語のサイトの影響は、大きいようです。
じわりじわりとSEO効果が出てきました。

今日の午前中は、さっそく中国語のOEMページを強化。
中国語はでけんけど、Google先生とWiki先生に助けてもらいながら気合で!

browpouch

うちは、中国で人気のレスベラトロールの原料メーカーだし、他の会社より問い合わせされやすい状況もあるんですが、もっと中国で人気が高まっている原料情報や人気の剤形を組み込んでいったり、まだまだ工夫の余地があります。
そこを強化しました。

さらに、問い合わせが増えるとええなぁ。

社会の事業構造の変化と働き方の変化

現在、働き方改革がテレビの話題になっています。
今と昔では、社会の事業構造が変化しています。ここ10年、大きく変化しました。

ここ数年、その変化を感じることが多々あります。それは、営業活動と情報発信というものを考えた時に、感じることができます。

過去、営業は「足を使ってなんぼ」であり、顧客にアポを取って訪問し、提案を行って案件を獲得していくというものでした。

近年、そういった営業活動自身が変化しています。
顧客側、すなわち選ぶ側は、インターネットでスクリーニング的に取引先(仕入れ先やサービス会社など)を選定します。
顧客側が売り手側からの一方的な営業を好まない時代へと変化しているのです。

まぁ、健康食品業界でも、受託加工会社さんは、原料メーカーの営業を拒むようになってきていますからね。弊社も、取引がない原料メーカーさんには、商談ではなく資料送付だけにしてもらっています。
(電話で売り込みを行ってくる会社さんは、面白いことに、郵送で資料が送ってくる会社さんが多いです。スキャンする手間があるので、データベースに入ることもないことがあります。)

こういった時代に変化すると、売り手側は、情報発信して顧客を獲得していくかが重要になってきます。
足を使って営業しても採用される確率も下がっていると想定されますので、旧タイプの営業は、営業効率も悪くなっていると思います。

弊社は、その点に特化した会社だと思います。
電話営業・飛び込み営業などは、一切しません。だから営業ノルマもありません。
無駄な営業経費は、製品開発費に投じて選んでもらいやすい状況を演出したり、コンテンツを充実させて選んでもらいやすいWebになるよう経費を投じた方が効率的です。

こういった時代になってくると、働く側は、オペレーション業務が中心となり、制約率でしか評価されなくなります。
また、制約率も、担当した顧客の当たりハズレが大きく影響し、個人の実力というものが評価されにくくなる問題点が生じます。
個々人も、評価されていくため、情報発信して成果を獲得していく時代にもなっていきそうです。やっぱり、自分の持論をしっかり持っている営業マンほど、成約率も高いですからね。また、初めて接する顧客は、担当者がどれくらいの経験(勤務年数、商品化の数など)があり、実力があるかわからないですからね。
良いのか悪いのかわかりませんが、時代は、変化していきます。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール

博士(水産学) 43歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。

プロフィール詳細は、カテゴリ別アーカイブより。

カテゴリ別アーカイブ
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ