支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

インターネット集客論

今年は水面下で裏方で頑張りトコトン守りの年!

今年の私は、新年にもお話しした通り、大殺界です。
派手なことは、行わないつもりです。
何となく、新年早々、攻めても上手くいくような気がしない。珍しく弱気。

昨年の段階で、種まきは一通り終わっています。今年は、その種を咲かせるため、地道な努力を積み重ねるだけだと考えています。
今年に咲かせず、来年咲かせるくらいの気持ちで。

実際、昨年、良い案件が舞い込みました。
真摯に顧客と向かい合い、着実に成果としていくつもりです。

また、過去、私はコンサルのコンサル;裏方のフィクサーが一番合っていると言われたことがあります。確かに、そうかもしれない。
今年は、そういた裏方業務を増やしていこうとも考えております。

ちなみに、あまり売上にはこだわらないつもりです。先を見据えた売上を求めていきます。
本ブログも、投稿頻度を減らそうと思います。
実際、このブログも役割を終えようとしているでしょうから・・・。あと、記事投稿に追われるのも疲れ始めましたしね・・・。

昨年は、とにかく目標としていた売上を達成するため、とにかく攻めまくりました。論文も2本投稿しましたし、特許も取得できました。結果、時間はかかりましたが、目標額を半分達成できました。
一方、余裕がなかったため、失ったものもあったと思います。
そこは、きちんと反省しなけらばならないところです。

具体的には、ビジネスの仲間をもっと大事にしようと思います。
もちろん、社員も家族も!

フォローとして、たまに社員の商談に入ろうと思います。ただし、主役は社員であることは、絶対に忘れないで。また、資料等もさらに充実させていこうと思います。あと、トラブル回避の根回しなども。
仲間にも、気づかいを大事にしていこうと思います。
家庭という点では、ジムの回数を1回減らし、家族サービスしようと思います。まぁ、週2~3のジムを週1~2に減らそうと思います。空手も週2~3で行っている訳ですから・・・。

まぁ、人生、いろいろあります。良い時もあれば悪い時もあります。もちろん、苦境という波もあります。
その波を乗り越え、より良い結果を出していければと思います。

コピペ対策のためのセグメントされた集客方法

先日、SNS上で、このようなやり取りがありました。紹介しつつ、補足です。

【検索経由バイヤーのあるある】
売り手からこのようなボヤキが聞こえてきます。
検索経由のバイヤーは、
・知識が浅い
・ニーズが浅い(商品化する気が本当にあるのか?と疑いたくなるほど)
・基本的に失礼!
  ↓
【私の回答】
知識が浅いという問題は、手間をかけずに学んでもらうツールを用意するしかないですね。
ニーズが浅いというとは、半分合っていて半分違っていると思います。何を作ったら良いのか迷っているだけで、売れれば何でも良いというのが実際だと思います。1つの商材への思い入れは、この段階ではまだないと思います。
失礼なのは、どこでも簡単に作れる、我々は選ぶ立場という気持ちの表れだと思います。我々も選ばれる努力が必要なんだと思います。

基本的に失礼!というのは、対応や提案のメールを送っても、何のレスすらない顧客のことを指すのだと思います。
よくある話です。
まさに、検索エンジンで調べて問い合わせを行ってくる顧客の特徴でもあります。まぁ、思いが伝わらなかったと怒るだけ損です。

おそらく、こういったレスのない会社さんは、下っ端がコピペで複数社にロボット的に問い合わせを行っており、どこに問い合わせを行ったかもきちんと把握していないでしょう。
その証拠に、こういったレスのない会社さんは、半年ほど経過したら、ふらっと再び別の案件で問い合わせを行ってくるでしょう。別の担当者のこともあれば、同じ人だったりもします。

商品開発の重要性を認識していない顧客です。
また、この業界、礼を欠けば次はないという感じも強いことを理解されていないのでしょう。どこでも作れる商品は、すぐに売れなくなります。商品開発は、どこも作っていない商品を創造しつつ、どこでも作れないような商品に仕上げる努力が不可欠です。OEM会社は単なる下請け業者ではなく、できない部分を担ってくれるパートナーと考えないと、決して良い関係は築けないでしょう。その本質が見えていないのでしょう。
なので、OEM会社は、そういった顧客に怒る必要はないのです。

我々は、年中、数多な商品を作り続けている訳ですし、商品作りのプロの集団です。思い付きで商品を作ろうとされる方々とは違います。そこは、プロのプライドを持って対応すべき、そのために売り手側のことも勉強すべきというのが私の持論です。

ちなみに、馬鹿にした態度でコンタクトして来る顧客も少なからず存在します。まぁ、過去実績を示せ、弊社の原料なのに他社に供給するな、売れた分だけ買い取りたい、我々の利益を指定するなど、いろいろなことを言ってくる顧客がいますから・・・。

一方、こういった顧客に対応する時間は、無駄です。
営業人件費の損失です。
如何にコピペの問い合わせを減らすかの工夫も必要です。腹を立てているだけの会社さんは、工夫が足らない。

一番簡単の対応策。
Web問い合わせフォームの入力必須項目を多様化させる。
弊社の問い合わせフォームを参考にしていただきたいのですが、作りたい商品の詳細をインタビューシートの形で聞き取れるようにしています。
コピペでは、問い合わせできないセグメントがなされています。
是非、参考にしていただければと思います。

ただし、Webフォームで問い合わせができないアナログな顧客は、存在します。そういった方への逃げ道として、電話問い合わせにも誘導すると良いでしょう。
弊社では、電話で問い合わせがあっても、必ずWebの問い合わせフォームの内容を口頭でインタビューするようにしています。そのことによって、顧客のレベル、やる気、我々が提案すべき内容がわかってきます。
対応の効率もUPするのです。

セグメントされた集客って、今後のインターネット集客において非常に重要です。
是非、意識して、御社の集客に活かしていただければと思います。

全ての素材ページをエビデンス型に!

先日も紹介しましたが、Googleの検索アルゴリズムの変更により、信頼性のない医療系・健康系のページは、検索エンジンで上位検索されなくなっています。

そこで、弊社も、全ての素材ページをエビデンス型に変更することにいたしました。
まずは、弊社の主力原料である赤ワインエキス末のページからエビデンス型に変更いたしました。引用文献をエビデンスとして加えました。

>> 弊社の赤ワインエキス末のページ

今後、自社原料>協力会社原料>その他の原料の順で、エビデンス型へと変更していきます。
もし、エビデンスが存在しないものに関しては、エビデンスがない旨を表記したり、場合によってはページを削除することも検討しております。

気が遠くなるような果てしない作業であり、時間も半年以上かかるでしょう。
一方、今後、そういったページしか検索されなくなっていきますので、後回しにする訳にはいかないです。
気合を入れて、変更していこうと思います!
ファイト!!
続きを読む

嘘が多いステルスマーケティングのコンテンツサイト

今日の午前中は、ある栄養成分のコンテンツ内容を検証し、エビデンスベースでコメントを行うという作業を行いました。

まさにネット上の火消し作業である。

こういったコンテンツサイトは、特定の商品購入に誘導するために作られています。
ここ数年、ステルスマーケティングの主流になっています。
消費者を巧みに騙す手法です。

こういったコンテンツサイトは、アフィリエイターが作ったり、販売者が第三者に作らせたり、いろいろなケースで作られています。
とにかく、嘘や事実無根の内容が多いです。

素人がプロの監修なしにクリエイティブやコンテンツを作ると、意図しなくても起こりえる事象です。

過去の事例、天然葉酸でもないのに天然葉酸と謳って、行政から指導を受けて天然葉酸と広告表現できなくなった会社さんがあります。
その時の天然葉酸の間違った情報の残骸などが未だ残っている。また、次は、合成葉酸を支持するコンテンツまで現れ、同じようなことを繰り返している。
ほんと、消費者も混乱するので、止めてもらいたい・・・。

先日も紹介した通り、今後、Googleの検索アルゴリズムの変更によって、こういった悪質なステルスマーケティングのコンテンツサイトは、上位検索されなくなります。
詳細:Google: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

まず、コンテンツが上位検索されるためには、プロの監修などが必要になり、エビデンスも示していく必要があります。
責任を持った情報発信が求められるようになります。
まぁ、最低限、情報発信する人の顔が見えるコンテンツが生き残っていくのだと思います。

こういった変化は、もうすでにアフィリエイト広告には影響が出始めているようです。
ECの勢力図も大きく変化しそうです。

同時に、医師監修を紹介していくコンテンツ提供もニーズが増していきそうです。
ポイントは、医師の時給と手間を加味した監修料設定、論文引用型のエビデンスコンテンツ、ドラフトの作り方などなんだろうなぁと感じています。
微力ながら、消費者が喜んでもらえるような良い情報の発信に寄与できれまなぁと思っております。

存在するだけの人が集まらないWebページの特徴

この世の中、ただ存在するだけで、機能を果たしていないWebページが多く存在します。Webページというものは、何の工夫もなく、ただ存在するだけでは、決して人は集まらないです。
まず、そういったWebページの特徴をまとめてみました。

更新がない
情報が有益でない内容が薄い
不便


まず、更新がないWebページは人が訪れていないことを晒しているようなものです!
Webからの問い合わせがなければ、放置されます。
最低限、お知らせなどで、情報発信されている必要があります。
常に動きがあるように見せるのが、Web管理者の最低限のミッションです。
情報化の近年、この更新頻度や情報発信頻度は、業績とも連動する部分なので、更新は絶やしてはいけないです。

訪れても有益な情報がなければ、すぐに去られるのがWebの世界です。
そのため、現在、検索エンジンは、訪問者数だけでなく、サイトへの滞在時間なども評価しています。たくさんの訪問があり、かつ便利に使われているサイトは上位検索されるようになっていきます。
また、更新もなく、有益な情報がないと判断されれば、二度と訪れられないでしょう。見込み客との縁が切れてしまいます。かなりの損失です。

理想は、便利で、何度も訪れたいと思うWebサイト。
なかなか難しいミッションです。

また、やっぱり、使いにくいWebサイトも、再び訪れられないです。
問い合わせまでの導線をしっかりイメージしてサイトを構成する必要があります。

弊社のサイトも乱雑になってきているので、そろそろサイトマップを作るべきだと思い始めています。

ちなみに、原料メーカーも、積極的にOEMを取っていかないと、成長できない時代になっているため、OEMのページも設けるべきだと考えています。少しでもOEMの経験をした方が良いです。OEMの経験がないと、お客のOEM会社が求めているものも理解できないと思います。
お客様のOEM会社が求めるものを理解し、しっかり情報発信していく必要があります。
実際、原料のトップ営業マンは、OEMの経験も豊富だったりします。

まぁ、原料メーカーも販売会社からOEM案件を獲得したら、OEM会社(加工工場)の力を借りなければなりません。その後の原料営業にも影響してきます。どこがイニシアティブを取るかで、結局、陣取り合戦。そういった点も、よく理解して集客を行った方が良いです。

なお、私の場合、営業案件は、ほぼ人脈です。
でも、しっかりWeb上の情報発信の内容を見てくれていて、直接電話やメールで問い合わせてくれるケースが多いです。
こういったWebページの集客効果は、間接的な効果もあるので評価が難しいです。

でも、企業のWeb戦略は、年々重要度が増しています。
是非、この記事を参考にしていただければ幸いです。

サイトメンテの効果と集客された顧客の傾向

弊社サイトは、先週からかなりの変更を行いました。
ほんと、問い合わせが激減するのでは?と、非常に心配でした。
Googleのアルゴリズムも変わっていたので、その影響も気になっていました。

ちなみに、実は、このブログもカテゴリーを変えていました。

結果、集客数は減ることもなく、コンスタントに問い合わせがありました。
よかった♪

サイト毎の役割を果たしているのかな?という状況を肌で感じています。
上手く住み分けできたかな?
でも、まだ安心できない。

次は、この後は、中国とアメリカにおいて、少しづつSEO対策をコストをかけずに行っていければと思います。
特に、中国は特殊な感じがします。
チャレンジです!

ほんと、私は、何でも屋です(笑)

現段階で集客されている顧客は、相変わらず海外案件と原料(山芋抽出物とサケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)が多いです。
まだまだ増えそうな気配です。

私は雑草です。
まぁ、とにかく、チャレンジし続け、局面局面で活路を見出していくタイプの人間です。
まぁ、頑張るしかないですわ!

Google: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

今年に入って、コンテンツ型マーケティングに取り組み始めています。この手法は、根拠のない情報コンテンツの問題やステルスマーケティングなど、いろいろと問題もあり、過去、WELQの件でも問題になりました。
私は、嘘偽りのないエビデンス(根拠)ベースのコンテンツであるべきだと考えており、それを私のコンテンツ型マーケティングの中でも実践していければと頑張っております。
例えば、弊社の領域に限定しておりますが健康メディア向けにコンテンツ提供も始めています。

そして、Googleも12月6日に以下のような改善を行いました。

医療や健康に関連する検索結果の改善について

この変更により、医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなりました!

風は吹いてきたかなぁって感じです♪

ちなみに、いくつものIT会社も、ここに目を付けて動き始めています。でも、医師監修のコメントを安く見過ぎなので、上手くいかないだろうなぁとも感じています。また、医師は、プライドがあるので、言いなりにはならないです。
一般のライターと一緒にしたらダメ!
記事を書かせる時間(手間)と、医師の時給を照らし合わせて監修料設定する必要があります。

記事監修は仲間内の医師に振り分けていますが、まだまだ領域が狭いのが問題。
もっと医師とのWinWinの関係も深堀していかなければならない。
まだまだ課題があります。

機能性表示食品の次のステージとして、できたら、顧客と末端商品のヒト臨床試験を行って、論文まで書いていけるような事例を増やしたい。

今後、いろいろチャレンジしていきたいと思います。
がんばるぞ~!

Webマーケティングはスピードが命

木曜日・金曜日・土曜日の午前は、弊社サイトの調整にかなりの時間を割いていました。土曜日のSEO関連の調整で、ある程度の作業は完了しました。弊社のようにWebからの集客比率が高い会社の場合、優先して行わなければならない仕事です。

Webは24時間働き続ける営業マン
Webは誰でも気軽に情報を得れる媒体


したがって、手を打つのが遅れれば遅れるほど機会損失になります。
弊社のような原料事業の場合、すぐに結果として見えてこないのですが、遅れれば目に見えない機会損失も生じてきます。じわりじわりという衰退という形で。

だから、優先順位は常に高く位置付ける必要があります。
当然、スピードが命になります。
そういった理由もあり、弊社は、WordPressベースで迅速に修正・変更・追加が可能な体制を築いています。

さらに、みんな同じことを意識して行動しているため、インターネット関係のビジネスは、ライフサイクルが短いです。早くやったもん勝ち。
二番手より一番手の方が儲かります。儲かる情報が表面化している段階では、もう遅いです。
だから、とにかくスピードが求められます。

ついていけないと、あっという間に取り残される世界です。
ずっと追っかけっこなので、チャンスがある反面、競争が永遠と続く大変な世界だったりします。

まぁ、健康食品の製造関係の業界は、まだまだ遅れているので、それほど意識が高くないですが・・・。
実は、健康食品の販売においても、インターネット系(;EC)の商品はライフサイクルが短いです。加えて、リピート性も低い。
お陰で、EC以外にも本影響が波及し、盛者必衰というものが市場で強くなってきています。

また、中国のビジネスも、実は、インターネット中心で発展してきたのでライフサイクルが短いです。
まぁ、中国ビジネスは特別で、国の政策や方針が変わることにより急に儲からなくなることも多々あり、隙間を狙い国とイタチの追いかけっこを行うビジネス文化があるので仕方ないのですが・・・。

こういったインターネットや中国ビジネスでは、情報を誘導ならびにマネージメントを行っていくことが重要となってきます。
次に、私が求められているもの。
難しいなぁと思う、今日この頃です。
まぁ、やれることをコツコツやっていくしかないなぁと思っております。

弊社サイトの大胆な修正・変更を行いました!

本日、弊社サイトの大幅な修正・変更を行いました!びっくりされる方もいらっしゃるでしょう。
.comとco.jpの2サイト構造で、各々のポジショニングも調整いたしました。

まず、悪質なサイトと判断されないよう、.comのサイトをOEM情報サイトにポジショニングしました。
そして、co.jpのサイトを企業サイトとしました。

思い切ったことを致しました!
co.jpのサイトは、英語と中国語に対応しています。もう少しデザイン性を良くしていく予定です。

原料メーカーとしては、業界紙で広告を行わない弊社でも、それなりに知名度も出て来た。次に求められるのはブランド力。
このブランド力の向上は、OEM事業でもプラスにでるであろうという目論見。

加えて、できれば、グローバル企業として、成長していければという考えもございます。
実際、赤ワインレスベラトロール、プロテオグリカンや葛花は、海外向け案件が多い原料です。

まぁ、この変更により、SEO上で悪影響もでるかもしれないです。一応、私も、不安がないわけではないです。
一方、次のステージに行くためには、必要なことだと思い、この手を打ちました。
さて、どうなるでしょう・・・。

情報がネット上に残っていてよかった事例

本日、銀座鈴屋の甘納豆を義父母に届けました。
本当は、花川の甘納豆を届けたかった・・・。

上野聚楽台にあった店舗は、もうなくなっています。
その他に店舗がないものか?とネットで調べてみました。

そこで、わかったことが・・・

・全店閉店
・本店は高田馬場
 駅前にビルだけ残っている

この高田馬場が本店だったという点は、私にとって、非常に大きな意味があります。
高田馬場は、祖父母が住んでいた町であり、曾祖父の家が今でもあります。
東京からのお土産に花川の甘納豆が指定されていたのは、単にや夜行電車が発着する上野で買いやすいからでなく、祖母の思い出から来るものだったんだなぁ。
これを知り、全店へ移転なのは、一層残念に思いました。

このブログ上にも、情報を残しておこうと思い、SNSコメントでなく記事にしました。
ブログ記事の方が保存性が高い。

映画ザ・サークルからも見えるSNSの危険性と注意点

映画ザ・サークルは、SNSの危険性を訴えた映画です。9月末の海外出張の飛行機機内で見させていただきました。ブラックユーモアな部分と、深刻な訴えの両方で描写されています。
まぁ、極端な未来像ですが、実はそれに近いものが現在のSNSにもあります。

今は、SNSの画像による顔認証機能がどこまで発達しているかわかりませんが、近い将来、顔認証機能の精度が上がれば、たまたま映った写真から位置情報が把握されるようになると、個人の行動が筒抜けになってしまいます。
プライバシーというものはなくなるでしょう!

今は、位置情報は、チェックインなどしなくても、SNS会社に定期的に抜かれているんだろうなぁと考えています。それが、SNS会社の大きな収益源を作っていくものになっていくでしょう。

映画や位置情報の話は極端な例ですが、SNSを利用する上で、注意すべき点がいくつかあります。

人(特に著名人)が映る写真投稿
子供や自宅の場所がわかる写真投稿
版権があるもの(例:雑誌の文章)の写真投稿
ライブ中継
→取り返しがつかない情報公開もあり得る

やっぱり、他人のプライバシー保護の部分は、注意が必要です。特に著名人の場合、最悪、肖像権の問題で訴えられる可能性もあります。
女優さんの場合、イケていない写真が拡散されたら、営業妨害にもなりえます。
そもそも、著名人でなかろうが、人物の写真が勝手に拡散されたら嫌な気持ちになるのは、当然のことです。
小さくでも顔が鮮明に映っている写真の投稿は避けましょう!

もしSNSで子供の写真を投稿する場合は、必ずプライバシー制限があることが必須。
事件へとつながる可能性があります。危険です。
また、位置情報付きで自宅の場所がわかるような写真も、避けましょう。

雑誌文章の版権に関しては、わかりやすく説明。
例えば、雑誌の記事の一部分を撮影して拡散。そうすると、雑誌は買れにくくなり、出版社に被害が出る。
近年、カメラの性能が良くなったため、起こりやすくなっているトラブルです。

ライブ動画は、コントロールが利かない危険。
生放送と同じであるため、取り返しのつかない放送事故もありうる。

過去、こういった失敗で笑える実際に起こった事例を紹介。
某社長が不倫相手の社員と海外出張に行ってTwitterで不倫関係がばれた事例。
Twitterで海外の取引先と打ち合わせをライブ中継中、彼女と喧嘩が始まる。フランス人の商談相手に色目を使ったというくだらない痴話喧嘩。
私は、それを保存していた方(共通の知人)から見せていただきました。保存されているとは知らず、不倫の証拠をSNSで全世界に拡散しているんだから、アホだなぁと思いました。

こんなことが現実にあり得るのです。
実際、私の身近でも起こりました。

みんさん、SNSを利用する場合は、十分に気を付けましょう!

理由がわからない突発的なアクセス集中

たまに理由がわからない突発的なアクセス集中が起こることあります。
昨日の550件超えも、その一例です。

非常にありがたいことだが、その原因を調べようと、アクセス解析とにらめっこしてしまいます。

最近は、一旦アクセスがされると、他のアクセルも呼び込まれるような感じがします。
検索エンジンのアルゴリズムが関係しているかも。
また、livedoorブログ自身、上位検索されやすくなってきているような感じがします。おそらく、ブログ会社の力関係かな?

今、livedoorブログの運営者は、「LINE」です。
http://blog.livedoor.com/ →一番下のフッタを見てみてください!
過去、livedoorさんは、LINEを日本に持ち込み、裏方の仕事をなされていました。まぁ、そういった背景もあり、livedoorさんの周辺(旧経営陣)で景気が良さそうな動きがありました。ミュゼやたかの友梨を買収したり・・・。
そして、いつの間に、LINEの子会社に隠れてしまったという状況です。
賢い方々です。
情報マネージメントという点では、見習わなければならないです。

今、LINEは、非常に好調です。
ネットは連結せると、SEO効果が働くこともあります。
LINEの影響がlivedoorブログにも現れているかな?とも感じるこの頃です。
まぁ、ブログというすでに旧メディアになったものに今からわざわざ力を注ぐとは思いませんが、偶然の産物だったりするかもしれません。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ