支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意。市場動向や注目原料などを紹介。騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> http://www.a2-pro.com/ の問い合わせから

原料受託バンク:ランキング解説

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2017年4月

連休明け早々、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 酵素
4位 プラセンタ
5位 葛花
6位 高麗人参
7位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
8位 ヒアルロン酸
9位 ビタミンE
10位 フコイダン


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回は、ポイントとして、以下の3点だと思います。

1. 葛花が再上昇
2. フコイダンが10位にランクイン
3. ラクチュロースが11~30位で安定

先月の乳酸菌とコラーゲンの入れ替わりは、テレビの影響で、原料受託バンクの桑高さんの予想通りでした。
テレビの影響は、一時的に生じるものなんでしょうね。

4月25位のサチャインチは、同じようにテレビの影響でしょう。盛り上がりの状況を見ると、来月には落ちてしまうでしょう。日本市場には、難し過ぎるというのが私の見解。

葛花については、機能性表示食品としての検討に加えて、主に特定保健用食品(トクホ)への許可取得によるものでしょう。このトクホ逆風の中、素晴らしいことだと思います。
弊社の葛花は、(種が異なるので)機能性表示食品に対応していない点や問い合わせ数などから判断すると、間違えないでしょう。
ちなみに、弊社への葛花への問い合わせ数は、ぼちぼちあるけど、このランクキングほどではない。

次に、フコイダンですが、この急な上昇の理由は読めないのですが、中国が関係していることは間違えないでしょう。
日本の市場では、知名度の割に健康食品が売れていないフコイダンですが、中国では、相変わらず好調な売れ行きを示しているようです。
詳細は、後日、中国市場の現状を紹介する時にでも、お話ししたいと思います。

ラクチュロースは、先月よりランクアップし、安定化を見せています。森永さんの新商品の影響もあると思いますが、もともと、良い素材です。
コストさえ、もう少し安ければ、私も、いろいろな商品に配合したいと思う素材です。

11~30位の素材は、機能性表示食品の色が濃く、かつ力のある素材が多いのが特徴です。

このランキング傾向を見ていて、非常に面白い点。
ここ数ヶ月、非常に露出が多く、機能性表示食品の可能性もあるHMBのランキングが一向に上がってこない!
追跡型広告の特徴でしょうか?
ニッチな消費者ニーズのためでしょうか?
取り扱い原料メーカーの少なさのためでしょうか?
こういった点がわかってくると、この原料受託バンクのランキングの規則性や閲覧者層などが明らかになって来るんでしょうね。
一方、このHMBは、原材料の特徴上、量販店でも並び始め、一気に成長期から成熟期に移行してしまうと考えています。

こういったデータは、販売会社さんOEM会社さんに限らず原料メーカーも、マーケティング戦略上、どういった原料を取り扱い、どんなプランで市場を大きくしていくかを考えていく上で、非常に参考になると思います。
私の解説も含め、是非、こういった情報を参考にしていただければと思います。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2017年3月

今月は、忘れずに恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 コラーゲン
2位 乳酸菌
3位 酵素
4位 プラセンタ
5位 ヒアルロン酸
6位 ギャバ ( γ-アミノ酪酸 )
7位 セラミド
8位 DHA ( ドコサヘキサエン酸 )
9位 ビタミンE
10位 高麗人参


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

コラーゲンと乳酸菌が入れ替わるなど、全体的に変動はあれど、大きな変動がなかったのいうのが今回の動きだと思います。

トクホが叩かれる中、21位に入ってきたトクホ素材のラクチュロースが30位以内にランクインしたくらいで、30位以内も固定化してきました。
機能性表示食品が強く、やや栄養機能食品の変わった素材探しの傾向が窺えるランキングに変化はありません。

ギャバ、セラミド、DHA、プロテオグリカン、葛花、アスタキサンチン、ルテイン、イソフラボン、いずれも機能性表示食品です。まだ、HMBがランクインしない・・・。
弊社も、現在修正中のレスベラトロール含有赤ワインエキスの論文が受理されたら、レスベラトロールも再びランクインするのかなぁ?楽しみです。
これも、貴重なマーケティングデータ♪

次のステージでは、売れる機能性表示食品ってどんなものか?という点も、意識していかなければならないんだろうとも感じています。

また、このランキングは、実際の市場ニーズと少しづつ、かけ離れてきているようにも感じています。
実際に商品開発が増えている素材・売れている素材は、あまり反映されていない!
酵素は、これだけ売れなくなってきているのに、酵素のランキングが落ちない点。
プラセンタにも、同じようなものなんですが、原料メーカーは、いつの間にか増えています・・・。

反対に、ビタミンEやカルシウムが上位に来る理由がわからないです。どんな方々が押し上げているかの像が見えないです。
ビタミンEなどは、トコトリエノールで絞り込みされているようですが、これほどニーズがあるのかなぁ?と思ったりもします。
カルシウムは、サンゴで絞り込まれているのは、水素原料として探されているのでしょう。一方、水素も下火。そこまで盛んに水素商品が開発されているとは思えません。

極論言うと、機能性表示食品も、注目のわりに売れていない!
まぁ、対応していかないと、取り残されてしまうという危機感から商品化を模索されて、機能性表示食品対応の原料を探されるんだと思いますが・・・。
機能性表示食品は多様性という点で欠点があり、中小企業には適さない状況もあります。大手さんが有利。そこを何とかしていかないと、中業企業による機能性表示食品での成功は難しいと考えております。
そこも、今後の課題です。

ちなみに、現在、プロテオグリカンの記事原稿に追われています・・・。
しんどい・・・。
出版されたら、改めてご紹介させていただきます。
実は、ただ今、25時半。ようやく、記事予約完了です。

ここ最近、インターネット上で販売している会社で、消費者庁の指導が相次いでいます。
この流れがランキングにも関係しているような感じもします。
だからと言って、中小企業さんからの問い合せも減っていません。むしろ、ちょっと増えている現状は、とても嬉しい♪ 紹介案件も、相変わらず多い。
中小企業は、隙間を狙わないと勝ち残っていけないというのが結論なのかなぁと思いつつ、できる限りのことを行っています。
まぁ、グダグダ言っても仕方がないので、ひたすら頑張るしかないと思って、頑張っております。
これからも、できる限りのことを行っていくことを大事にして、頑張っていきたいと思います!

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2017年1月2月

大変失礼いたしました。先月は、決算月のバタバタで恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説をすっかり忘れておりました。
深くお詫び申し上げます。

1月
1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 ヒアルロン酸
4位 プラセンタ
5位 酵素
6位 DHA
7位 高麗人参
8位 カルシウム
9位 ビタミンE
10位 セラミド


2月
1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 酵素
5位 ヒアルロン酸
6位 DHA
7位 カルシウム
8位 葛花
9位 高麗人参
10位 セラミド


>>先々月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

10位以内は、多少の変動はあるものの、かなり固定化されてきました。
乳酸菌やコラーゲンは、副材で頻繁に利用しますが、それらを主材とした案件がそれほどないので、なぜ?ここまで上位を維持できているかが不思議です。
少なからず、消費者の方々からのアクセスも影響しているんだろうと考えています。
また、ここ最近は、原料登録の多い原料程、上位ランクされる傾向も強いのでは?とも感じています。まぁ、自社のカテゴリーは積極的にチェックされるでしょうからね。

プラセンタは、一時に比べるとOEM案件も減り、かなり下火になりつつあるんですが、ランキングは落ちません。一方で、ドラックストアでは発酵プラセンタ原液が売れていたり、不思議な現象があります。また、弊社で流通させているプラセンタ原料の量は増えている現状もあったりもします。
この原料は、市場が成熟し、販売チャネルが通販から量販店に移行しつつあるのかな?とも感じています。通販は、テレビが良く、ECがダメなようです。
弊社では、単味商材だと差別化がしんどいので、特殊なカプセルや副材を工夫することで差別化を図る努力をしています。

先々月は、わかさ生活さんのレスベラトロールの水のCMのお陰で、久しぶりにレスベラトロールも30位以内にランキングしていました。
でも、今月は、ランキングから落ち、一時的なアクセスだったことがわかります。
一方、弊社の原料流通量の年間推移を見ていると、ブームの2011年2012年くらいの時に比べると落ちているのですが、意外に2014年以降、少しづつ伸びている傾向もあったりもします。
今年は、ヒト臨床試験の報告も行っているので、もう少し伸びるのかな?とも予測しています。

高麗人参に関しては、先月解説した記事の通りだと思います。
何気にプチ再ブレイク高麗人参が売れる訳

全体的な傾向として、機能性表示食品対応の動向が読み取れます。キーワード検索でも機能性表示食品がずっとトップです。市場では、広告規制強化も進んでおりますので、今後、ますます機能性表示食品への注目は高まると思います。

一方、受理状況や市場動向を見ていると、大手さんが優位になり、大手さんが有利な制度となっているのは間違えなさそうです。例えば、ドラックストアなどは大手さんの商品ばかりになってしまいました。
また、中小企業は、大手さんが利用している一部の原料を用いた機能性表示を避けて、対応を進めていく必要があります。創造性が求められると考えています。

今月10位以内に再ランクインした葛花などは、今年のダイエット商戦を示唆しているようにも思えるのですが、葛花=ダイエットのイメージがまだまだ弱いので、今後、どうなっていくかでしょうか・・・。
私の予想、ベタなところで、レモン酢やHMBだと伸びると予測しています。レモン酢ダイエットの商材に関しては、企業秘密♪

ちなみに、弊社への問い合わせ傾向とランキングは、まったく一致しません。
先月は、アホみたいにレモン由来葉酸の原料問い合せがありました。山芋抽出物や葛花抽出物も、ぼちぼちの問い合わせ数で、採用数も伸びています。
OEMでは、意外にアミノ酸系(体感型の高配合品)のものが多く成約している感じがします。HMBも含まれると言ったら含まれるのでしょうか。
そういった状況は、ランキングに全く表れていません。ここら辺は、非常に面白いところです。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年12月

本年初めの原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 ヒアルロン酸
4位 DHA
5位 プラセンタ
6位 カルシウム
7位 酵素
8位 高麗人参
9位 アスタキサンチン
10位 フコイダン


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回は、比較的変動があった月でした。

全体的な流れをコメントすると、どこもが機能性表示食品の検討がいよいよ本格化したという感じがします。
ヒアルロン酸、DHAやアスタキサンチンは、その流れでしょう。
また、11位以降のセラミド、ベニクスノキタケ、プロテオグリカン、ルテイン、葛花なども。

一方、制度はより厳しくなり、受理も滞っている傾向が見受けられるので、同時に、本当に本制度が活発化するのかな?と心配していたりもします。
この動向は、今後一番の注目ポイントです。

また、相変わらず、中国向け案件の色も強いなぁ感じられます。
中国市場への進出は、淡々とチャンスを伺っている会社さんが存在するからでしょう。2015年の時のような熱さはないのですが、かなり現実味のある計画にシフトしているのは間違えないと感じています。

突然、レスベラトロールが25位に入ってきたことも、少なからず中国市場が関係しているようにも感じています。
非常に食経験の長い素材の健康成分の注目度が高まっていると考えています。

最後に、12月のアクセス数は、いつもより少なかったです。それは、本メディアが一般消費者だけでなく業界の人達も多く閲覧していることを意味しているのでしょうね。
1つの数字をとっても、いろいろなことが読み解けます。面白いものです。

さて、今年は、どんな年になるでしょうか?
今の傾向を見ていると、市場がさらに成熟していくことは間違えなさそうです。
大手さんの市場になりつつある今、中小企業でもどのように対抗していけるか?というのも非常に重要になって来ると思います。
本年も、地味な積み重ねだけでなく、チャレンジも積極的に行っていきたいと思います。
ご支援の程、何卒よろしくお願い申し上げます。続きを読む

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年11月

ここ最近は、倒れそうな日々です。
気合で、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 ヒハツ
4位 プラセンタ
5位 酵素
6位 ヒアルロン酸
7位 DHA
8位 高麗人参
9位 コンドロイチン硫酸
10位 ルテイン


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回の変動の中で、大きな変動というのは、ヒハツが3位に入ったこと。それ以外は、ほぼ変化なし。
テレビメディアの影響のようです。
やっぱり、テレビの影響は大きいです。

過去のブームであるコエンザイムQ10寒天レスベラトロールなども、テレビの影響。
でも、ここ最近は、これらほど爆発的なブームは起こっていないのが現状です。

そして、面白い点。これら3素材を比較すると、コエンザイムQ10や寒天は、急すぎるブームであっという間に終わってしまい、市場まで小さくなってしまったという残念な結果を招きました。
コエンザイムQ10なんて、とても良い素材なんですけどね・・・。

一方、レスベラトロールは、多少の市場の縮小はあれど、分散しただけで、コエンザイムQ10や寒天ほど散々な状況にはなっていないです。ブームの中心にいた弊社などは、良いタイミングでレスベラトロールの成分としての販売から赤ワイン換算への販売にシフトしたためかな?とも感じています。ブームの時の利益の多くは、開発費(反復毒性試験、大学との共同研究、ヒト臨床試験など)に投じたのも良かったのかな?とも感じています。

まぁ、現状、ずっと20位前後で行き来しているプロテオグリカンは、メディアのチカラは働いていないものの、プチブームなのかな?とも感じています。ランキングには表れていませんが、業界の動きを見ても、結構、熱い! レスベラトロールの時も、こんな感じでした。こういった状況の場合、ちょっとしたメディアのチカラでドカンとブームになり易いので、市場ウォッチが必要です。
でも、世界的な成分ではなく、国内に限定された成分なので、ドカンとは来ないかもしれないです。ただし、ナットウキナーゼのように、中国に限定してヒットが起こるなど、限定的なブームは到来するかもしれないです。現在、海外からの問い合わせが非常に増えています。

それ以外に、11位以降で気になるのは、葛花、ベニクスノキタケ、黒ショウガ(ブラックジンジャー)、エラスチンあたりです。
11~30位も、成熟期の素材ばかり。多少、機能性表示の検索の傾向が感じ取れる程度です。

葛花(特に弊社のじゃない葛花)は、業界で名が知れ渡り切ったため、ランキングが落ち始めたのだと思います。同時に、ちょうど市場が温まり始め、これから市場で商品が増え始める頃だと思います。
先日、渋谷道玄坂でも店頭で葛花ののぼり旗が立っていたりしました。これからが、楽しみ。
実際、うちの葛花の問い合わせは減っていない。

ベニクスノキタケって、たまに聞きますが、なかなか詳しい情報がないです。
でも、こんなニッチな素材が検索されているということは、ニーズがあるんでしょうね。

黒ショウガ、思ったほど跳ねないです。
弊社は、エキスは高いので、安い粉末ばかり動きます。原料でなく、OEMばっか・・・。

エラスチンは、もう少し伸びても良いと思います。コラーゲン、プラセンタが成熟しているので、美容素材としては、セラミドと共にエラスチンも頑張ってもらわなければ・・・。

今月の解説は、こんなもんでしょうか・・・。
バタバタしていて、ざざっと思ったことを述べただけの解説になってしましました。申し訳ございません。

最後、まとめると・・・。
市場は、機能性表示も検討しつつも一定の会社さんしか手を付けきれず、一方で目立った流行もなく、新商品開発に困っている現状もあり、でも新商品で勝負していかなければならないので苦しんでしょう。
見えにくいですが、そういった現状がランキングの裏に潜んでいるんだと思います。続きを読む

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年10月

寒くなりましたね・・・。ちょうど最繁忙期の会社さんも少なくないと思います。
恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。弊社もバタバタですが、気合で解説記事を書き上げました。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 酵素
5位 ヒアルロン酸
6位 高麗人参
7位 DHA
8位 コンドロイチン硫酸
9位 アスタキサンチン
10位 ビタミンE


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回のランキングは、ほんと、大きな変化がなく、解説しにくいものでした。特に、10位以内は、成熟期の素材ばかり
一方、面白いことにも気が付いたので、少々コメントしたいと思います。

まず、これは、有料プラン版でランキングを見ている人しかわからないことなのですが、1位の乳酸菌(722)と2位のコラーゲン(695)はアクセス数が突出しています。
それ以下は、400中ごろから徐々に減っていくだけです。

この両素材だけは、現在も、人気が続き、よく閲覧されている素材なのだと思います。あとは、10位以内は、表示されているからランクが留まりやすいという傾向があると思います。

乳酸菌は、整腸に限らず、免疫賦活でも絞り込み検索が行われている点からもわかる通り、大きく二つのニーズでサイト内で原料探しがなされるケースも多く、安定してアクセスが上位に食い込むのだろうと考えています。

コラーゲンは、美容(1型ペプチド)と関節(2型)の用途の両方が入り交ざるため、上がるのは当然だったりもします。実際、2型でも絞り込み検索が行われています。

このシーズン、乳酸菌は免疫賦活、コラーゲンは関節で商品開発のニーズが伸びるので、今回の突出した結果を示したのだと考えています。

そして、以前からもコメントしている通り、最も熱い領域は、11位から20位。注目の領域は、21位から30位です。

この領域の葛花プロテオグリカンは、成長期の素材であり、弊社でも伸びています。
セラミドも、まだ伸びると思います。ただし、組み合わせ次第。ボタニカルな設計で活用できないか、今後、チャレンジしてみようとも企んでいます。

また、成熟していない素材として、ベニクスノキタケや黒ショウガ(ブラックジンジャー)が気になります。一方、アンセリンやフコイダンなどは、日本の市場動向と一致せず、別の要因で検索されているのかな?と思っています。フコイダンは、中国関係かな?と考えております。

あと、ここ最近、やずやさんの影響などで、問い合わせ数も、採用数も増えているレモン葉酸などは、ランキングにも顔を見せない。不思議なものです。
おそらく、原料受託バンク内で検索するのでなく、Googleの検索から直接弊社に来ているのでしょうね・・・。

こういった特性も認識しながら、ランキングを活用していく必要があります。
日々、知見を重ねつつ、ランキング結果の理由などを紐解き、より的確に活用していければと思います。是非、みなさまも、私の記事をヒントにしていただければと思います。

P.S.
原料受託バンクの10位以内の停滞特性は、以前から述べていたことです。リンクを外せば、解決(;より市場を反映)することなのでしょうが、ユーザービリティが落ちてしまいます。
だからと言って、同じようにリンクを貼ったまま30位まで公開してしまうと、有料プランを申し込む意味が随分落ちてしまいます。原料受託バンクさんが良いサービスを提供し続けてもらうには、悪影響を及ぼしかねないです。
ここまで登録会社さんが増えている訳ですから、無償プランの制約を増やすなど、原料受託バンクさんの利益構造モデル自信を見直す局面に近づきつつあるのかな?とも感じています。Evernotoでさえ、無償プランの制約を増やしたわけですし・・・。
難しい問題ですね・・・。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年9月

今月は遅れることなく、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 酵素
5位 DHA
6位 葛花
7位 ヒアルロン酸
8位 高麗人参
9位 アスタキサンチン
10位 ビルベリー


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

前月のランキングの大きな変化と言えば、3位のサトウキビ(バガス)でしょう。すっかり、30位以内からも姿を消してしまいました。
一過性でもメディアチカラは怖いものです・・・。

さて、ここ最近のランキングの動きを見ていると、機能性表示食品への注目が伺えます。

DHA、葛花、ヒアルロン酸、アスタキサンチン、ビルベリー、サラシア、アンセリン、ルテイン、グルコサミンなどが、その動きを表していると思います。
まぁ、少々早いですが、30位のブドウも、そうなんでしょうね。弊社も、治験が終わり、対応を進めております。

様子見の時期は終わりつつあるのでしょう。
一方、機能性表示食品で成功している企業さんの傾向、受理されているけど商品化されていない商品の多さ、より厳格化され続ける制度など、いろいろな背景があり、市場は大きく成長していないように感じられます。

やっぱり、私の持論ですが、きちんと数のクリエイティブや成分表示のない強調表示などを制限するような優良誤認の取り締まり強化なくして機能性表示制度を導入しても、その効果も半減しますし、制度自身が陳腐化してしまうでしょう。
とても残念。

個人的に、市場の動きを表していると思ったのは、19位のプロテオグリカンです。
弊社も、昨年の200%近い伸びを見せています。
まぁ、新しい素材もなく、顕著に伸びている素材というものも見当たらないので、その中では、伸びている方の原料であることは、一部の方々は把握されているのでしょう。
ちなみに、市場の動きと反しているのは、酵素とプラセンタ。

年末商戦を迎えるにあたり、市場は、方向性が定まらないで困っている状況があるように感じられます。まぁ、何が売れているかの情報がないので、仕方ないです。

昨年と比べ、ECを中心とした新規参入は極端に減っていると感じられ、一方で、伸びているのもEC(とテレビ)という現状があります。
そして、通販などでは、かなり勝ち負けが明確になってきており、業績が良い通販会社さんほどクロスセル戦略が上手く行っています。勝ち情報に群がる近年の傾向を考えると、どうやって儲かっているかの情報が拡散されないため、安定して力を注げるのでしょう。私も、10億円以上の売上の企業さんには、クロスセルと掘り起こしを推奨しております。

今月10月は、冬の商戦は間近であり、その商品投入を決定できるギリギリの時期でもあります。このランキングの情報は、とても貴重だと思います。
また、来月のランキングも楽しみです。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年8月

やっとでも論文に追われているのに、商談ラッシュに加えて鮭鼻軟骨抽出物のロケやらで、解説が遅くなってしまいました・・・。大変申し訳ございませんでした。
今月も、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 サトウキビ ( バガス )
4位 プラセンタ
5位 酵素↓
6位 ヒアルロン酸
7位 カルシウム
8位 DHA
9位 葛花
10位 コンドロイチン硫酸


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今月のランキングの大きな変化と言えば、3位のサトウキビ(バガス)でしょう。原料受託バンクの桑高さん曰く、沖縄のスーパーフードとしてテレビ番組で紹介されたとのことですが、そこまで市場が盛り上がっているようには感じられません。
来月以降、このランクを維持できるかで、実力が明らかになるでしょう。

そして、意外に見落とされがちなのですが、酵素が5位に落ちています。上位を維持するのは、もうそろそろ限界かな・・・とも感じております。
この酵素周辺で、市場動向をもう少し詳しくコメントです。
中国向けのインバウンドは、もう完全に収束し始めています。中国向けは、一部の輸出品だけが残っている感じです。それに伴い、さらに中国での酵素商品に対する注意喚起の報道などによって、中国向けの酵素の市場は、かなり萎みつつあります。

あと、ついでに、酵素の日本市場。
ゴミのような酵素商品が溢れ、ゴミ度も増すばかりで、0.01%くらいづつしか酵素原料が含まれていないものまで出てくる始末であり、これじゃあ、何を売っているかがわからない状況です。
今年は、スムージーよりさらに安く作れる粉末クレンズにシフトしただけです。何れにしても「合成甘味料、香料と増粘剤で成り立ち、食物繊維を食らうだけの商材」でしかないです。
健康を売るという企業の倫理観が欠如し、儲けることだけ考えて商品を作るとゴミのような商品になってしますのでしょう。

8位から30位は、全体的な傾向として、中国の色が薄れ、ようやく機能性表示食品が意識され始めているのを感じをさせるような動向でした。
必然的に、そうなっていくのでしょう。
先々月からから引き続き、葛花も頑張ってる。うち原料の葛花は機能性表示食品対応でないけど、つられて伸びてる。ありがたい。

25位のプロテオグリカンも、多少関係があるのかな?
6月のランキング解説でも述べたように、問題は、第三者機関での定量分析。それについては、先月、かなり目処が付きました。仲間が頑張ってくれたので、非変性のプロテオグリカンだけでなく、変性のプロテオグリカンまで分析できちゃうメソッドが開発できております。
ここは、淡々と進めて行こうと思います。
ファイト!

あと、注目すべきは、フコイダン。
中国では、ニーズが高まっており、国産もずくのフコイダン(顆粒サプリ)が好調そうです。
私も、奄美のもずくフコイダンに絡み始めておりますが、今年の分は無くなってしまい、来年度からしか供給がなされない状況です。
ガッツリとした免疫系商材は、医療機関ルートでも売れると思うので、これからドンドンチャレンジしていきたいと思います。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年7月

おはようございます。
今月も、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。
本日は、名古屋から。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 酵素
4位 プラセンタ
5位 ヒアルロン酸→
6位 カルシウム
7位 アスタキサンチン 
8位 DHA
9位 葛花
10位 高麗人参


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回も、10位以内で酵素とプラセンタが入れ替わったくらいで、大きな変化はなかったです。
11~30位は、若干、機能性表示も意識した感も感じられます。

サラシア、Q10、βグルカン、ギャバあたりがそうでしょうか・・・。
もちろん、9位の葛花も。東洋新薬さん、がんばっていらっしゃいますから。

さてさて、この機能性表示制度も、いろいろと問題が生じてきているようです。
関与機能成分が下限値を下回るなど、消費者庁の抜き打ちチェックで発覚したりしているようです。

まぁ、特に16位 プロテオグリカンなどもそうなのでしょうが、機能性表示を想定して商品開発を行っていくと、商品での定量分析が鍵になってきます。弊社サイドも、前処理方法も確立できつつあり、ようやく、目処が付いてきたという感じです。
プロテオグリカンは、120万ダルトンくらいの分子量でも、80万ダルトン以上のヒアルロン酸など高分子のものであると、定量分析を邪魔します。この高分子成分が入っている原料を配合しなければ、まぁなんとか定量分析できるだろうという状況です。
120万ダルトンの非変性プロテオグリカンも、もうそろそろ試薬化もされるので、今の冬は、非常に楽しみです。

その他に、論文化の問題だとか、いろいろあるのですが、今後、ハードルが上がるのは間違えなさそうです。

一方、市場全体の活力という面では、少々心配です。
中国案件も引きに入っているので、元気がない・・・。

7月の各原料のアクセスを見ても、6月に比べて2割ほど少ないように感じられます。1位の乳酸菌も、200くらい減っていると思います。
季節的なものもあると思われますが、若干停滞期。

こういった時は、原料メーカーさんは、足を使った営業が活発になります。その動きも強くなっています。

実際、6月後半は、弊社でも、OEM案件の問い合わせは減ったように感じます。私への原料問い合わせばかり・・・比較的、11月くらいの上市を目指している案件が多いです。
近々の9月くらいの上市を目指している商品などは、少ないのでは?と感じられます。

こういった局面、先日も記事にしましたが、原料クリエイティブの開発など、できることをコツコツやっていくしかないです。
持論、この停滞局面は、導入期の素材をトコトン攻めるのが得策。 じゃなきゃ、新しい市場は生まれない。

また、だからといって、こういったランキングには決して現れないですが、弊社のクリニック系顧客などは、元気が良い。決して量は多くないけど、コンスタントにリピート発注してくれるクリニックが増えてきています。
新しい市場が創出されつつあります。
こういった部分を手堅く積み重ねないといけないのかな?とも思います。まぁ、私が最も得意な分野ですしね。

やっぱり、新しい市場の創出というのが、今後の鍵になってくるのかな・・・。
まぁ、私もコツコツ頑張りますので、頑張っていきましょう!続きを読む

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年6月

今月も、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。
危うく忘れるところでした・・・。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 酵素
5位 ヒアルロン酸→
6位 DHA
7位 葛花 
8位 カルシウム
9位 アスタキサンチン
10位 ビタミンE


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回は、コメントが非常にしにくいです・・・。
変動があまりにもなさすぎます。
上位10位に限らず、11~30位も大きく変わっていません!

あえて言うなら、グルコサミンの落ち方が止まらないこと。また、全体的なアクセス数、特に上位素材のアクセス数は、ここ数ヶ月の数より大きな数字が出ています。これは、製品別アクセスランキング(通算)を加えるなど、原料受託バンクさんの努力の賜物だと思います。

そもそも、市場では、商品開発が活発になっているか?
先月は、迷いの月だったのかな?
と感じています。
案件の傾向として、水素→妊活→ファスティングという流れはあるものの、全体的には低迷していたように感じられます。この流れの中でも、水素は急に静かになり、妊活はダラダラ、ファスティングはポツポツという感じです。

ちなみに、水素の市場が、思ったほどパッとしない理由、おそらく、それは、原料メーカーさんが自社商品の販売を積極的に行っていることが多く、原料流通が活発化しにくい状況があるのでは?と考えております。

そう言えば、こういった私が現場で感じてる流れは、全くランキングに反映されてませんね。
これは、意外でした。
まぁ、バストアップ、薄毛、体臭などのネットでは人気のニッチなお悩み系ニーズの原料もアクセスが上がってない傾向もありますね。
これは、この原料受託バンクの閲覧者層を反映しているのでしょうね!

こういった悩み系商材の商品を作ろうとされるEC系の会社さんは、自分たちで原料を探したり吟味したりされません。競合のLPなどからしか情報を取られようとしません。そういった特性も関係しているのでしょう。

ちなみに、弊社の原料売上は、新規採用が相次ぎました。
4~5月の案件が受注という形で現れた感じでした。

素材別に売上数字を見ていると、SCPコンプレックスLS(非変性Ⅱ型コラーゲン&非変性プロテオグリカン)と懐山芋抽出物が好調です。
SPCコンプレックスLSは、コラーゲンとプロテオグリカンの両方に分類されています。まぁ、ランキングに表れていると言えば、きちんと表れているようです。
ちょうど、HPLC法でのプロテオグリカンの定量も目処が付いてきたところなので、今後が楽しみです。(ちなみに、我々の原料は120万Daと高分子なので定量ができますが、42万Daくらいのものは、どうやって分析しているんだろう?と疑問が深まりつつあります。その分子帯の夾雑物は、絶対に除けないはず・・・。)

一方、懐山芋抽出物は、全くと言って良いほどランキングに表れていないです。ただし、既存顧客からの問い合わせは、非常に多いという現状を分析すると、競合が少ないため、山芋(ジオスゲニン)=弊社というイメージが定着しつつあるのかもしれません。

葛花抽出物は、弊社もちゃっかり問い合わせが増えています。基本、ほとんどが美容と滋養強壮(女性向け)用途です。美容面での住み分けが上手くでき始めています。
売れている日焼け防止の用途では体感があるのかわかりませんが、美容面では体感があるようで、体感によるリピート演出素材として利用されるケースが増えてきています。

弊社の傾向とランキングの傾向は、一致している部分もありますが、必ずしも一致していないです。
面白いものです。

ん〜、今月は、多少動きがあると思います。そう期待したいです!続きを読む

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年5月

今月も、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。
今回は、面白い変化がありましたね。

1位 乳酸菌
2位 コラーゲン
3位 プラセンタ
4位 酵素
5位 ヒアルロン酸
6位 葛花 ☆
7位 カルシウム
8位 DHA
9位 アスタキサンチン
10位 カテキン


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

まず、基本的に、成熟期の素材が上位を占め、その中で変動している傾向は、大きく変わらないようです。
そして、10以内では葛花が入ってきました。
東洋新薬さんが、これだけ機能性表示食品の申請・受理をなされていて、原料受託バンク内で広告活動も行っておられるので、当然と言えば当然です。

一方、一般消費者の目線で考えると、葛花は、まだまだ知名度が低いというのが現状だと思います。そこは、機能性表示食品ありきで市場投入される特徴の1つなのかもしれません。
さてさて、どのように市場が形成されていくか、今後に注目です。

ちなみに、偶然、(昨日に記事を書いて)今朝に記事を投稿してしまったのですが、葛花は、日焼け防止サプリの1素材としてもニーズが高まっています。面白いものです。

乳酸菌などプロバイオティクス市場は、日本に限らず、アメリカでも好調です。
そういった高いポテンシャルを持った素材なんでしょうね。
ただし、日本とアメリカのプロバイオティクス市場は、明らかに違います。各々が別の方向で進んでいます。

まず、アメリカは生菌がほとんどですが、日本は、死菌のものも幅広く流通しています。
そして、日本の生菌原料は、医薬品用途で開発されたものも多く、耐酸性が多いのが特徴だったりします。そのため、アメリカの生菌商品は、大量の生菌で洗い流すというコンセプトが強く、日本の生菌商品は、少しの量でも効率的に定着させるというコンセプトが強いという、働かせ方のコンセプトの違いがあります。

死菌のプロバイオティクス原料は、今のところ、日本独自です。
まだまだ、アメリカでは、死菌による免疫寛容という概念が浸透していないです。
そして、日本は、ラインの汚染面などから、死菌が活発的に採用されています。生菌でも、ラインを汚染しにくい有胞子性乳酸菌が採用されやすいです。今後も、この傾向は続いていくと思います。

さて、11位以下のランキングでは、機能性表示食品のキーワード検索の影響がかなり出たことがわかります。漠然として見ていたら、特に目立った感じがないのですが、機能性表示のキーワード検索で出て来る素材と比較すると、その影響が良く見えてきます。
まぁ、機能性表示食品の注目の高さを示していると思います。各社さん、かなり意識が高まっているようにも感じられます。

今回、このランキングは、検索ツールや広告活動などでも影響が顕著に出ることがわかりました。また、以前は、TV番組も影響が出ることが分かっています。
昨日も、ちょうど記事で紹介したのですが、今、山芋の注目度が極端に上がっています。麦とろに入っている懐山芋は、検索をかけると、原料受託バンクさんも上位に検索されますからね。
さてさて、来月、どのような影響を示すかが楽しみです。

原料受託バンクの原材料ランキングから見えるもの2016年4月

今月も、恒例の原料受託バンクの原料受託バンクのランキング解説です。

1位 乳酸菌
2位 酵素
3位 コラーゲン
4位 プラセンタ
5位 ヒアルロン酸
6位 カテキン
7位 カルシウム
8位 アスタキサンチン
9位 高麗人参
10位 ウコン:秋


>>先月のランキング
※これ↑は、意外に使えて、毎月のトップ10を遡りながらチェックできるんです。

今回の10位以内のランキングは、変化がありつつも、読みにくい結果となっております。ん~、11位以下でも同様な結果です。

まず、コラーゲンの再陥落は、1つの大きなトピックです。
まあ、アクセス数を見てみると、他に埋もれた訳ではなさそうです。トップにランキングされてた時より、200近くアクセスを落としています。
ニーズが低下しつつあると考えられます。

コラーゲンは、2つのニーズを併せ持っています。1つがⅠ型の美容ニーズ、もう一つがⅡ型の関節ニーズ。
まず、美容のコラーゲン市場は、かなり成熟し切った市場です。これからの新商品のメイン素材に採用しても、余程の差別化ポイントがなければ、なかなか勝てないでしょう。美容としてのニーズは、年々、落ちているでしょう。
次に、関節のニーズは、まだまだそれなりのニーズを保っている(市場規模はやや増と言えるでしょう。
でも、(実は商品の売れ行きは季節性がないのですが)商品開発に季節性が存在し、各社さんは7~9月に商品開発を行われる傾向が強いので、この季節はアクセスされにくいでしょう。
そういった要素が重なり合い、今回のような結果が示されたのでしょう。
今後の予想ですが、今後も徐々に落ちつつ、5~12位を行き来するように思えます。

変化が読みにくいと申しましたが、変化が読みにくい理由は、明らかです。このランキングは日本市場のニーズと中国市場のニーズの両方が反映されてしまうためです。
例えば、乳酸菌がトップになっている理由も、中国市場が影響していると考えています。

中国市場は、次に乳酸菌を中心とした免疫系素材を注目しています。
これは、酵素のような瞬間的なブームでなく、ロングスパンでのブームとなりうるでしょう。その流れは、14位フコイダンと19位 βグルカンが裏付けています。

中国では、近年、抗生物質の乱用が問題になりつつあります。富裕層/知識者層のサプリメント利用者は、抗生物質を頼らず、免疫を高く保つことで健康維持するという流れがあるのです。

かつ、この傾向は、中国での関税アップの影響もあり、日本製のOEM商品から原料での仕入れにシフトし始めています。

次に、高麗人参とウコン:秋のランクインは、理由がわかりにくいです。日本の市場には、もともとニーズがある素材ですが、ここに来て急に伸びるものではありません。
弊社も、ジンセンベリーとしてオタネ人参果実原料を取り扱っていますが、大きな変化はありませんでした。基本、高麗人参(主に白参)の製造は中国で行われています。中国での動きにも感じられないですし、日本でも目立った市場の動きが感じられません。

11位以下では、葛花やショウガのランキングが気になるくらいです。
葛花は、地味に市場が伸びていると思います。こんな良い素材で、市場が未だ形成されていない穴の素材はないですからね。弊社でも、美容サプリの副材の1つとして採用が相次いています。
ショウガは、酢ショウガなど、テレビ番組の影響でしょう。やっぱり、テレビの影響は大きいです。

また、いくつかの素材の動きを総合的に見ていると、機能性表示食品への注目度の高まりが見えてきます。
様子見だった企業さんも、いよいよ動き出すでしょう。今年の後半~来年にかけて、本格化し、少し盛り上がりを見せると予測しております。
それまでには、弊社も、着実に備えないとなぁと思います。

市場は、少しづつですが、常に変動しています。
今後も、こういった流れを的確に読んでいき、お客さまへの最良なサービス提供へとつなげれればと思っております。
がんばります!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
記事検索
著書
レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ