支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

メディア紹介

葛花:“バストアップ”うたう食品で健康被害に対する見解

今程、以下のような報道がありました。

“バストアップ”うたう食品で健康被害
 国民生活センターは13日、バストアップなどの美容目的で販売されている「プエラリア・ミリフィカ」という植物を含んだ健康食品の摂取後、健康被害が相次いでいるとして注意を呼びかけた。
 国民生活センターによると、「プエラリア・ミリフィカ」は植物で、女性ホルモンの1つと同じような作用を持つ成分が含まれているとされている。
 バストアップやスタイルアップなど美容目的の健康食品として販売されていて、今年4月までの5年余りで209件の健康被害の届け出があったという。半数は10代20代の若い女性からで、月経不順や不正出血、乳房の異常など女性特有の健康被害が多くみられたという。
 国民生活センターでは、安易な摂取をひかえるとともに、摂取後、異常を感じた場合は医療機関を受診するよう勧めている。


弊社の原料:美活花80は、葛(プエラリア・ロバータ)花の抽出物です。
この度、問題となっているプエラリア・ミリフィカとは種が異なるだけでなく、(根に含まれる)プエラリンを含まない花の抽出物です。
また、葛花抽出物の主たるイソフラボンであるカッカライドには、強い女性ホルモン様作用がございません。

ご安心ください!

参考:
イソフラボンの一斉分析で、葛花にプエラリンが含まれないことを示した論文
Simultaneous analysis of isoflavones and saponins in Pueraria flowers using HPLC coupled to an evaporative light scattering detector and isolation of a new isoflavone diglucoside., J Nat Med. 2010 64(3):313-20.
葛花イソフラボンに女性ホルモン様作用が無いと述べられている論文
腸内細菌による配糖体の加水分解と代謝活性化

本原料は、時折、バストアップ商品にもWプエラリア原料として採用されていました。また、弊社では、プエラリア・ミリフィカ根(プエラリン)の女性ホルモン様作用も把握しておりましたので、これまで、安全面を重視して、葛(プエラリア・ロバータ)花抽出物も配合することを推奨しておりました。

一方、カッカライドアは、プエラリンほど女性ホルモン様作用は強くないですが、作用がマイルドなだけで、女性ホルモン様作用が全く無い訳ではないとも考えております。
また、プエラリア・ミリフィカ(根)と組み合わせれば、当然、女性ホルモン様作用を注意する必要性が出てきます。
その点は、ご理解いただき、本原料を適切にご活用いただければと思います。
また、引き続き、相変わらぬ本原料のご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
<(_ _)>

@Pressでプレスリリース、その結果は?

20万人の総訪問者数を金曜日にプレスリリースを出した結果について、今程、@Pressから報告がありました。

WEB掲載数:28

まぁ、朝日新聞デジタルや財経新聞など、ぼちぼちのメディアにも取り上げられたので、費用対効果としては、悪くなかったかな・・・。

SEO効果も出始め、問い合わせも増えている。ブログにでなく、弊社のWebページへSEO効果が働いている感じがします。
この効果は、今週中くらいは続くのかな?という感じです。

レスベラトロールの水に見る市場動向

わかさ生活さんの「レスベラトロールの水」のCMが頻繁に流れてますね。
正直、やられた〜と思いました。



結構、原料顧客に対してレスベラトロールのノンアルコールドリンクを提案してたので、先越されました。

一方、うちは、赤ワインエキス末や黒ぶどう発酵エキス末で原材料され、発酵ポリフェノールも特徴なので、差別化ポイントを明確にしていければ、もしかすると、ピンチこそチャンスで、市場が温まった時の商品供給になりえます。

うちは、1日400mg(レスベラトロールとして20mg、OPCとして160mg)で機能性表示食品にもトライしていくつもりですし、差別化ポイントは、増やしていける可能性もあります。

諦めずに、提案していかなきゃな!

市場は、一般食品に近い機能性食品へとシフトしているんだよなぁ。

聖徳学園が実践している知能アップのドリル

昨日、古舘さんの番組フルタチさんで、IQ130以上の子供達が通う聖徳学園が紹介されてました。
ああいった勉強法は、大事なんなだろうなぁと思いました。

紹介された積み木パズルやモザイクパズルは、残念ながら見つかりませんでした。

一方、以下のような聖徳学園の前校長の本は見つかりました。

 

ちなみに、対象は、2年生までのようです。
でも、国語の方が届き内容を見てみても、また以下の表を見ても、4年生までは十分に使えるなぁと思いました。
ひとまず、子供達にやらせてみようと思います。

image

健康カプセル!ゲンキの時間(2016年11月20日)赤ワイン

ボージョレ・ヌーヴォーが解禁に伴い、健康カプセル!ゲンキの時間(2016年11月20日)赤ワインの健康効果が紹介されたようですね。
レスベラトロールだけでなく、熟成と重合ポリフェノール(;OPC)の話もなさたようですね。

インターネット上でも、多少盛り上がっているようです。
>> 元気カプセル 赤ワイン で検索

なんとなく、問い合わせが多かったはずです。

ちなみに、ちょうど弊社でも赤ワインエキス末のヒト臨床試験を論文化中です。
今回、その論文と合わせて、紹介できればよかったんですけどね・・・。

Vendanges 2011 - 7

機能性表示食品もち麦の大麦βグルカンでダイエット

情報番組で、もち麦ダイエットが紹介されたようですね。

その原因、腸にあり!
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/160329sonogenin/

その話題を聞き、大塚製薬さんの機能性表示食品のと関係が頭に浮かびました♪
でも、もち麦の大麦βグルカンは体に良いですし、ここ最近の雑穀ブームの流れにも乗ってます。今、私も雑穀の商品を作ってます!良い流れですね。

大塚製薬さんの大麦βグルカンのページ
https://www.otsuka.co.jp/oms/sp/library/glucan.html

大麦βグルカン研究室
http://www.mugi-lab.info


ポイントは、もち麦の機能性表示食品(SRを用いて)が発売されていくような時代が来るかだと思います。
こういった制度にならないと、機能性表示食品の制度は意味がないのではないでしょうか?
何れにしろ、今後の良い流れに期待したいものです。

生姜より乾姜ショウガオールで体温を上げ免疫アップ

先日土曜日、情報番組(サタデープラス)でも「蒸ししょうが」で体温を上げて免疫(NK細胞)アップすると紹介されていましたが、的を得た健康法だなあと思っておりました。
あそこまでしっかりとNK細胞の数に変化が現れるのですね。

蒸ししょうがの作り方:
できるだけ薄くスライスされた生姜をオーブン(100℃の条件)で一時間加熱。乾燥した生姜をミキサーなどで粉末化。

古来より、漢方の世界では、ショウガを様々な漢方薬に利用しています。ショウガは、生のショウガである生姜(ショウキョウ)と加熱乾燥されたショウガである乾姜(カンキョウ)が用途に応じて使用されています。
理由は、この2つのショウガでは、主な有効成分が異なるためです。

生のショウガ(生姜)には、ジンゲロールという成分が中心です。一方、乾燥されたショウガ(乾姜)には、ショウガオールが中心です。この二つの有効成分は、機能性も異なります。

生のショウガに多く含まれるジンゲロールは、主に血流を良くするので、体の末端部分を温めます。体の深部にある熱を移動するだけで熱が作られないので、一時的な発汗はありますが、低体温や冷え性の根本的な改善にはつながりにくいようです。
ジンゲロールは、温め効果より、殺菌効果の方が大事であり、寿司のガリなどは、生姜ジンゲロールの殺菌作用を利用したものなのです。

一方、加熱乾燥されたショウガ(乾姜)に多く含まれるショウガオールは、体の深部に熱を作り出して身体を温める効果があります。したがって、低体温や冷え性の根本的改善には良いのです。

まあ、ジンゲロールもショウガオールも、両方同時に摂った方が良いです。まあ、生姜にも乾姜にも、比率が異なるだけで両成分が含まれているため、必然的に両方の成分を摂取できます。

健康食品でも、このショウガがよく利用されます。私も、ショウガは、カンゾウ(リコリス)・山芋(山薬)葛花・桂皮(シナモン)などと共によく利用する漢方素材の1つです。
でも、ジンゲロールが規格化された原料が多く、ショウガオール中心の原料がない。何か理由があるのかな?

何れにしても、低体温は、良いことがないです。
低体温解消のためにも、このショウガの力を上手く利用したいですね!

ドラマや情報番組と連動するスポーツブランドの戦略

最近、ドラマや情報番組の中で、スポーツブランドを身にまとったタレントさんが目につきます。今のトレンドなのでしょう。

サイレーンの菜々緒さんとミズノ(嵐にしやがれでも)
家族ノカタチの中村アンさんとリーボック

家族ノカタチでは、香取慎吾さんのアンダーアーマーのトレーニングウェアーなどが市場で話題になっていたりもします。
また、榮倉奈々さんをアンバサダーとして情報番組にも取り上げられたりもしています。そのうちCMでも頻繁に見れるようになるのかな?


やっぱり、旬でかっこいいタレントさんが着ると、市場が動き、売り上げも伸びるんでしょうね。

ちなみに、今日の朝は情報番組で、リーボックのコア体力を強化するフィットネス(運動)プログラム:クロスフィットの紹介を中村アンさんが行っていました。

運動強度が高めのトレーニングプログラムです。アディダスは、一般フィットネス市場ですが、アディダス傘下のリーボックは、住み分けして、少しコアな層を狙うんでしょうね。HALEOさんと組んでいるところが物語っています。

さらに、リーボックのグローバルアンバサダーは、ミランダ・カーさんですし、本格的に日本市場を狙いに来ています。
参考情報サイト:http://retoys.net/partyreport/20292/
東京オリンピックも見据えてだと思います。
まあ、アンダーアーマーはアンダーアーマーで本社を有明に移していたり、水面下で動いているブランドもあります。
このトレーニング市場動向に目が離せないです。

少なからず、サプリメント市場にも良い影響が出るでしょうからね。

あと、華やかさはありませんが、地味にアシックスが頑張っています。私は、個人的にアシックスにも頑張ってもらいたいなぁと思っています。

今年の春はスーパーフード:シナモンでダイエット!?

昨晩は、テレビ番組(林先生が驚く初耳学!)で竹内結子さんが紹介してましたが、シナモンは、様々な機能を持つ食品です。
漢方にも桂皮として利用されますし、西洋ハーブとしてもよく知られています。
私は、カンゾウ(甘草/リコリス)と共に、サプリの基材として利用することが多い素材の1つでもあります。紹介されていた2、3日に1~3g程度の推奨摂取量であれば、簡単に摂取できてしまう量です。

まあ、まさに、シナモンもスーパーフードと言えばスーパーフードですね。
乾燥以外加工されていませんので、スーパーフードに区分しやすいです。

私が注目しているシナモンの効果は、

ダイエット効果

冷え性改善(温め)効果

です。美容効果は、あって当然ですが、イメージがピンとこないので、それほど注目していません。
シナモン/桂皮は、漢方では「温」の温寒に区分されます。体を温める素材です。紅茶やコーヒーなどホットドリンクに入れられ、温まるイメージが強い素材ですが、実は、素材地震に体を温める効果があるのです。

また、意外なのは、ダイエット効果。実は、シナモンには、痩せる(水溶性)ポリフェノールが含まれており、そのポリフェノールが糖の吸収を抑えてダイエット効果をもたらします。インスリンの分泌も抑えるようです。なので、糖尿病にも良い素材でもあります。
ちなみに、日本人は、こういった短絡的なダイエット効果の方が好むような感じがします。

まあ、シナモンの独特な香りは、好き嫌いが分かれる素材ですが、是非、このシナモンの効果を上手く利用したいものです。
何にしろ、今年の春先は、シナモンに注目です!

通販支援サイトDirecta(ディレクタ)で掲載

通販会社・EC事業者のビジネス成功に役立つ資料ダウンロードサイトDirecta(ディレクタ)に弊社のホワイトペーパーが掲載され始めました。

健康食品通販における販売重視型商品開発の正しい考え方と進め方
http://directa.marke-media.net/tieup/3475/


是非、参考にさていただければ幸いです。

ホンマでっか!?TV :レスベラトロールで細胞のがん化抑制

昨晩、食事しながらホンマでっか!?TV(フジテレビ) を見ていたら、赤ワインのレスベラトロールが細胞のがん化抑制すると紹介されていました。

image

お決まりで、赤ワインを飲もう!となるのですが・・・

赤ワイン愛好家の川島さんが先日亡くなったばかりなので、ちゃんと、飲み過ぎは、逆にガン発症率も死亡率も上がると、伝えないとダメなのになぁと思いました。

ワイン摂取と死亡リスク

赤ワインは、アルコールの害というものがあります。

また、レスベラトロールも摂取量で効果が変わることがわかっており、近年、低用量のレスベラトロール+他のポリフェノールの方が良いデータが出ています。
こういった成分も、摂り過ぎは良くないんです。適量が大事なのです。

レスベラトロールがアルツハイマーに効果を示す

ここ最近、赤ワインエキス(レスベラトロール)の問い合わせが多いと思ったら、どうやら、メディアに取り上げられたようです。

取り上げたのはCNNで、アルツハイマー病患者を対象にしたレスベラトロールの新たな臨床試験が行われ、効果が示されたようです。
これが、Yahooニュースなどで取り上げられ、再度、注目されているようです。

レスベラトロールは、過去にも、記憶力の改善について報告がなされています。

Effects of Resveratrol on Memory Performance, Hippocampal Functional Connectivity, and Glucose Metabolism in Healthy Older Adults
J Neurosci. 2014 Jun 4;34(23):7862-70

健常人で実施されている試験でしたので、以前、機能性表示にも活用できるかな?とSRの検討も行ったのですが、1日300mgと非常に摂取量が多いため、記憶力の改善での機能性表示は断念しました。

今回の臨床試験は、この試験の追随したものかもしれませんね。
いずれにしても、レスベラトロールは、アルツハイマー病の原因物質(アミロイドβ)を分解促進する報告(in vitro)もなされておりましたので、それがヒトで検証されたようです。

ワインを飲んでいる人の認知症発症率は飲まない人の1/4であるという「第二のフレンチパラドックス」
を検証した研究でもあるのでしょう。

発表された論文の原文です。
A randomized, double-blind, placebo-controlled trial of resveratrol for Alzheimer disease.

摂取量はレスベラトロール500mg/日と、記憶力の改善データよりさらに多く、現実的に摂取するのは厳しいかもしれません。これだけ多いと、副作用も出かねません。でも、この結果を見た切実の方々は、トライされるのだろうなぁと思いました。
予防効果というのは、示しにくいものですが、個人的には、ここまで大量摂取して改善しなくても、少しづつでも摂取してアルツハイマー病を予防できることが望ましいと考えます。

いずれにしても、レスベラトロール、次は、認知症対策で再注目されるのかな・・・。

------------------------------------
CNN記事:アルツハイマー患者に朗報か、実験薬が効果示す 米研究
-----
(CNN) 米ジョージタウン大学などの研究チームがこのほど、アルツハイマー病患者を対象とした臨床試験で、抗酸化物質のレスベラトロールを凝縮した実験薬について、病状の進行を遅らせる可能性を示す結果が出たとの論文を学会誌に発表した。レスベラトロールはブドウやチョコレート、赤ワインなどに含まれることで知られる。同物質を凝縮した実験薬がアルツハイマー患者に用いられるのは初めて。

今回の臨床試験は、高濃度のレスベラトロールを凝縮した実験薬の安全性と効果を検証する目的で全米21の医療機関の研究者が実施。アルツハイマー病の患者119人に、赤ワインのボトル1000本分に匹敵する量のレスベラトロールを含む実験薬と、偽薬を服用してもらった。

その結果、1年間にわたって実験薬を1日4錠服用した患者は、偽薬を服用した患者に比べて、髄液に含まれるアミロイドベータタンパク質の値が高くなることが分かった。

アルツハイマー病の患者は脳内にアミロイドベータタンパク質が蓄積する一方で、脳以外の部位では同タンパク質の値が低下する。今回の結果は、このバランスを変えさせて、脳に蓄積した同タンパク質を体内に循環させる作用がレスベラトロールにある可能性をうかがわせている。

一方、やや懸念すべき結果として、実験薬を服用した患者は体重が1年間で約0.9キロ減ったのに対し、偽薬を服用した患者は約0.45キロ増えた。

また、レスベラトロールを服用した患者の脳内のアミロイドベータタンパク質の値が低下したかどうか、認知機能の低下を抑える効果があったかどうかについては判断できなかった。ただ、歯磨きなどの日常行動を忘れずに行う能力がやや改善するなど、認知力の向上をうかがわせる兆候も見られたという。

研究チームは今回の実験で有望な結果が出たと判断し、規模を拡大して次の段階となる第3相の臨床試験を早ければ1年以内に開始する意向。

今後の試験でレスベラトロール薬の効果が確認されれば、現在使われている医薬品や食事療法、運動療法、社会療法などと組み合わせ、アルツハイマー病の急激な進行を遅らせる一助になるかもしれないと研究チームは期待を寄せている。

研究結果は11日刊行の神経学会誌に発表された。
------------------------------------
出典:CNN.co.jp
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ