支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

お知らせ

気がついたら25万アクセス!感謝!

昨日、総アクセス数を見たら、25万を超えていた。
多分、一昨日の夜にでも超えていたのだろう・・・。
計算すると約7年、100/日のアクセス。最初の頃に比べると、随分、アクセスも増えています。

こんなニッチなブログに集まっていただき、感謝です!

このブログの取り柄、とにかく書き続けていること。
そして、内容が多岐にわたっていること。
コンサル料もかからず、その時々に合ったノウハウが得られます。どんどん活用していただければと思っております。

これからも書き続けていきますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
このペースでいくと、GW前には30万を超えるのかな・・・。

原料情報の追加

午前中は、弊社サイトのメンテナンスをしておりました。
以下の原料について、情報を追加させていただきました。

赤ワインエキス末
懐山芋抽出物:ジオパワー15
野葛(花)抽出物:美活花80
鮭鼻軟骨抽出物:SCPコンプレックスLS

● 追加情報 ●
在庫状況
目安納期
区分:食品 or 食品添加物
キャリア:デキストリンなどの使用
アレルゲン
遺伝子組み換え
BSE
最終商品における原材料名

弊社では、お客様が少しでも安心して原料を使用していただけるよう、原料の情報開示を行っております。
どの原料も(特にジオパワー15)、大手企業様での採用が続いております。
是非、弊社原料をご活用いただければと思います。

弊社サイトの変更点と顧客問い合せの変化

この度(先週)、大きな変更として、サイドバナーに製造品目、対応パッケージ、製造の流れのバナーを設置しました。
また、ついでに、OEMマニュアルとFAQのバナーをその下に移動しました。

ちなみに、その他にも、深い階層で以下のページを増やしたりもし、企業認証SSLに対応させたりもしております。

販路・ライフサイクル別の適正価格と適正原価率
予算500万円未満のEC入門マニュアル

基本的に、ブログから弊社サイトの導線を強化すると共に、弊社サイトのユーザービリティも良くしました!
なんとなく、見込み顧客からの弊社サイトアクセスが増えたような感じがします。それによって、問い合わせ状況も変化しました。

まず、問い合わせは確実に増えました!特に電話で。
とてもありがたこと。
一方、サイトの詳細をあまり読まれずに問い合わせが行われている傾向が強くなりました。 頓珍漢な変な電話も多かったです・・・セグメントが効いていない・・・。
せっかく、WebページのトップページからOEM案内への導線を強化したのに・・・。

基本的に、電話での問い合わせの顧客は、マーケティングプランが立っていない顧客が比較的多いため、成約率も低めです。
そもそもWebページの内容も読んでいただいてないので、最小ロットの条件が合わなかったり、OEM自身を全く理解されていないケースが多いです。
それでも、なんとか商品化までこぎつけられる会社さんもいらっしゃいますから、面白いものです。

近年、弊社でメイン原料に設定した場合、比較的成約率が高い原料は、以下の通りです。

赤ワインエキス末(レスベラトロール)
山芋抽出物(ジオスゲニン)
アルギニン
シトルリン
オルニチン

HMB※現在、安い原料は品薄中。

赤ワインや山芋は、弊社が原料メーカーだから当然。
アルギニン、シトルリンやオルニチン+グルタミンは、高配合品が多く、コストメリットを出しているからでしょう。
HMB、シトルリンやオルニチンは、錠剤が多く、賦形剤を比較的少な目の設計で供給できているからでしょう。

もちろん、これらの素材は、問い合わせも多い素材です。
先週は、本日発売される大手さんの新商品の影響で、山芋抽出物の問い合わせは、やっぱり多かったです。プレスリリースで発表されたからでしょう。
こういった時は、他の大手さんもこっそり採用を検討され始めるので、もっと市場が活発化すればよいなぁと願っています。

あと、そもそも、アミノ酸やHMBの案件は、SEOの観点から、私のボクシングシューズやコンプレッションタイツの記事に引っ張られているんでしょう。

検索アルゴリズムとは、面白いものです。
少しの変化でいろいろな影響が生じてきます。
毎回、こういったことを読み解くことで、集客へとつなげています。
これからも頑張らなくちゃ!!

販路・ライフサイクル別の適正価格と適正原価率

戦略上、極めて重要なポイントであり、多くの顧客が迷われるのは、プライシングです。
ここを失敗すると、商品が全く売れないことも多々あります。

参考までに、弊社サイトにまとめてみました。

販路・ライフサイクル別の適正価格と適正原価率

是非、参考にしていただければ幸いです。
私が価格をアドバイスする場合、このページの内容がベースになっています。

なお、ページの最後にも書かせていただいておるのですが、厳しい見方で、かつ中立な立場で設定させていただいております。
近年は、数のクリエイティブより量のクリエイティブが重要視される広告規制に変化してきています。要するに、低原価のゴミ商品は淘汰されていきます。そういった状況下では、上記ページのようになるだろうと考えております。

新原料 大豆由来フェリチン鉄:まめ鉄の商標

弊社がアジアにおける独占販売権を取得している新原料である大豆由来フェリチン鉄の商標が取得できました。
可愛らしく「まめ鉄」という名前です。

カリフォルニア大学発で、フリーラジカルを発生しない体に優しい鉄素材です。

今から、その取材を受けます。

image

予算500万円未満のEC入門マニュアル

現在、コンサルは受けていないのですが、コンサルの依頼は毎月届きます。
そのほとんど低予算のケースです。
商品を作ったら予算が無くなってしまうというケースもあります。

一方、近年、EC市場も成熟してきているので、インターネット集客やECのことを熟知していないと、それなりに予算を持っていたとしても、なかなか成功しません。特に、サプリメントの販売は、近年、関連法規の締め付けがキツくなってきていますので、どこの会社も苦労されています。

強行して商品を作ったほとんどの方は、結局、何かを売れない理由にして、商品のほとんどを廃棄してしまう結果に至っています。
最悪、LPを作る段階まで辿り着かなかったという事例もありました。

私は、顧客にリスクを取らせて危ない橋を渡らせることを好まないので、はっきり、参入を止めた方が良いと言ってしまいます。それは、勝ち目のない勝負はすべきではないという私自身の考え方から来るんだと思います。

でも、どうしてもトライしたいと強い気持ちを示される方には、決まった対応をさせていただいております。それが、今回、紹介させていただく内容です。

弊社サイトの以下のページにまとめてありますので、是非、参考にしていたたければと思います。

> 予算500万円未満のEC入門マニュアル

何も知らずして、いきなり始められるのは、自殺行為です。しっかり、現場で勉強してから事業を始めるべきなのです。

だからと言って、やっとでも低予算なのにコンサル料を払っていると、事業展開は、さらに苦しくなるだけです。なので、自分で勉強することを進めております。

また、コンサルを依頼される方(もしくはコンサルさんに騙されて弊社に辿り着く方)の特徴として、他力本願の方が多いです。他力本願では、どんな事業も成功しません。自分自身で切り開く力が絶対に必要です。
その点も学んでもらえればという気持ちも組み込まれております。

なお、今回は、ECだけの展開されるケースのページです。
これが店舗連動となってくると、アフィリエイトの最低目標は必要なくなり、SNS活用の重要度も高まってくるでしょう。
こちらは、過去に何度か講演活動を行っていた内容なのですが、時間ができたら、新たにページを作成してご紹介したいと思います。

アンチエイジング・プロのWebサイトの拡充

昨日は、マーケティングサイドの記事だったためか、そこそこのアクセス数を集めましたが、今週後半は、展示会の影響でアクセスが少なそうだったので、こういう時とばかり、弊社サイトの拡充を行いました。

A2ProのOEM
- 受託製造品目
- 対応パッケージ
- 受託製造の流れ
※近日中に、サイドバナーも設置される予定です。

機能性表示食品への対応

長かったOEMのページを4つに割ったのですが、1つ1つのページ内容は、拡充されています。
次は、カプセルの色やサイズについても、情報を追加していければと考えております。錠剤やカプセルのザイズと飲みやすさの関係って、意外に情報が無いんですよね・・・。

あと、トップページの文言も、少々変更しました。
メッセージ性の部分を変えました。

こういった作業に終わりはないです。
弊社のサイトも、コンテンツの1つとして、少しづつでも成長させていければと思います。

健康メディア向け情報提供ならびに監修医師の紹介のページ

健康メディア向け情報提供ならびに監修医師の紹介のページを弊社のページに作成いたしました。

https://a2-pro.com/media

メディアの方は、是非、参考にしていただければ幸いです。

健康メディア用コンテンツ提供や監修医師の紹介

健康食品の商品設計や販売のセオリーは、これ以上新しい情報を発信し続けるのは限界があるため、このブログで新しいことを始めることにしました。
常にチャレンジ!

その新しいこととは、健康メディア用のコンテンツ提供や監修医師(専門家)の紹介のサービス。

具体的には、このブログで、健康関係の記事(食材の成分の話や最新研究のネタなど)を紹介したいと思います。必ず、根拠となる引用文献も付けていきます。

★予定しているテーマ
アンチエイジング、がん予防、認知症予防、美容、ダイエット、薄毛対策、女性の健康など

一方、ただブログに情報があっても利用しにくいです。
そこで、私のネットワークで、予算に応じて監修してくださる医師をご紹介するサービスを行っていこうと思います。
予算的に足りない場合は、こちらからも要望を出して、調整するようなケースもあるかもしれませんが、医師毎に基本の最低取材費は設定していくつもりです。

昨今、WELQの問題が影響して、健康系の情報にも、根拠がしっかり求められるようになりました。加えて、医師の監修ニーズも高まっています。

以前より、紙媒体であったニーズなのですが、近年は、Webコンテンツが発達し、Web媒体でも求められるようになったニーズでもあります。
そういったニーズに対して、一応、博士でもある私が信頼できる情報を発信しつつ、それに監修医師(専門家)を付けて提供すれば、助かる人もたくさんいるだろういう発想です。
なお、私(弊社)は、一銭も利益は取りません。

また、私の記事をそのまま転用されたいというケースは、、事前に一報いただいてリンクを貼ってもらえれば、医師の監修費用はかかりませんので、無料でご活用いただけます。さらに、医師や専門家の方で、情報を転用するために文献を提供してもらいたいという要望があれば、提供も使用しようかなぁとも考えております。

ちなみに、メディアに限らず、通販の会報誌など、様々なご要望に対応できればと考えております。価格については、どうしても別枠になってしまいますが、臨機応変に対応していければと考えております。

まぁ、こういった私の新たな試みにお付き合いいただける会社さんがたくさん現れると良いなぁと思っています。

不在のお知らせ:ラスベガス出張

会社の休業ではなく、私個人の不在のお知らせです。

来週25日(月)の夜から30(土)日朝までアメリカ出張で、不在にします。
電話はつながらないこともないですが、つながりにくいと思います。メールは、全く問題ないです。

今回の目的は、ラスベガスで行われる Supply Side West(サプリメント素材の展示会)への訪問です。
米国の顧客やパートナーが出展するので、その視察です。
来月上市予定の新素材(弊社がアジア販売総代理店)の反響も見てこようと思います。
このブログで現地リポートさせていただきます。

もし、市場調査や探してもらいたい素材のご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。

日程からもわかるように、今回も弾丸の出張です。
月曜の23時に出発して土曜の5時に帰国。
さらに、個人的な予定ですが、土曜日は、長男長女の運動会。帰宅してもバタバタです。
こんな忙しい時が、人生で一番楽しいのだ!と自分に言い聞かせております。

からだにいいこと 2017年11月号:ジオスゲニン

お盆前に受けた取材の雑誌が届きました。
ジオスゲニンについてです。
表紙は、広末涼子さんです。


ん~、広末涼子と言えば、私の大学時代、ヤンジャンのグラビアに出ていた印象が強い。今じゃあ、37歳で3人の子持ち。時の流れは速いです・・・。

最近、雑誌のライターさんと仕事することが増えていますが、取材の同行中心で、取材を受けたのは久しぶりでした。

私は、先生にお払いいただく取材費次第ですが、仲介料なしで医師の先生をご紹介させていただいております。予算によって、適当な医師に振り分けさせていただいたりもしております。
特に、赤ワインのレスベラトロール、鮭鼻軟骨のプロテオグリカン、山芋のジオスゲニン、葛のカッカライド、大豆のフェリチン鉄など、弊社原料が絡むものは、大歓迎です。
最新の情報も一緒に提供させていただいております。
出版社の皆さまで、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お知らせ:鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更

この度は、鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更に関するお知らせとコメントです。

<変更内容>
SCPコンプレックス-LS: 非変性プロテオグリカン 30%以上 → 3%以上
プロテオグリカン-LS: 非変性プロテオグリカン 90%以上 → 9%以上
※分析方法: ガランボス法→HPLC法


詳細に関しては、以下の案内をご確認ください。
鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更に関するご案内

SCPコンプレックスLSのコスパは、さらに上がった感じです。
是非、多くのお客様にご活用いただけれと思います。

案内の文面にも書かれておる通り、コンドロイチン硫酸をプロテオグリカンとして販売する原料メーカーに限らず、HPLC法で分析するとプロテオグリカン含有量が規格値の半分に満たない原料などが現れ始めています。
社員にも結果を公開していないですが、ぶっちゃけ、3社4原料の定量分析は終わっています。

例えば、プロテオグリカンが規格値の半分の原料をガランボス法(グルクロン酸を定量するカルバゾール硫酸法の改良型)で分析すると、規格値通りになってきます。
HPLC法(標準品:コスモバイオ社 非変性プロテオグリカン)で分析すると、以下のようなピークが示され、半分がプロテオグリカン(17分のピーク、120万ダルトン)、半分がコンドロイチン硫酸(25分のピーク)であることがよくわかります。
HG100

少々お高いですが、100万ダルトンくらいの領域のGPCカラムと試薬があれば、原料の定量分析であれば、どこでも可能だと思います。
一方、大手さんでも騙されるケースが増えているので、健康食品業界がバカにされるのもわからんでもないなぁと思うこともあります。きちんと確認分析していないのでしょう。

まぁ、科学の力で検証されば、決して騙されん!ということですわぁ。

弊社としては、こういった含有量を偽った原料によって、プロテオグリカン市場にダメージがもたらされることが一番心配!

プロテオグリカンの業界がなかなか1つになれない諸事情もよく理解しています。
一方、その隙をついてくる会社さんも現れ始めているので、業界の規格基準をきちんと定めるべき時期に来ていると思います。

ついでに、裏話。
規格変更を余儀なくされた、もう一つの理由。
誇るべきことでプロテオグリカンLSの精製度が上がり、ガランボス法での分析値が常に104%前後を示すようになったため。
これじゃあ、試験成績書に分析値の実数が示せん・・・という問題が生じました。
おそらく、ガランボス法の係数は、4%程度ズレているのだと予測しています。HPLC法に比べると、分析精度が低いので仕方ないかなぁと思っています。
この原料は、HPLC法でも平均96%くらいの純度になってきています。ほぼ純品。リナイスさんの努力の賜物。

我々としては、淡々と、研究開発を重ね、より良い原料に育てていくだけです。
今後とも、本原料のご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ