支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

原料メーカーに求められるもの

続 健康食品製造事業のマーケティングと集客の極意

昨日の続きです。
次は、どうやって顧客を集めるかです。

今のご時世、情報発信するしかないと思います。
業界紙に広告するという手もありますが、費用対効果を考えると、原料受託バンクのようなインターネット媒体を利用するのも一手です。
その他にも、プレスリリースを発信したり、近年では、ブログやSNSを利用する方法も出てきています。

今の時代、業界紙に関しては、地方の企業や大手企業さんには有効。でも、なかなか動きが少ない顧客層でもあるので、EC系の通販会社さんなどは集めにくいです。まぁ、広告費用対効果や媒体の信用度というものも考えると、高頻度で広告する必要はないというのが私の意見。

原料受託バンクは、ひとまず、登録することが大事。
ただし、無料版では結果が出にくい。コラーゲンのように登録原料数が多い原料ほど埋もれやすいから。月1万円でも有料プランを選んだ方が賢いです。
原料の集客は、私の経験上、バナー広告を用いた方が良いと思います。
OEMの集客には、原料→OEMの導線を引かないと、集客にはつながらないと思います。

SNSの一つであるInstagramを利用して集客につなげるのであれば、写真や映像が常に発信できる環境が不可欠。粗原料の産地の様子や作物の育ち方、収穫などのイベントなど、上手く写真撮りして発信していくのが良いです。そして、それを自社サイトなどに埋め込めるともっと良いです。
SEOの観点からも、地味に効果が出る手法だと思います。
まぁ、原料メーカーの方が利用しやすいですが、OEM会社さんは、コンプライアンス上、利用しにくいでしょう。

ちなみに、リスティング広告は、費用対効果が合わないでしょう。
費用対効果を合わせて行くためには、クリック段階で何らかのセグメントが働くようにしなければならないです。

あと、弊社のように、商品設計理論や最新情報を発信していくのも1つの手です。
この手法の1つの特徴として、広告代理店やコンサルさんなどとアライアンスが組みやすい。パートナーがうちのスキーム(例:ホワイトペーパー)を宣伝して勝手に顧客を集めてくれる。まぁ、私が広告代理店の経験もあるから、アライアンスの組み方にコツがあるのだと考えています。ぶっちゃけ、弊社が一番歓迎しているパターンで、弊社には何人ものアライアンスパートナーがいます。
一方、この手法には、注意点というか外れてはいけない鉄則がいくつかあります。

・最終顧客に手数料を我々から分けてもらうことを明言する。
・コミッションは10%を超えない。※10%ジャストまで!
・顧客と我々のコミュニケーション


よくあるケースで、仲介者が利益を取り過ぎて、最終的にダメになることがあります。別の工場に相見積りを取ったり、別の仲介者を通して弊社から見積りを取ったりしてバレることが多いようです。まぁ、過去、コンサルさんが製造者と顧客からのダブル取りというケースも発覚して、大問題になったケースも見てきています。
最終顧客との信頼関係が重要なんだと思います。
また、我々のスキームで動かす訳ですから、我々が顧客対応しないと、絶対に上手く行かないです。トラブルの原因になるから、顧客とコミュニケーションが取れない場合は、案件をお断りしています。我々の役割、仲介者の役割というものがあります。

こういった集客活動は、短時間で結果が出ないものです。コツコツ努力の積み重ねでしかないと思います。
いろいろ工夫して、頑張ってみましょう!

健康食品製造事業のマーケティングと集客の極意

日々、何より最優先してOEM事業と原料事業の集客に力を注いでいる私ですが、行っていることは、ずっと同じです。本質は変化しません。
その重要ポイントを紹介です。

とにかく、優良顧客だけをたくさん集める。
※セグメントし、条件が合わない見込みが低い顧客は振り落とす。

まず、顧客からの問い合わせが無ければ、非効率な電話営業や飛び込み営業が必要になります。だからと言って、条件が合わない見込みが低い顧客ばかり集まっても、無駄な業務が増えるだけで、収益にはつながりません。
そういった点は、ドライに徹底しています。

結局、集客が的確に行われなければ、社員が暇したり無駄に苦労するだけ。
そこをマネージメントするのは、私の役目。

集めたい顧客を集める!

健康食品製造事業に限らず、集客の鉄則だと思います。

弊社のOEM事業の場合、原料事業という基盤があるから、営業効率重視で深追いしない営業ができるのでしょう。上手く回ると、正の循環を生みます。

どんな集客を行っても、本質は変わらないと思います。
近年は、どのように情報発信して、集客につなげつつ、そのセブメントも行っていけるかの情報マネージメントが重要になってきます。
まぁ、集客のノウハウになって来るんですが、広告活動がより効率的に働くよう情報発信の下地ができていることが大事になってきています。下地を作る具体的な施策に関しては、全くお金はかからないです。私がずっとやってきていることを組織として行うだけ。

まぁ、どんなに上手く集客できても、製品やサービスが悪ければ、案件の獲得率(コンバージョン率)はアップしません!
原料事業では、特に明確。
なので、以下のようなことを徹底します。

勝てる可能性の高い原料を仕入れ、売れるように育てる。
→選んでもらえる極意

ぶちゃけ、見せ方も大事です。だから、私は、必死でクリエイティブ開発を行います。
また、どんなにエビデンスが揃っていても、価格でしか選ばれなかったり、売りにくい素材はたくさん存在します。
だから、そこの目利きも大事になってきます。
市場には、必ず隙間も存在します。その隙間を見つけるのも大事なこと。
実は、ゼネラリストでないと見えないノウハウがあったりもする部分です。この目利き力は、誰にも負けない自信があります。

是非、皆様も参考にしていただければと思います。

ここ最近、ずっと睡眠時間が少ないです。
とても楽しい会でしたが、昨日も帰宅したら24時ジャスト。眠い・・・。
それでも、気合で頑張ります!

効率的な集客:コンバージョン率こそ集客の命

私は、どんな集客も、コンバージョン率が一番重要だと考えています。だから、原料事業でも、顧客のコンバージョン率が上がるクリエイティブ開発というものに力を入れています。
プロテオグリカンなんて、大学の権威や1g3000万円のクリエイティブだけでなく、生のクリエイティブを上手く組み込まないと、レスは取れません(;コンバージョン率が上がりません)。

実際、原料マーケティングでも同じようなことが言えます。私は、原料受託バンクのバナー広告で、いろいろと試しています。
バナーの内容を変更すると、問い合わせ数がリアルに変わってきます。
それは、表示回数が増えたのではなく、クリックして、その後、問い合わせを行うというコンバージョン率が上がるためです。

まぁ、バナーは、必ずしもキレイなものを作る必要がなく、顧客が興味を持つフックとなるキャッチをバナーに組み込んでクリックを促し、その後のサイトに顧客が求める情報を用意しておくだけ。
原料受託バンクは、クリック課金でないので、多少コンバージョン率が悪くなってもクリックを促すキャッチは強い方が良いです。

こういった仕組みを本当の意味で理解していれば、無駄な広告費を払う必要がなく、効率的な集客が可能になります。B to BでもB to Cでも、基本は同じ。

通常、広告会社さんは、クリック課金の広告だと、クリックを増やしたい。しかし、その後につながるランディングページのコンバージョン率を高めないと、広告主は無駄に広告費を払いつづけることになってしまいます。
頭の良い広告会社の営業マンは、コンバージョン率を高めないと、継続的に広告出稿してもらえないことを理解しているので、頑張ってコンバージョン率を高める提案をすると思います。

頭の悪い営業マンの例を、もう少し具体的な例を挙げて紹介すると・・・

胸の大きなキレイな女性のバナー広告でクリックを誘う。
  ↓
クリックして、期待と異なる内容で、即戻る。再びサイトを訪れることはない。
  ↓
たくさんクリックされるので広告会社は儲かる。
  ↓
でも、広告主は、クリック課金による広告費ばかり増えて、売上につながらない。
  ↓
広告主は、広告を止める。広告会社は売上もなくなる。

ここ最近、ある女性の写真素材が、いろいろなバナーに利用されている。主に、薄毛商材やビジネススクールなど、男性を誘導したいサイトのバナーに利用されています。
この女性の写真はクリック率が高いのなのでしょう。男性は、アホだから、一回くらいはクリックしてしまうと思う。

嘘だらけの健康食品業界新聞のコンプライアンス問題

今回は、某業界新聞を読んでいて感じたことを記事にしたいと思います。

まず、今のデジタル化のご時世、業界新聞の記事内容を信じている方は、どのくらいいるのだろうか?

私は、全く信じていない!
最近では、購読していても、目を通すこともほとんどなくなりました。
広告主の都合の良いようにしか作られておらず、真偽の確認すら行われていない。間違った記事でも平気で書く。過去、誤報道で弊社も非常に迷惑した。
この体質は、今でも変わらないようである。
時代も時代なので、訴訟を起こされてもおかしくないのではないかと思う。過去の弊社のケースでは、金額までは出ないが、明らかに損失があったと思う。もう少し、メディアとしてのコンプライアンスを問うべきだと思う。

上記のような点から、業界新聞の記事は、広告で作り上げられた記事であり、本当に有益な情報がほとんど存在しないと思う。
本当に面白い有益な情報より、広告主の記事を優先させてなければならいのだから。

まぁ、今の市場の体質として、本当に儲かっていれば、情報を流すより情報を制限した方が賢いという状況もある。なので、情報を流すということは、儲かっていない証拠であったりもすると思う。

だから、業界新聞に広告費としてお金を払うだけ無駄だと考えている。
業界紙に広告を打つなら、SEO効果も生じるインターネットのプレスリリースを打った方が効率が良いと思う。

一方、原料受託バンクのランキングや資料クリック数などは、まだまだ課題はあれど、市場の生の情報が提供されると思う。
ただし、生のままの情報なので、それを読み解く必要があり、提供される情報の処理能力も問われる。
現状、登録原料メーカーから有益な情報がもたらされるケースが少ないが、もっと質の高いニュース投稿が増えれば、メディアとしての質も高まるであろうと考えています。メディアを完成させるのも我々原料メーカーなのだろう。

まぁ、広告が取れず業界新聞の記者が苦しんでいるということは、読者も広告主も評価していないということであろう。年々、展示会の出展社数も減りつつあり、じり貧なのは間違えないと思う。社員も大変。

最後に、今回の本記事を書くきっかけとなった某業界紙のレスベラトロール特集、うちに来た記者さんは頑張っってくれたと思う。
社内でのしがらみもあっただろうし、あれだけの文面でも社名を入れてくれたことには感謝です。

新しい原料マーケティング手法の試み

今、こっそり、新しい原料マーケティングにチャレンジしています。
手法は2つ。
Webを利用した方法とアナログな方法。

Webを利用した方法は、別の素材でぼちぼち結果が出ているので、次の大型素材でも、チャレンジしてみたい。
導入期の素材には有効と考えています。ただし、エビデンスだけてなく、ストーリーや素材感も求められるでしょう。

もう1つの方法は、古い手法であり、これから手探りです。
まぁ、特に最初は目立たず、すぐには結果が出ないけど、ゆっくりと強い効果が示されると考えています。
新しいメディアも情報を欲しています。持ちつ持たれつの関係構築になるのが最終目標です。
過去の経験が活きます。

おそらく、この2つの手法を組み合わせた事例は少ないと思います。
おそらく2つの手法で相乗効果が生まれ、アナログの手法の方で結果の積み重ねが起こります。

ある意味、今がチャンス!

最終的には、このスキームを利用したサービスも提供してみたい。
でも、提供条件は、かなり制限されるだろう。信頼関係も不可欠であり、顧客を選ぶことは間違いない。

成熟期に入って停滞し始めた健康食品業界、チャレンジし続けないと取り残されるだけ。
さぁ、頑張らないと!

お知らせ:鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更

この度は、鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更に関するお知らせとコメントです。

<変更内容>
SCPコンプレックス-LS: 非変性プロテオグリカン 30%以上 → 3%以上
プロテオグリカン-LS: 非変性プロテオグリカン 90%以上 → 9%以上
※分析方法: ガランボス法→HPLC法


詳細に関しては、以下の案内をご確認ください。
鮭鼻軟骨抽出物の規格値の変更に関するご案内

SCPコンプレックスLSのコスパは、さらに上がった感じです。
是非、多くのお客様にご活用いただけれと思います。

案内の文面にも書かれておる通り、コンドロイチン硫酸をプロテオグリカンとして販売する原料メーカーに限らず、HPLC法で分析するとプロテオグリカン含有量が規格値の半分に満たない原料などが現れ始めています。
社員にも結果を公開していないですが、ぶっちゃけ、3社4原料の定量分析は終わっています。

例えば、プロテオグリカンが規格値の半分の原料をガランボス法(グルクロン酸を定量するカルバゾール硫酸法の改良型)で分析すると、規格値通りになってきます。
HPLC法(標準品:コスモバイオ社 非変性プロテオグリカン)で分析すると、以下のようなピークが示され、半分がプロテオグリカン(17分のピーク、120万ダルトン)、半分がコンドロイチン硫酸(25分のピーク)であることがよくわかります。
HG100

少々お高いですが、100万ダルトンくらいの領域のGPCカラムと試薬があれば、原料の定量分析であれば、どこでも可能だと思います。
一方、大手さんでも騙されるケースが増えているので、健康食品業界がバカにされるのもわからんでもないなぁと思うこともあります。きちんと確認分析していないのでしょう。

まぁ、科学の力で検証されば、決して騙されん!ということですわぁ。

弊社としては、こういった含有量を偽った原料によって、プロテオグリカン市場にダメージがもたらされることが一番心配!

プロテオグリカンの業界がなかなか1つになれない諸事情もよく理解しています。
一方、その隙をついてくる会社さんも現れ始めているので、業界の規格基準をきちんと定めるべき時期に来ていると思います。

ついでに、裏話。
規格変更を余儀なくされた、もう一つの理由。
誇るべきことでプロテオグリカンLSの精製度が上がり、ガランボス法での分析値が常に104%前後を示すようになったため。
これじゃあ、試験成績書に分析値の実数が示せん・・・という問題が生じました。
おそらく、ガランボス法の係数は、4%程度ズレているのだと予測しています。HPLC法に比べると、分析精度が低いので仕方ないかなぁと思っています。
この原料は、HPLC法でも平均96%くらいの純度になってきています。ほぼ純品。リナイスさんの努力の賜物。

我々としては、淡々と、研究開発を重ね、より良い原料に育てていくだけです。
今後とも、本原料のご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

使ってはいけない原料と使いたくない原料の条件

日本における原料事業において、機能性原料に限らず、ズバリ!原料メーカーに求められるもの。

・常時在庫
・価格の安定化
・小ロット対応
・原料情報を開示


国内外を問わず、使ってはいけない原料と使いたくない原料の条件というものが存在します。それが上記の条件を満たさない原料です。

受注発注のみ、価格が1kgあたり1万円を超えて25kg体での供給だと、まず購入する会社はいないでしょう。いても極めて稀。

基本的に常時在庫があり、納期が発注から数日程度(1週間以内)というのが、日本の原料業界の商習慣です。
加えて、日本では、購入側の力が強く、値上げも早々認めてもらえず、価格の安定化も求められます。なので、原料メーカーは、例え輸入原料でも、常時在庫の管理費や価格変動リスク部分を見越しして価格を設定する必要があります。

実際のOEMの現場では、即納・安定供給・安定価格が求められます。我々も、原料を選定する側に回ると、それがよく理解できます。

いざ原料を発注したら、納入まで2ヶ月なんて回答があったら、二度と利用しようと思わないですもんね。
過去、海外原料メーカーへの例ですが、3度目の1200万円の発注時、2週間連絡がなくて顧客からキャンセルを食らって案件自身もなくなった痛い経験もあります。だから、この原料メーカーからは二度と購入しなくなりました。

小ロット対応に関しては、原料の単価次第。
1kgあたり5000円を切るような安い原料は10kg梱包でも仕方ないですが、3~7万円/kgの原料は1kg梱包でなければしんどく、1kgあたり10万円を超える原料は100g単位の小分け対応をしてもらえるとありがたいというのが私のざっくりした感覚です。

商品設計や見積書作成を行っていると、原料の使い切りというものを意識する必要があります。
たった1kgしか使わないのに、10kgでしか購入できないケースなどは、9kgを捨てること前提で高い見積書を提示するか、採用を諦めるしかないです。

こういった背景があり、原料受託バンクのような情報サイトでも、常時在庫や梱包サイズの記載があった方が良いんですよね・・・。

最後に、原料情報を開示については、トレイサビリティーなどが求められる時代、不可欠になりつつあります。こういった情報開示がされていない会社さんの多くは、最終商品への表示名称などについて、行政に相談していないです。最悪、キャリアや加工助剤を偽っていることもあります。過去、放射線殺菌の有無を偽っていて、大きな回収(リコール)につながった事例もあります。原料選びの怖さがここあります。

ちなみに、業界が長くなると、経験則から使ってはいけない原料と使いたくない原料がわかってきます。供給する原料メーカーの対応力や信用度(品質・安全性)、研究開発への力の入れ方で判断されることが多いです。
ぶっちゃけ、信用の積み重ねの部分が強いです。会社に対して、担当者に対して。

こういった情報を基に、原料選定側の会社さんは原料選定基準に、原料メーカーさんは営業体制改善や集客に活用していただければ幸いです。

管理費アップと買収による事業統合

みなさん、本日から営業開始という会社さんも多いようですね。
私は、夏休みをズラしているので、日曜日まで夏休みです。でも、ブログだけは更新です。

夏休み中、海外出張の準備をしていて思ったことを記事にいたしました。

現在、アメリカ市場における健康食品原料メーカーの勢力図は、中国勢による独占と、欧米メーカーの買収による事業統合が進んでいます。
添加物系やハーブ抽出物の原料を中心に、中国原料が幅を利かせています。どこの国も同じなんです。アメリカ市場の場合、日本ほど産地にこだわらないので、中国原料の比率は高くなっています。

そういった現状の中、欧米諸国では、中小企業の原料メーカーが大手原料会社に吸収合併されるケースが増えています。実際、弊社も、その影響を受けています。
この吸収合併の裏側には、以下のような実情があるのだろうと、私は推測しています。

・市場の成熟
・管理費アップによる事業の圧迫
・事業継承問題
・IT化


まぁ、根本的原因は、市場の成熟でしょう。
日本以上に、アメリカでは市場の成熟が進んでいますから。
市場も成長しにくくなっているのにも関わらず、中国原料メーカーがドンドン進出し、シェアを奪っていく。
そして、品質管理面やコンプライアンス面など管理面が強化され、人件費などが嵩むようになり、事業を圧迫しだしたという現状あるのでしょう。
厳しい市場へと変化してきています。

市場が成長していれば、その分、売上も増えるので社員の給与も上げることができます。研究開発費も投じれます。一方、売上が伸びなければ、社員の給与も上げることができず、当然、研究開発も止まるので悪循環を招き始めます。
加えて、経営者の高齢化という、どこの中小企業も抱える問題も現れ始めているのでしょう。

そして、こういった問題をさらに加速させたのが業界のIT化だと考えています。
健康食品業界にも、その波が来ています。

実際問題、原料メーカーの行き着くところ、完全IT化によって営業マンが要らなくなり、受注発注担当と学術・研究開発だけの会社になるでしょう。もちろん、グローバルなファブレス会社であることが前提。
受注発注担当は、パートやアルバイトで十分になり、利益の一部を開発費として投じ続けるビジネスモデルになるでしょう。
人が要らない、非常にドライな市場・運営体制です。

そういった市場の変化が見え始めています。
こういった非常にドライな市場は、もうすぐそこに来ている!と思います。
次の出張では、1年以上ぶりにアメリカのサプリメント市場に接してきます。再び、いろいろ感じ取ってきたいと思います!

健康食品原料メーカーで原料毎の担当制が多い理由

原料メーカーさんに問い合わせると、原料毎に担当が付いていることがあります。場合によっては、原料毎に営業マンがやって来て、ちょっと面倒くさい時もあります。
こういったケースは、輸入商社さんに多いです。

担当制の場合、原料の選定・調達(輸入通関を含む)から資料の作り込まで、一人で行うケースが多いです。

このシステムは、理にかなっている部分もあります。
以下のようなメリット・デメリットがあるかなぁと思っています。

<メリット>
・個人の成果と責任が明確。
・1つの素材に特化して知識を蓄積できる。
・社内間で営業がバッティングしにくい。

<デメリット>
・一分野の情報しか入りにくい。
・原料で当たりはずれがある。
・営業効率が悪い場合も。暇もできやすい。
・担当者が辞めると、担当者ごと販売ノウハウが無くなるケースもある。

実際、私の持論ですが、原料の選定(目利き)と資料の作り込が原料事業の命だと考えています。
営業もある程度必要ですが、Webによる情報公開の重要性が増しているからです。
まぁ、ある程度の体制が作り上げられてしまえば、業務担当だけで事業は進みます。規格書や見積り送ったりするのは、誰でもできる。大事なのは、そこまでの作り込み。

原料毎の担当制にすれば、作り込みの努力が営業成績に反映され、やる気にもつながる!
まぁ、最初は非常に大変ですが。
メリットも多い。
それが、担当制を採用している会社が多い理由でしょう。
でも、上記に示したようなデメリットもある。
デメリットの部分を如何に減らしていくかも企業として大事なことだと思います。

まぁ、原料選定や輸入通関は、会社組織として行っていった方が望ましいでしょう。
また、特許戦略や研究開発の投入も必要となってきている時代なので、上で統括する人間も必要。

私の経験上、OEMがある程度わかっている原料営業マンの方が痒い所に手が届くので重宝される。やる気があれば、顧客と一緒に、クリエイティブ開発を行っていくこともできるであろう。
OEMと原料の営業、両方を知っている人材育成が好ましい!結果も出しやすいだろう。
新しい運営モデルとしてトライしてみたいものです。

人目に付かないところで、日々日々、いろいろなことをトライし続けています。
今後も地味なトライと努力をコツコツ積み重ねていきたいと思います。

非変性プロテオグリカンのHPLCピークと分離・精製

今回は、ちょっと科学的な話。
商品としてのプロテオグリカンのHPLCピークを示してみました。
PG-HPLC
17.35分のところに、きれいな単一ピークが示されています。横軸が時間(分)、縦軸が検出感度です。ピークの面積から量が求められます。
この商品は、無駄な原料があまり配合されていないので、特にきれいにピークが示されています。

このHPLC(高速液体クロマトグラフィー)という分析機器/分析方法は、分析するサンプルをカラムという管を通し、カラムを通過した量を検出器で計測するというものです。
このカラムに充填されているものを変更することで、いろいろな物質を計測することができます。今回は、分子量が大きいものから通過するような充填剤を用いています。なので、分子量の順番で成分が検出されます。

我々の非変性プロテオグリカンは、120万ダルトンと、分子量が大きめのため、比較的早くカラムを通過し、他の成分のピークと被りにくいのが特徴です。
例えば、45万ダルトンのプロテオグリカンだとヒアルロン酸やデキストリンなどのような多糖類やピークが被ったりします。そうすると、きちん定量分析ができません。

ちなみに、45万ダルトンのプロテオグリカンは、26~27.5分くらいにピークが現れます。近年は、論文では45万ダルトンって記述されているに、120万ダルトンのものも含まれ始めています。改良されているのは良いことだと思いますが、整合性が取れなくなるけど、どうするんだろう?(独り言でした・・・)

実際、原料を分析すると、余分なもの(夾雑物)が含まれていないため、どのプロテオグリカン原料できちんと測定できます。
しかし、商品で分析すると、余分なものが邪魔して、きちんと測定ができないのです。私の経験上、酵母のタンパクやビタミンDの何らかの賦形剤などが定量分析を邪魔してしまうことが多いです。
きちんと測定するには、この余分なものを除く必要があるのです。
我々は、除く技術(分離・精製)をきちんと確立しているので、定量分析が可能なのです。

今後、業界の適正化のためには、こういった定量分析が不可欠になってきます。

一応、私の博士論文の一部は、GC/MS(ガスクロマトグラフィー質量分析器)を用いた微量分析だったので、移動相がガスから液体に代わっただけですし、極性分離などの分離精製も行っていたので、こういった分析は完全に専門。
ちゃんと勉強しておいてよかったですわぁ。

OEM営業の極意とトップ営業マンの特性

一昨日、新規のOEM会社の社長さんと、久しぶりの商談をさせていただきました。
弊社が言うのも何ですが、広報活動をされていない会社さんなので、存在自身がオープンになっていない会社さんでした。

営業活動は、社長だけがなさっているそうです。

理由は「営業を雇っても、最初はやることないから、外に出しても遊んじゃうからね(笑)。昼間っからパチンコやってたり。」と返答がありました。

まぁ、そうですわぁ。
間違えない!
OEM業界の営業は、顧客から頼りにされてようやく一人前。
基本、営業も業務のオペレーターも、そこしか差がない。

難しいのは、どういった部分で頼りにされるかです。
一言で言うと、顧客ができないことを的確にフォローしてあげれることでしょう。
某トップOEM営業マンは、過去、広告代理店に通販のノウハウをインタビューし周っていました。顧客から頼りにされるよう情報収集と自分磨きを積極的に行われていたのです。

極論、顧客に頼りにされ、一定の顧客が付けば新規営業は必要ない!
実際、私は、動かなくても、案件が絶えたことがない。
忙しい時ほど、案件が舞い込む。
1つ1つの仕事を大事にしながら、時には厳しく、顧客と本気で向き合えば、頼りにされて次の仕事も必然的に舞い込んできます。
単なるイエスマンでは、業務オペレーターです。
時にはノーと言い、仕事もなんでも受けてはいけないというのが私の持論です。

一方、近年は、市場が成熟したため、新規案件も減り、そういった顧客との接点を持てるチャンスや自分を成長させるチャンスが非常に減っています。
大手受託加工会社では、小さな案件も受けれないので、入社5年目で担当を持ったことが無い営業マンまで出てきている始末。

うちはうちで、その状況をきちんと認識し、安定的に案件が入ってくる間は、営業活動と人材育成を行わないといけない!と痛感しました。
がんばります!

プエラリア・ミリフィカの安全性と上限量

プエラリア・ミリフィカの安全性データを調べると、エキスではなく粉砕末原料で100mg(6ヶ月間の摂取)での文献が検索されてきます。

過去、某原料メーカーさんから、プエラリア・ミリフィカの配合量を上限100mgをとして欲しいという連絡を受けていました。
おそらく、この文献の安全性データが100mgまでしかなかったためだったんでしょう。

国民生活センターなどは、どのように対応するかわかりませんが、粉砕末100mgという摂取上限量は、参考の1つになりそうです。
また、原料メーカーさんは、摂取上限量の設定/推奨を行っていたかもポイントになってくるでしょう。
まぁ、市場には、300mg以上の原料が配合された商品も存在しますから・・・。これらをひとくくりにするのも乱暴かも・・・。

我々も、過去、プエラリア・ミリフィカ300mgを配合された商品をターゲット商品として330mgの商品の製造を依頼されたこともあります。
今考えると、依頼を受けなくて良かったなぁと改めて思います。
やっぱり、こういったケース、どうしても製造する側にも責任が生じてきます。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ