支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意。市場動向や注目原料などを紹介。騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> http://www.a2-pro.com/ の問い合わせから

コメント

職業を説明するのが難しい私

私の業務に限らず、弊社の業態が多岐にわたっているため、私は、何の仕事?って聞かれると、困ることがあります。

会社の業態として
・OEM事業
・原料販売事業
・コンサル事業

私の業務として、
・営業
・コンサル
・研究開発、学術
・輸入仕入れ
・品質管理
・特許・商標の申請

が行われています。
そして、健康食品やサプリメントという領域は、食品と薬のちょうど中間。

OEM事業は、商品設計や原価計算に限らず、食品表示法を死ぬほど学べる仕事です。
完全に食品の領域。
うちの社員は、必然的に、食品表示のスペシャリストだらけになります。他のOEM会社では、原料事業の裏側まで知るチャンスがないですし、案件も弊社ほど多くないでしょうから、うちほど多くを学べる環境はないでしょう。

すべてが半端もんで、浅く広くのゼネラリストという職業だから、仕方ないのでしょう・・・。

優しいビジネスメールの書き方と気遣い

本日は、1時間早く出勤して、普段できない場所を掃除し、メールをチェックしていて気が付いたことがありました。
ある先輩のメールのタイトルです。先輩らしい、気遣いのあるタイトルでした。
今回は、そのテクニックを含めて、優しいビジネスメールについて、コメントしてみたいと思います。

まず、NGなビジネスメールの例から。

・要点がまとまっていない長文
・なんでもCC
・内容と異なるタイトル


基本、ビジネスメールって、シンプルなほど好ましいと考えます。要点を箇条書きにするなど、少しでもシンプルにする努力は必要だと思います。
まぁ、クレームの時など、時には、長文が好ましいケースもありますが・・・。
敬語も、関係性ややり取りの回数に応じて崩していくのもテクニックかなぁとも思っています。
そもそも、メールの良さって、その手軽さと気軽さにあります。できるだけ、堅苦しくない方が良いと思います。特に、社内メールなどは、連絡ツールなので、口頭と同じで良いと思います。

近年、チャット(LINEを含むチャットワークなど)でのビジネスのやり取りが増えつつあるようです。私も、社内はもうチャットでも良いのかなぁと思うことがあります。
メールを補うツールとしても使えるんでしょうね。
でも、LINEなどと同じで、すぐ返信しなければならない切迫感は好きではないです。常にいろいろな返信に追われ、外出も多い私としては、外部とはチャットで仕事したくない。

CCの入れ方ですが、テクニックと言うか、気遣い次第だと思います。
きちんと理解しておかなければならないのは、たくさんCCを入れれば入れるるほど、目を通して盛られる率も下がるという点です。
必要ないなぁと思えば、極力入れないというのが私のスタイル。
私も(eFaxを導入しているのもあり)日々100件以上のメールを受けるので、特に、そう思うんだと思います。

最後に、タイトル。
何度も同じメールに返信を繰り返すと、タイトルとは全く異なる内容のメールになってきます。
良いタイミングを見計らって、内容にマッチしたタイトルに変えてあげましょう!

そして、ここからがテクニック。
同じタイトルで継続的にメールを送る場合、タイトルの頭に日付や返信回数を入れるのも一手です。先輩は日付を用いていました。

日付の例)
170511 ●●エキスの納入規格書について
170516 ●●エキスの納入規格書について

返信回数の例)
RE: ●●エキスの納入規格書について
RE2: ●●エキスの納入規格書について
RE3: ●●エキスの納入規格書について

RE: RE: RE: となると、タイトルも見えにくくなるので、RE3とまとめてあげるのも気遣いなのかもですね。

その他にも、優しいビジネスメールのテクニックとして、署名の使い分けやHTMLとテキストの使い分け、ストレージの活用、インライン返信など、いろいろあります。

ちなみに、インラインで返信するのは、全く失礼だとは思いません。その方が効率で、的確に伝えたいことが伝えれます。

大事なのは、気遣いだと思います。
より優しいビジネスメールを目指していきましょう。
私も、一日最低20通はメールし多い時には50通以上のメールを送信します。日々、より優しいメールを心がけてい来たいと思います。

評価される人材と勝ち残る会社の条件

この健康食品業界に限らず、あらゆる業界で市場が成熟し始めています。
人件費=コストとなりがちで、企業は、競争に勝ち残るため、人件費カットに向かいがちです。

まさに、飲食業界(主にフランチャイズ)は、日本人に頼れなくなり、外国人労働者に頼らざる負えなくなっています。例えば、ワンオペが問題になったゼンショールグループすき家さんは、外国人労働者の比率が年々高くなってきています。

また、今後、機械化やAI技術によって、人自身が必要なくなる時代も見えつつあります。
まぁ、IT革命によって、随分と効率化が進んだのですが、今後、さらなる革新と変革も起こってくると思います。

実際問題、弊社は、完全プル型の会社です。
情報発信とSEOを的確に行って集客を行うだけで、集客のために広告費を一切投じないですし、テレアポ営業などプッシュ型営業も一切行わないです。展示会も出ません。
さらに、セグメントされた集客も重要視しており、とにかく無駄のない会社運営を意識しております。

こういった時代になって来ると、評価される人材の条件というものも変わってきます。私は、以下のような条件だと考えています。

・人のできない武器によって成果を出す。
・全体の効率性を意識してサポートする。
・効率化のためにスキーム化を絶えず行う。


私自身も、意識している点です。

会社自身もそうですが、どこに頼んでも同じような結果が得られるのであれば、価格だけで選択され、会社の収益性は落ちてしまいます。
まさに賢くない会社経営
人も、同じです。評価されるためには、他人とは違う武器を明確にし、成果を出した時に評価されるように意識しなければなりません。常にチャレンジです!
じゃなきゃ、単なるパーツで、安い人材合戦になってしまいます。
後進国の人材や機械には敵いません。

そして、人は、上になればなるほど、結果を出すための技術をスキーム化して、誰でも結果を出せるような仕組みを作っていかなければなりません。
中には、現場で学ぶことでしか磨かれない技術もあります。例えば、弊社の事業の場合、OEM事業であれば商品クリエイティブ作り、原料事業であれば学術情報の積み重ね。会社組織は、それを会社全体で均一化し、均一化されたサービス提供が求められます。
そういった技術の均一化は、チャレンジする社員がいて、ようやく成り立ちます!チャレンジし続ける社員を育成しなければなりません。

また、評価される人間は、結果を出し続ける人間だけではありません。
会社全体の売上/利益を意識して、サポートを上手く行う人も評価されます。むしろ、会社全体の利益より、自分の結果を優先する人は、余程の結果を出さない限り、評価されません。
こういったサポートする人も、会社の中には必要です。

ちなみに、ここ最近、どの業界でもデジタル化が遅れている会社さんは、没落していく傾向が強いです。
OEM事業でも、自動化とデータベース化を進めれば、ミスと無駄が減ります。
その分、質の高い提案を行った方が、勝ち残りに一歩近づくことができます。時間を割く必要のないところには時間を割かない、優先して時間を割くべきところに時間を割くというのが私のスタイルです。

実際、コスト計算などは、作業は数分で済ませ、処方決めと提案に時間を割くべきだと考えています。私の提案スタイルとして、ざっくりした価格と設計、ポイントだけを示し、顧客が選択しやすいよう2~3パターン提案を同時に行います。
実は、これが成約率が高い大きな理由だったりもします。
時間を割くべきところを考えることが大事なのです。

常に、こういったことを追求し、取り残されないように必死に頑張っています。
その考え方が良かったか悪かったかは、結果だけが示すんでしょう。頑張って、売上を伸ばしていきたいと思います!

ドラゴン桜の三田紀房先生のインベスターZ

先日、記事でドラゴン桜の三田紀房先生のインベスターZを紹介してみた。
この本は、タイトルの冒頭にこう紹介すると「あぁぁ」と言われるだろう。

Amazonって、たまにこんなことやるよなぁ・・・。



アソシエイツのデータを見ると、結構な方が購入されていた♪
想定通り。
数百円で15冊だから、ついつい購入されたのだろう。まぁ、ほとんどの方は最後の2冊も購入されるだろう。
こうやって、Amazonの世界に取り込まれていくのだろう。Amazonの思惑通り。

もちろん、私も買って読んでみました。
紹介するんだから、きちんと読まないとね。

内容は、先日の記事の通りですが、まぁ、面白い!
この価格なら、買いだと思う。
おそらく、ゴールデンウィークを過ぎると、価格が元に戻ると思うので、興味がある方は買い逃しなく!

Amazonって、たまにこんなことやるよなぁ・・・。

今、Amazonで、こんなセールが行われています。
インベーダーZ 17冊で1209円。
最後の2冊が高いだけで、数百円で15冊も読める。スマホやタブレットで、ペーパレス。



こんなことができるだからAmazonってスゴイ。今までの業態である、書店では、絶対に無理。
時代も変わりました。

作品の内容的にも、完全に我々世代をターゲットした戦略。
まぁ、半分、企業広告というか、経団連や金融業界の広告にも感じられたりもするが、お金や経済の漫画。
ほんと、我々世代が興味ある内容。

今や、漫画の市場における優良顧客は、我々世代なんだろう。最近、少年マガジンのグラビアでアラサーの綾瀬はるかが出ているのを見て、そう感じさせられました。

そして、この価格は、ほんの数日だけだろう。
買い逃すと後悔することもあるのがAmazonのKindle本の怖いところでもある。過去、キングダム全巻半額や50%ポイントバックの時は、ちょっと後悔した。

まぁ、連休の暇つぶし半分で安い15冊だけ買ってみるのも一手でしょう。これがAmazonの戦略なんだが・・・。

ちょうど東日本大震災の時は

ちょうど東日本大震災の時は日本橋にいました。
そして、日本橋から新宿まで歩いて、当日は新宿の(メディスンアルファの)オフィスに泊まりました。
当時は、会社を立ち上げたばかりだったので、不安しかなかったです。でも、頑張りもしましたが、自分はラッキーだったので、今があります。感謝です。

この震災、いろいろな意味で健康食品業界にも影響を与えました。

まず、海外輸出が制限されました。
今でも制限されています。
中国輸出のバブルの際、受託工場さんは、位置によって明暗を分けたと思います。

次に、意外に、知られてない影響。
それは、獏前的な将来への不安というものが強まり、国民の健康意識が高まった。
それは、一時的なものだったかもしれませんが、確実に高まったと考えています。実際、レスベラトロールブームなんて、長寿に関わる成分なので、もろ健康意識が高まった部分に火がつけられたのでしょう。

世の中、どんな局面でも弱肉強食の競争社会、ピンチこそチャンスだったりもするんだなぁと思ったものです。
実際、震災後、大成功された方、一時的に儲かったけど落ちぶれてしまった方、ずっと変わらない方、会社が倒産された方、いろいろいらっしゃいます。うちはコツコツ。

また、日本経済において、150円まで落ちた東京電力の株価も一時は900円まで戻る、一方で東芝は原発事業で倒産の危機など、世というものを考えさせられます。

最後に、この震災よって、たくさん、人が亡くなりました。また、今でも避難されておられる方も多く、失われた過去の生活は戻ってきておりません。
それは、絶対に忘れてはいけません。
この日は、もう一度、現実と向かい合う日なのだど思います。

※今、ちょうど、子供達と空手の稽古中。この記事は配信予約です。

組織で仕事することで重要視していること

弊社も7期目に突入しました!
早いものです。震災の1週間前に立ち上げて、あれから3日で丸7年も経ちます。日々いろいろなことがあり、相変わらずバタバタした生活であり、仕事を楽しみつつ日々全力投球です。
あと、まぁ、少しづつですが、年々、組織になってきているのかな?という感じです。

営業に限らず、自分は、研究開発、輸入手配、通関手配、学術業務などを多岐に行なっているため、常に終わりないです。土日も関係ない。実際、このブログも土日に書き溜められています。

そういった状況で、自分の仕事ばかりを優先していたら、会社は回りません。かつ、ただ回るだけでなく、収益もきちんと出していく必要があるので、単に動けば良いという訳でもありません。
なので、以下のようなことを意識して動くようにしています。

・自分の仕事だけを最優先しない
・相手も仕事し易い仕事
・業務の効率化
・先を見据えた戦略


私に限らず、組織で仕事していたら求めらるのが協調性だったり、気遣いです。
自分の仕事ばかり優先することは、優しくない仕事のやり方です。

例えば、メールのCCやBCCなどの共有に関しても、すべて共有すれば良いというものではありません。なんでもCCに入れるのは、責任の押し付けであり、優しくない仕事のやり方です。
ポイントだけをCCなどで共有し、本当に認識して共有してもらいたいことは、転送して短くても一文を添えて共有した方が良いでしょう。

メールの文面は、気遣いとして、相手が返信し易い内容というものを意識した方が良いです。
営業で顧客に意見を求める場合も、選択肢を示し、自分の意見も添えることで、回答を誘導するのも効率の良い営業にのテクニックです。
忙しい人への提案して、イエス or ノーで回答できるのが理想。

また、添削や校正において、直しても直さなくても良い部分は極力直さない、でも、より良くなる提案はしてあげる。相手の状況を理解して嫌悪感を持たせないタイミングでの催促、相手が失敗しにくい手配方法の工夫など。
様々な気遣いというものが存在すると思います。

これらが優しい仕事スタイルだと思います。
こういったことができなければ、無駄に忙しくなります。営業成績も、限界が生じるでしょう。営業の場合、気遣いを行いつつ、如何に無駄な仕事をしないようにするかも大事なのだと思います。優しい仕事スタイルがトップ営業マンの資質だたりするのだと思います。そう、自分に言い聞かせています♪

弊社での業務の効率化は、そこそこできたというのが現状です。でも、新しいツールを積極的に取り入れ、さらなる効率化を進めていくべきだと考えています。eFaxやグループウェア、ストレージ、DropboxやEvernoteのようなクラウドサービスは、とても便利です。
ただし、営業におけるLINEやチャットの利用は、どうかなぁと疑問に思っちゃったりします。

そして、最も大事なこと、未来に投資し続け、次の収益構造を得ること。
これは、経営者や幹部が常に考えていかなければならないこと。収益の一部を投じる訳ですから責務も重いです。

企業は、食べていけるだけでは必ずジリ貧になっていきます。食べていけるだけ以上の収益を出して投資していかなければなりません。
一時的に利益が出ても、それを全て社員に分配もできないし、ましてダメ経営者が総取りするのは論外。
近年、原料メーカーも、研究開発や常時在庫など、どれだけ投資しているかで選ばれ始めています。積極的に原料の研究開発に投資する会社や在庫は絶対に切らさないがコスパ良く安定供給しくれる会社が支持され始めています。
得られた利益は大切な資金であり、無駄な投資もできないので、毎回悩みます。だから、期末は一番疲れます。
中小企業は、上場会社のような大手企業と異なり、ダメになったら助けてもらいにくいですからね。毎回、真剣勝負です。

さぁ、今期も、必死に頑張っていきたいと思います!
新たなトライもいたしますので、非常に楽しみでもあります。

総括:論文投稿や特許取得など実のあった一年でした!

今期も、今日で終わってしまいます。早いもんです。
今期は、なかなか実のある年でした。タイトルの通り、論文投稿も2本行い(1本は査読中)、特許も1本取得できました。もう一本は、来期に取れればと企んでいます。

まぁ、内訳や中身は、原料事業が大きく伸びた年でもありました。一方、不安定要素もありつつ、来期にも期待を残すような状況でした。
OEM案件は、新規が少なく、リピート中心という状況でした。そうは言っても、新商品はそこそこの数作りましたけどね・・・昨年・一昨年の中国案件のときに比べれば少なかったという感じでしょうか・・・。

今年は、健康食品業界で中国特需がなくなり、困った会社さんも多くでてきた年だったと思います。弊社も、ちょっとは特需がありましたが、なくなるものと思って本業の面でコツコツと積み重ねたので、それが功を奏したように思えます。
まぁ、あと、ラッキーだった部分もありました。
また、スーパーフードの原料にも手を出さなくて良かったかなぁと思っており、流行りものの原料には手は出すまいと改めて痛感いたしました。

原料メーカーも、OEM会社も、淘汰が始まりつつあるというのが、私の厳しい見解です。
原料メーカーは、原料に投資しなければ淘汰され、OME会社は、価格だけで勝負したら未来がありません。


来期も気を引き締めて、頑張っていたいと思います!!

プレミアムフライデーには飲みでなく生涯スポーツを!

プレミアムフライデー、消費促進が目的なようで、何となく飲みに行くイメージですが・・・
私は、若者やシニアは運動した方が良いと思います。我々オヤジ世代は、ほどほど早く家に帰って子供達とコミュニケーションを取る!

例えば、15時半から1時間半運動して17時半から飲みに行っても良いでしょうしね。オヤジは家飲みでも良いと思います。

運動は、アンチエイジングにも良いですし、仕事の効率も上げると考えてます。

街頭インタビューを聞いていると、女性は、運動するコメントが多かったような感じがします。オリンピック前もあって、女性の運動ビジネスは盛り上がりつつありますので、その影響でしょう。

でも、現実問題、労働人口のかなりの割合を占める公務員も中小企業も、ましてサービス業の方々なんて、プレミアムフライデーはない!

私も、昨日は、午後から5件も打ち合わせが入っており、プレミアムフライデーなんて言っている状況ではありませんでした。
結局、いつも通りの帰宅でした。

まぁ、私は、運動は充分できているので、しっかり働いた方が良いんですけどね(笑)

最後に、こういったプレミアムフライデーやオリンピック前などで一時的に運動することが盛り上がることも良いのですが、もっと大事なのは、生涯スポーツを持ち、継続的に運動を続けることです!

運動を健康のためにだけ行うのと、楽しみとして行うのでは、効果も違うと思います。
楽しみ、続けることを大事にしましょう!

私の教育論と格闘技生活

本日も、ジムでヘロヘロになるまで鍛えてきました。
トコトン追い込んでくれるトレーナーがミット持って相手してくれるので、非常にありがたいです。
なかなか、自分一人では、あそこまで追い込めません。

最後に、ガバッとサプリを飲んで、青梅ライナーに飛び込みました。

image

帰ったら、一人で空手の稽古です。空手は空手で、体の使い方も違います。投げると締める、蹴りの有無だけでなく、違うんですよねぇ、これが・・・。

さてさて、タイトルについてですが、まず、私がここまで頑張る理由

それは、何と言っても子供への教育のためです。
自分が格闘技が好きなだけでは、ここまで頑張れません。
空手でも、こんな高い目標を持ち続けれません。

私が親として、何を子供達に与えることができるのだろう?と考えた際、以下のようなことが頭に浮かびました。

・最低限の生活
・勉強できる環境
・進学先を選択できる経済力
・生きていくための常識

普通、親として当然のことだと思います。

でも、子供は、いずれ巣立ちます。親離れしてもらわないと困ります。
私は、子供が巣立った時、自分で自分を成長させて良い人生を送ってもらうには、どんな力が子供に求められるのだろう?と考えました。

まぁ、方法論は今でも試行錯誤中なのですが、答えは、強く生き抜く力だと考えています。
お金より教育、学校教育以外の教育の方がもっと大切だと思います。

でも、獏前的に、そんなことを言っても、いきなり養えません。段階的に、力を養っていく必要があると思います。
過去、貧乏でも楽しく、勉強以外に得られるものもたくさんあった私の大学時代のような時代ではなくなっておりますので、一緒に頑張る何かを通じて、感じ勝手に学んでもらえるのが一番の教育なのかな?と考えています。
そして、今、子供達との空手という共通の趣味を活用して、以下のようなステップで、自分なりの教育を行っていければと考え、コツコツ実行しています。

1.物事に何でも興味を持ち、頑張ってみる。
2.コツコツ努力する。
3.目標に向かって、トコトン努力する。超集中力。
4.単に努力するだけでなく、目標を達成するための効率的な方法を試行錯誤する。攻略力。
5.自分を追い込んで、活路を見出す力を養う。限界力。
6.新たな目標を常に定め続け、諦めないで頑張り続ける。継続力。


現在、3に差しかかったところかな?
そういったことを教えようとしても、親が見本にならないと、説得力もなく、逆効果だと思います。
子供に頑張らせるのであれば、自分も頑張らなければならん。子供だけ頑張らせるんだったら、親のエゴでしかなくなる。(今、ドラマの下剋上受験が同じようなことを言っている。)
なので、私も、頑張り続け、親の背中で教えようと試みています。
それは、格闘技だけでなく、仕事でも!
まぁ、それを子供達は理解してくれているかわかりませんが、私が正しかったか間違っていたかも含め、結果は、子供達が示してくれるしかないです。
私の独りよがりで、無駄な努力かもしれませんが、今は、トコトン努力するだけです!

仕組みが大事!遊んでいる暇ない。突っ走るのみ!

ちょっと思うことあって、こんな時間に記事更新です♪

本日は、午後から特許事務所で特許と商標の打ち合わせでした。
とても良い打ち合わせでした。
年々、特許に詳しくなっていきます。本日も、たくさん学ばせてもらいました。
感謝。

自分の役割、それは、効率的に売上を生み出す仕組みを作ること。
(会社やクリニック、サロンなど、営利団体の組織のトップってそんなもんだと思う。)

自分がどんなに頑張って働ける時間は決まっています。また、長時間働き、無理して結果を出すのもナンセンス。
飲んだり接待したりして仕事を作ろうなんて、もう時代遅れ。
それは、自分に限らず、社員にもさせたくない。

制限がある中、毎年売り上げを伸ばしていくには、やっぱり、選んでもらえるため(我々も選べるため)の武器を作っていくしかない!
それが仕組みの根幹だと思います。

その仕組みがしっかりしていれば、社員も、より少ない努力でより多くの結果が出せます。無理に案件を取りに行かなくても、結果が出ます。
ノルマも長時間労働も、必然的になくなる。
社員が鬱になったり、しょっちゅう入れ替わたり、不平が多いのは、やっぱり、仕組みに問題があるんだと思う。取引先でも、仕組みが悪くて、社員が苦しんでいるのを見ていると、悲しくなる・・・。

まぁ、うちも、より良い仕組みのための成長や進化をいつまで続けれるかは、非常に心配。重圧に感じることもある。特に、開発予算を投じる今の時期。
でも、前向きに頑張るしかない!
飲んだくれて遊んでいる暇ない(笑)

今年の花粉症対策:れんこん団子・ビタミンD・乳酸菌・夜マスク

先日書いた れんこん団子の記事、好評だったようです。いいね!が30近くつきました。感謝!

れんこん団子で花粉症対策を始めました!
http://kuriyamayuji.doorblog.jp/archives/51494464.html


今年の花粉症対策は、「できるだけ発症しないこと」「発症しても強く症状がでないようにすること」を目標としています。
れんこん団子に加えて、ビタミンD・乳酸菌も摂取し、昨年通り、夜にもマスクして寝ています。意外に、夜、花粉症に晒されるようなので、夜マスクは、結構、効果あると思います。

ちなみに、今日の朝も、れんこん団子を食してきました。

今年は、予防も万全だったので、未だ発症していないです!
これからも、発症しなければええなぁ。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
記事検索
著書
レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ