支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

もう28万アクセス超えちゃいましたが・・・業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

コメント

好印象を与えるメール内容・文面って大事

今日は、業務の中で思ったことを、ずらずらっと、記事にしてみました。

弊社は、Webサイトからの問い合わせは、原則、メール返信から行う。
そうやってメールで仕事していて思うこと。
メールの内容や文面で、人格が出る。なので、気を付けなければならない。実際に話すと、理解してももらえるのかもしれないが、最初の印象ってとても大事です。

まぁ、好印象を与えるメール内容・文面の条件って、いろいろあると思います。

読みやすい
何らかの気遣いが感じられる
シンプルでも速いレス


長過ぎるメールは、読みにくい。
論点がまとまっていないと、もっと読みにくい。
ポイントを箇条書きにしてみたり、結論から述べるなどと、的確に伝えるため、いろいろと工夫する必要がありますよね。

飾り気がなく、形式的なメールは、します。
場合によっては、反感を買うこともあります。

そういったメールは、勝手に送り付けておいて、読んでるでしょ?的な一方通行のメールになりやすいですからね。

過去、上司に、ワードで作成した文章でFAXするにしても、汚い字でも一言だけ手書きのメッセージを付ければ、印象が変わると教えられました。
もう、完全デジタル化してしまって、手書きのメッセージを付けることもなくなりましたが、その分、気遣いがわかるような一言を足すようにしています。

私自身、レスを求め、すぐにレスが戻ってくると、嬉しい。
それがわずか数行のシンプルなレスであっても、問題ない。短くても十分に伝わる。
長い文面より、レスのタイミングの方が伝わることもあると思います。

ちなみに、チャットの良い部分は、タイムリーなレスができることだと思います。
でも、そのタイムリーさが面倒な時もある。
タイムリーなレスを求められても困る。仕事って、優先順位を付けながら仕事するので、チャットは、それを崩す要因にもなり得ます。

いずれにしても、好印象を与えるメールでコミュニケーションが取れると、トラブルが減ります。経験上、顧客とコミュニケーションが取れていない案件ほど、トラブルが多い。
それは、間違えない!

そもそも、気遣いがある対応だと、トラブルが減る。
トラブルが多い人は、根本的に気遣いがない人なんだろうなぁと思います。

メールに限らず、お願い事が放置されたり、居留守を使われる人は、対応を見直した方が良いです。トラブルも減るだろう。

ちなみに、もっと上があり、

人を動かせるメール内容・文面っていうのも存在します。

気遣いがあり、かつ、必要性が感じさせれる内容であること。
対応することによって生じるメリットも感じることができるだろう。
私も、ここを目指したい。

最後に、まとめちゃいますが・・・

メールの内容・文面って、気遣いを通して人格・性格が伝わる

もんなんだと思います。

例えば、お願いのメールだけ早い人は、自分のことしか考えていないんだろうなぁと思われるでしょうし、痒いところに手が届かない人は、鈍感な人だと思われるでしょう。

あと、こいつは裏で文句や愚痴ばかり言っているんだろうなぁ?と感じさせるようなメールもある。意外に、そこまで伝わっちゃう。

やっぱり、メールの内容や文面に気を使わなきゃ!

私も、気を付けないとなぁ。
皆さんも、気を付けてくださいね!

実績に応じた顧客対応マネージメント

昨日も申しましたが、私は、ビジネス関しては、超ドライ。
顧客対応に関しても、実績ベースで明確な指針を持っています。今回の記事は、そのドライさが理解できるような記事だと思います。
ビジネスって、真剣勝負で行うものなので、そういったドライさは不可欠だと考えています。

タイトルですが、具体的には、以下のようなことを指します。

当然、一元の顧客と定期的に注文をもらえる既存顧客とは、対応が異なって当たり前です。

会社の大小は、関係ない。
実績もないのにお客であることを前面に出してくるケースもありますが、ドライに対応しちゃいます。結構、びっくりするお客もいるくらいです(笑)

ぶっちゃけ、ダメなものは、しっかりNoと言っていくことが大事です。

こういった顧客からの問い合わせについては、社風が出るなぁと思います。あと、担当者の色も。
大手さんでも、丁寧な会社さんは、たくさん存在します。零細企業でも、横柄な方は、たくさんいらっしゃいます。
あまりにも横柄だと、実績が出ていても、自然に対応が悪くなるのになぁと思うこともあります。まぁ、お願いが下手な人と上手な人がいまるからね。

また、実績の評価については、時には、評価を下げる場合もあります。
例えば、OEM案件において、成約率が悪い場合、必然的に対応が悪くなります。対応スピード、案件の優先順位、提案内容などが変わってくるでしょう。
まぁ、企画泥棒などが発覚した際は、評価は地に落ちるでしょう。

OEM案件のマネージメントについては、直接取引する顧客に限らず、間に入る企画会社さんなどにも当てはまります。

たくさん、案件を持ってきても、成約率が低ければ、無駄に働かされたことになります。
実績というものは、年間の成約件数(額)と成約率の両方で判断していかなければならないのだと考えています。
過去の大きな実績に甘える顧客も存在しますが、営業担当は、しっかり線引きを行っていく必要があります。

原料事業なんて、もっとわかりやすいです。
まぁ、試作用サンプルの対応でわかります。

試作用のサンプル依頼が来ても、余程の対応をしてこない限り、一元の顧客には、数グラム程度くらいしか無償サンプルが提供されません。
一方、100g程度くらいであれば、成約が決定している場合、かなり実績のある会社であれば無償でサンプル提供されることもあります。まぁ、原料の単価にもよりますが・・・。

こういったマネージメントは、重要な企業防衛の施策の1つです。

サンプル依頼しかしてこない会社さんも多く、悪い会社さんは原料サンプルで商品を作ってしまうので、こういった企業防衛も必要なのです。

こういったマネージメントは、企業の中で指針を示しておくことが大事だと思います。
また、経営者や上司の役割だったりもすると思います。

経営者は会社の売上を最大化させることがミッション、部課長は、グループでの売上を最大化させることがミッション。

実際、こういったマネージメントができていない会社さんほど業績が悪いと思います。
末端の営業、特に若い営業や入りたての営業は、顧客の要望を断れない。だから、無駄に働かされがちです。
良い人材をつぶすことにものつながるので、会社としてしっかりコントロールする必要があると思います。会社の責任であり、上司の責任だと思います。

ビジネスのドライさの先にこそ、みんなの幸せが存在します。

そういった方針・理念で、これからも良い仕事をたくさん行っていければなぁと思います。
ファイト!です。

仕事の美学: 下準備の仕方で仕事が変わる

世の中、いろいろな仕事の進め方をする人がいる。
その進め方によって、結果、以下のように、下請け業者や取引先の対応が二つにわかれてきます。

最優先して対応してもらえる
+αの提案まで行ってくれる

居留守を使われる
わざと嫌がらせをされる


前者のような対応は、仕事を一緒にしてて心地良い人の例。
後者は、その逆。自分勝手で手間がかかる人。

どうして、そのような差が出るのか?

すべて下準備の差だと思う。

下準備ができている人の仕事は、依頼側も依頼先も少ない労力で成果がでる。対応が非常にシンプルで、無駄な仕事をする必要がない。
前者の方の仕事スタイルの特徴である。

思いやりのある仕事スタイル

反対に、後者は、以下のような仕事のスタイルの人が多い。

とにかく丸投げ
顧客との詰めが甘い
相手の仕事に敬意がない

これらは、私の仕事の美学からは反する。
基本的に、後者の方は、自分のことしか考えていない人が多いです。まぁ、思いやりがない仕事スタイルと言えよう。

私は、会社のルーチン業務が効率化されることを最重視する。みんなの時間が短縮されるよう、その下準備に私の時間をかける。
それは、下請け業者や取引先にも同じ。
例えば、デザインは、複数出させない、もしくは(しっかりデザインさせる)本命と(例えば、色違いなど、適当にデザインさせる)対抗の両方の指示をする。
顧客としっかり詰めることができれば、複数のデザインの必要性はない。下準備が大事。
同じようなことが、商品設計でも言えるであろう。

また、必要性のない仕事は、しない、させない。
例えば、正解がいくつもあるパッケージ校正では、自分の意見と異なっていても正しければ指摘しない。相手の意を汲むようにもする。
結果、自分の時間も、相手の時間も、無駄なロスが減る。

特に若い皆さん、是非、参考にしていただければと思います。
こういった仕事の仕方は、20代にしっかり身につけておいた方が良いです。年を取ると、なかなか変えれない。最初の会社での教育が人生を左右されることも多々あるも思います。

市場創出のための新しい試み

先週末から、2つほど、新しい試みにトライし始めています。
1つは、既存事業の延長。もう一つは、半休眠事業の見直し。

ぶっちゃけ、ここ半年から1年、市場は委縮してしまっています。このまま行くと、健康食品市場は縮小してしまいます。

それではアカンです!

現状の健康食品市場は、広告規制が強化され、新商品の投入も減っています。ECを中心に、中小企業の売上が落ちています。

そういった変化がある時ほど、チャンスが生まれます。

ピンチこそ、チャンス!

近年の傾向を見ていると、ECで新規参入し、苦難を乗り切ってきていない会社組織では、簡単に事業撤退してしまうでしょう。特に、多角的な事業を行っている会社さんほど、安易に撤退してしまうでしょう。
過去にも言いましたが、健康食品通販のようなリピートで利益が出るビジネスは、長く続けた者勝ちです。
今後、ふんばった会社さんが、伸びを見せるでしょう!

そのためのサポート強化として、既存の事業を拡張しようと考えています。

一方、弊社も、他力本願ではダメだと思います。
他力本願なビジネスほど、必ず衰退します。
数年前、通販のマーケティングテスト(紙媒体とEC)を実施したように、我々も何らかのトライも必要です。
過去のマーケティングテストでは、媒体毎のLTVの違い、価格とコンバージョンの関係、必ずレスポンスが取れる普遍のクリエイティブセオリーなどを学ぶことができました。
結果、弊社のOEM事業と原料事業の成長につながりました。

今回のチャレンジでは、以下の点を重要視するつもりです。

新たなビジネスモデル

エビデンス型マーケティング

弊社にしかできないこと

今年の10月頃までには形にしたいと考えています。
そして、来年度以降の柱の1つになってほしいと考えています。

現在、弊社は、2つの柱です。
1つが弱くなると揺らぎます。細くても3つの柱になると、会社は安定します。
頑張らねば。

親になり、今の大学生と接していて感じること

卒業式シーズン。
今日この頃、大学での4年間でさえ短いなぁと思うようになり、年々時が経つスピードが速まっていると感じる私です。

さて、私は、大学時代、どの程度、勉学に励んだものだろうか?
特に、学部の4年間は、勉強より大事なものをバイトや遊びで覚える必要があると、諸先輩方に指導されてきたと思います。
なるべく、楽して卒業しようとして、部活動の空手(週6)に明け暮れていたと思います。夜は、酒ばっかり飲んでいたような・・・。
まぁ、大学院でも、研究室で自作PCを作ったりWebページを作ったり、どれくらい勉強しただろうか?

今考えれば、非常に恵まれていたのかもしれない。
学校では学べないものをたくさん学べた。

1食あたり400円前後で寮の食事ができ、たこ部屋だけど4900円の寮費。
国立なので、学費も半期で19万円くらい。バイトで払えない額ではなかったです。親からの仕送り無、学費も自分で払うという学生もいました。
私の学部の時までは、ある一定の公務員になれば、奨学金の返還も免除でした。
バブル崩壊後の不況でしたが、コネで就職できる会社も存在し、就職率もそこそこ。

今や、大学のカリキュラムが変わり、バイトもできる余裕がなく、勉学以外の何かに打ち込むことさえ行いにくくなっています。文武両道は成り立ちにくい。
(大学も生き残りが大変なので、こうなるのだろう。大学は、勉強をするところ。)
酒も飲まない、彼氏や彼女もさほど必要としない。
(我々の肉食世代とは、大違い。)
仕事も、公務員・大手志功。
(売り手市場で、近年、さらに加速。)
全般的に、野望がない。
これが、今の若い世代の考え方なのだろう。
(それはそれで、否定しない。)

かと思えば、奨学金が返還できなくて、苦しんでいる若者も出てきている時代。
無理して大学に進学する必要がないように感じる。
一方で、格差というものを改めて感じる。貧乏人は、進学してチャンスをつかみにくくなっているのかも。

大学時代、ものすごく破天荒だった人も、今では丸くなっている。夢を追っていた人達の多くは、夢をあきらめている。
大学院を卒業しながら、研究者にもならず、博士でも営業とマーケティングが中心、中小企業を中心として人生を歩んでいる私は、まぁ、破天荒なのだろう。
一度きりしかない人生、守りは嫌!という、私の性格上、こういった道を歩むのは仕方ない。

でも、子供達に同じような人生を送らせたいとは思わない・・・。
時代が違うからだろう。
あえて、子供達に破天荒さを求めるのであれば、海外に放り出してしまうだろう。それはそれで、お金がかかりそうで、ちと怖いが・・・。

こういった時代の変化は、親になり、子が成長していくと、誰もが感じることなのかもしれない。
たまたま大学生と接点があったお陰で、私は、ちょっと早めに感じることができたのだろう。

今期も終わったぁぁぁぁあ!毎年勝負!

今期も、今日で終わりです。
1年、早いものです。
私は、本日もジムでトレーニングし、帰宅中です。

今期が始まる昨年3月は、健康食品のEC市場が冷え込むことが予測できていましたし、多くのOEM会社さんがWeb集客にも力を入れ始めていたので、どうなるかな?と心配していました。

まぁ、蓋を開けてみると、良い1年でした。このご時世で、4期連続2桁成長。
ラッキーも多かったですが・・・。
社員にも還元でき、喜んでもらえました。

もちろん、やり残したこと、上手く達成できなかったこと、これからも頑張り続けなければならないことなども山積みになっています。
特に今期は、不安定な案件が多くを占め、安定な案件が思ったほど伸びませんでした。

来年も勝負!
毎年勝負です!


明日からも、気持ちを入れ替えて頑張ります!

裁量労働制は理想のようで最低な場合も

裁量労働制で一番苦しむ人達は、

残業代をもらわないと生活していけない人達

だと思います。
そもそも、残業した時間の報酬が支払われなかったり、サービス残業を強いられるのが問題です。
根本は、従業員より会社が強い日本の仕組みの問題なのでしょうが、海外では違法のケースもあるんですけどね・・・。

昨日、ランチの隣の席で、会社への不満を爆発させていた旅行代理店の女性がいました。
不満というものは、どんな条件でも従業員からも出てしまうものだと考えています。ただし、労働条件に問題がある場合と報酬に満足いかない場合では、論点が異なります。

労働条件に問題がある場合は、会社の仕組みが悪い。これは、会社の意図的な場合もあれば、そうでない場合もあります。
よくあるのは、従業員に過剰な労働をさせなければ利益が出ないモデルで会社経営されているケース。ビジネスの根本を見直す必要があります。まぁ、経営者の責任です。

報酬については、会社と個人の問題であり、個人には職を変える自由があるので、お互いの歩み寄りの部分だと思います。
個人の成果がどれくらい会社に依存しているか? 他社でどれくらい評価されるのか?などがポイントだったりするんだろうなぁと思います。
大手さんのオペレーター業務は、代わりがききやすいので、どうしても会社が強くなるんですけどね。

最悪のケース。
両方に問題があるケースです。
弱い立場の人ほど、苦しい立場に追いやれ易いです。

いずれにしても、裁量労働制とは、危険な要素も含みます。
低所得者層を増やす事態を招く最低のケースの可能も招きかねません。
こういった穴の部分を狙って、悪用するヤクザなブラック企業はたくさん存在しますからね。

一方、良い側面もあるので、何らかのセーフティルールを盛り込みながら導入すべきだと思います。
例えば、ヨーロッパのように、一定以上の残業や自宅での持ち帰り業務を禁止するなど、いろいろな方法があると思います。

メモ魔

母の死後、たくさんのメモが出てきました。
私のメモ魔は、母譲りであることがわかった。

私は、今のご時世らしく、エバーノートにメモを取ります。
スマホやPCから。

いつの間にか1300ものノートが・・・。

まず、商談や会議のメモに利用しています。
その他、ブログのネタをメモしたり、アイディアを書き留めたり、空手などの格闘技日記をつけたり・・・
頭に浮かんだことをすぐにメモります。
年を取ってくると、記憶が追い付かなくなってくるからね(笑)

そうしないと、日々追われているので、ふっと頭に浮かんだ良いことも忘れてしまったりします。
また、メモを取ることで、次に行うことや重要事項を忘れないですし、次の計画も立てやすくなります。

あと、最近、覚えたテクニック。
後から読みたい記事(保存しておきたい記事)は、エバーノートで保存しておく。
結構、便利。

スマホは、常に身に着けているツールです。
スマホアプリのエバーノートは、私のメモ魔をさらに加速させました。
便利なものは、ドンドン利用しないとね!

プレイングマネージャーが陥りやすい失敗と改善策

中小企業は、経営者のプレイングマネージャーという体制で経営されているケースが多いです。
特に、健康食品業界は、そういった会社が多いです。経営者に対する信頼から事業が成り立っているケースが多く、プレイングマネージャー体制からスタートしないと、なかなか上手くいかない背景もあったりもします。

プレイングマネージャー体制の問題点は、経営者への業務の集中が起こり、マネージメントの部分が疎かになりやすい点です。
結果、会社の成長が止まります!
最悪、会社の経営が傾きます。

これは、健康食品業界に限らず、クリニック経営でも多々ある事例です。
クリニックの事例を挙げて説明すると、院長だけが忙しく、スタッフさんが暇しているというケースです。
人件費と固定費が垂れ流されます。
経営が悪くなると、何も悪くないスタッフさんの首が切られたり給与を減らされたりしています。努力して評価されたくても、評価されない環境でもあります。
悪循環です。
同じように、社長さんだけが忙しく、社員さんが暇しているというケースも少なくないのではないでしょうか?

実は、私も、過去、そういった状況に陥っていました。
今も、ずいぶん改善していますが、完全に脱却している訳ではありません。

特に2013年春までは、そういった状況が強く残っていました。まぁ、原料の売上比率が高く、OEMも私の人脈だけだと、必然的に問題が生じます。
当時、SNSで石田淳さんを知り、大きく影響を受けたためです。
母が危篤→死という状況で、私自身が動けない中、考える時間だけはたくさんあった時に決断しました。
そして、母の死をきっかけに、方針を一転させた経緯があります。

たとえ、売上は伸びていて利益が出ていても、社員が暇だと、不安でつらいと思います。
会社は、社員に仕事のやりがいを与えるのが責任だと思います。
社員が成果を出せる環境というものが一番重要だと思います。
ただし、社員を忙しくさせるにしても、気合論だけで行わせる営業は、最悪。社員が成果を出せる環境とは言えないと思います。
竹やりで戦わせるのではなく、強力な武器を持たせて戦わせるのも会社の重要な役目です。

具体的に、どのように方針を変えたか?

仕事の優先順位を変えました。
それだけ。

最優先は、集客に関わること。思ったらすぐに行動。
次に、社員の仕事に対する決裁。
最後に、私自身の仕事です。

私自身の仕事でも、原料>OEMの順で優先順位を設定し、コンサルは休止しました。
今も、徐々にOEM営業を減らしています。

集客は、主にコンテンツ型のインターネットマーケティング。
対象の顧客増も、セグメントによって絞り込んでいます。

研究開発業務は、会社の武器を作る仕事であり、会社の未来に関わる部分でもあるので、決済の次。ただし、期限がある場合は、最優先にしなければならないです。
だから、ヒト臨床試験の実施や論文の執筆など、研究開発業務が立て込む際は、私自身の仕事も滞り、オフィスから度々逃げちゃいます。
そこが完全に脱却していない部分。
ん~、まだまだ脱却できんと思う・・・・。

時間は限られています。
また、基本、長く会社で仕事しないことにしています。
そうすると、どうしても時間が足りません。
だから、帰宅中の青梅ライナー内や土日にブログの記事をエバーノートに書き溜めます。

その他、私の性格だと思いますが、資料のデジタル化やOEM商品の原価計算をセミオートメーション化したり、業務の効率化にも力を入れています。
昨年は、ChatoWorkなども導入しました。
会社設立当初から、eFaxやグループウェア、ストレージなども導入しています。

弊社の今の結果を見ると、方針転換は、正解だったと言えます。
少人数で効率的な会社運営。

厳しく言うと、まだまだ足りないのは、顧客を育成し、LTVの長いビジネスを作っていくコンサル的要素。

会社会社さんで、理想のモデルというものは異なると思います。
まぁ、弊社のモデルは、ちょっと変わっているモデルだとも思います。かつ、すぐには結果が出ません。私は、結果が出始めるまで1年ほどかかりました。
参考にできそうな部分は、是非、参考にしていただければ幸いです。

周りが不幸になるビジネス継続

小さい規模ながら、数多くの商品を作っている関係上、弊社は、仕事を通じて出会う人の数が他社より多いと思います。私だけで60個近くの新商品を作った年もありました。
さすがに、これだけ多くの顧客や取引先と出会い、その末路(;失敗)や成功というものを見てきていると、必然的に顧客の目利きも、問い合わせの段階で行えるようになります。

失敗する方の主な特徴は、いくつかに限られます。

過去の成功事例に縛られるケース
他力本願で考えていないケース
見込みが甘過ぎるケース


盛者必衰、時代は変化します。
同じ成功モデルで再び成功するとは限らないです。

もっと厳しく言うと、今成功しているモデルでさえも、後発では半分も成功できない。特に、ECでは。
ビジネスのライフサイクルが非常に早くなってきていますからね・・・。

悪い通販コンサルさんなどは、いつのデータを使っているんだろう?と思うこともあります。例えば、私が通販化粧品会社に所属していた頃は、女性誌でさえMR(メディアレーション)が1を超えることもざらという素晴らしい時期でした。今や、神話です。
そんなデータを用いてプレゼンすれば、顧客は夢を見てしまいます。そして、高いコンサル料や広告費(コンサルさんへのキックバック有)を払ってしまいます。
他力本願の方の最たる事例。

優れたコンサルさんは、過去の実績をひけらかさなくても忙しく、コンプライアンスの関係上、顧客情報として成功例を紹介することも行わないでしょう。実績で紹介される会社さんとの契約が続いていなければ、何らかの理由で切られただけでしょうから・・・。

そもそも、ビジネスは、他力本願過ぎると上手くいかない。想像や妄想ではなく創造し続けることが大事!

また、若い経営者の方の場合、夢ばかりで追って、具体性に欠けるケースが多いです。ビジネスを開始しても、資金ショートによってあっという間にどうにもならなくなる会社さんは多いです。

日本では7人に1人が社長であり、設立1年で60%、設立5年で85%が倒産・廃業という状況ですから・・・そんなに甘くない。
私は、前にも話したのですが、一度でも赤字を出すようであれば、会社をたたむ気構えで仕事しています。

どんな事業もそうだと思いますが、必ず目標と期限を設けて、期限内に目標を達成できなければ即撤退する覚悟が一番重要だと思います。
ダメな状態で経営を続けても、周りが苦しいだけです。
社員は、勝ちモデルのない環境で営業成績を出してこなければならず、時には顧客を騙してでも数字を稼がなければならない局面も出てきます。
帰宅が毎日遅くなれば、家族は、当然、寂しい思いをします。
親族や友人にお金を借りている人は、お金を返せないことで迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。
こういった無理なビジネス継続は、絶対に周りを不幸にしてしまいます。

そもそも、最初から顧客を騙して顧客を不幸にするビジネスというものも存在します。それは、絶対にNG。だから、ビジネスには社会貢献性も求められる。

私の持論。ビジネスとは、少しでも多くの人を幸せにする必要があり、経営者には、幸せを導く責任があります。
社員は当然ながら、自分の家族だけでなく、社員の家族も。

話はやや脱線してしまいますが・・・
テレビの結婚詐欺事件の再現VTRで出てくるように、結婚をほのめかして女性に会社の運営資金を出させるというのは、明らかに女性を愛しておらず、道具としてしか見ていない最たるケースだと思います(笑)
これは極端な例。
その男性は、女性が大事なら、自分の夢よりサラリーマンで安定した生活を選択できるはずです。無理にズルズルと継続するのは、パートナーの幸せすら奪いかねないです。
どんなビジネスも同じだと思います。引くときは引かなければならないです。

まぁ、この健康食品業界でも、周りが不幸になるビジネスが多いと思います。ゴミ商品の通販は、一つの代表例。
だから、私は、甘いところを見つけると、厳しく指摘する。ブログでも、厳しいことを言い続けます。
その背景には、本日の記事のような事柄があるのです。

チャレンジするにしても、周りが不幸にならないモデルでチャレンジしてもらえればと思います。

推定統計学に基づく営業戦略・経営戦略

博士だけど、営業マン。
まぁ、営業が天職だと思っている男です。

そんな私は、営業って推定統計学だなぁと思っています。
顧客の思考を予測・仮定し、営業の場で実行・検証する。そして、その予測がどの程度適合していたかを評価し、次の一手を打っていきます。
まぁ、PDCAですね。

そのPDCAには、推定統計学が自然に(必然的に)用いられています。

数字が出ない営業マンの特徴は、考えが浅く見込みが甘いことだと思います。
まぁ、この見込みが甘いという表現からも、推定統計学が関係していることがわかります。

お客に買ってもらえなければ、まず、お客が買ってくれないファクター(要因)を考えるべきである。

【買ってくれないファクター】
・価格
・エビデンスを含めた品質
・価格と品質のバランス
・クリエイティブ
・市場におけるニーズ
・競合状況


そして、どの顧客別にファクターの寄与率を推定し、的確に補正していく必要があります。
※寄与率とは、個々のデータの変化がどのように貢献しているかを示す指標であり、影響度のようなもの。

どんなタイプの顧客が何を大事にして購入を決めているのか?
すなわち、各顧客の購入決めファクターの重要視ランキング。

こういった過程が統計推定学なのです。

まぁ、営業に限らず、経営も同じですよね。
あと、通販という事業も、似たような部分があります。

ふるさと納税制度で一番損するのは子育て世代

今、ふるさと納税によって、世田谷区や三鷹市などで税収が減ってしまったことによる様々な問題が生じ始めています。

まず、ふるさと納税の恩恵を得ているのは、どんな人達だろうか?

可処分所得が高い家庭
※可処分所得とは、個人が自由に処分できる部分。すなわち、生活への余裕。
貯蓄がある家庭

可処分所得が高い家庭とは、より具体的に示すと、それなりの所得がありながらも子供にお金がかからなくなっている家庭などです。60代の会社役員や不動産収入のある人。まぁ、そういった家庭が多いであろう世田谷区は、もろ税収減のダメージを食う訳です。
まぁ、銀座で街頭インタビューをすれば、すぐに、そういった家庭のおばちゃん達に当たる訳です。

貯金が必要なのは、税金の一時的な前払いが必要になるからです。お金が戻ってくるまで、タイムラグが生じます。
金持ちだけが得する構図です。
いつもキレイごとを言っても、最終的に金持ち優遇するような国になっているかな?

さて、反対に、一番損しているのは、どんな人達でしょう?

そうです。
得している人と逆の立場の人。すなわち、子育て世代です。
特に、税収が減ってしまった地域の子育て世代です。
もろ、保育園や公共施設の充実に影響が出てくるでしょうから

子育てでお金が出てく若い世代、ふるさと納税は、積極的に行うでしょうか?利用を検討する暇もないのでは?
また、未婚でも、生活に余裕のない若者は、ふるさと納税するでしょうか?
何だかんだ言ってふるさと納税で得していない人達が、間接的に損してしまうのです。

ぶっちゃけ、残念ながら、金持ちを優遇し、子育てなどで大変な世代を苦しめてしまうような制度になってしまったのではないでしょうか?

ん〜、もう少し別のやり方があったと思います。地方交付税の見直しなど。

首都圏から地方へのお金の分配という点では、良いことでしょう。
でも、、住んでいる地域のことを考えると、ふるさと納税は、考えものです。
だからと言って、そんなキレイごとを言っても、利用しなければ損をしてしまうような制度を使わない手はないです。
制度を変えないと、解決できない問題になっていると思います。さて、今後、どういった対策が取られていくのやら・・・。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール

博士(水産学) 43歳 富山県滑川市出身  (株)アンチエイジング・プロ COO 現 東京海洋大学卒 順天堂大学医学部 総合診療科 研究員

営業は天職、通販化粧品会社や広告代理店での所属経験がある異色のコンサルタント。

プロフィール詳細は、カテゴリ別アーカイブより。

カテゴリ別アーカイブ
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

秘密の赤ワイン
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ