支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

原料開発レベルからの商品開発

某大手通販化粧品・健康食品会社さんのカタログを見てて…
健康食品の参入障壁が高くなっているように感じます。

すぐに健康食品素材のライフサイクルが成熟してしまう。成長期の期間が短い…。
近年、その傾向が強まっています。
それが業界の成熟を物語っています。

一歩抜き出るには、原料段階からの商品開発が求められ始めているように感じます。
しかも、その原料にエビデンスと売れる要素が求められるため、ハードルは高い…。

私が最も力を発揮できる部分ですが、原料開発にはそれなりの先行投資が必要であり、その原料開発レベルからの商品開発はリスクを伴うため、トライできる会社は極一部でしょう。

さて、この業界、どうなることやら…。
常に状況を見ながら、時代に応じた戦略でビジネスを舵取りしなければなりませんね。

ビジネスサイクルと先手

どんなビジネスも競争が生じ、ビジネスサイクルというものが生じます。
ここ数年、感じるのは、そのビジネスサイクルの早さです。日本全体。
日本においては、どの業界も飽和に近い状態だろうか?

健康食品業界でも、売れているなあという状況が臭い出すと、すぐに同じような商品が出回り、競争が始まりだします。
競争の原理が働くので、当然なことです。

我々は、販売でも商品開発でも、常に、先手先手を打っていかなければ、負けてしまう時代に生きているように感じます。
例えば、通販は、震災以降、その傾向が強くなっているように感じます。
リピートの仕組みが作り切れていない会社は、広告の集客効率が下がり、赤字に転落してしまった会社も少なくないだろう。

本当に、先手先手を打たないと、苦しい時代であると感じています。
企業努力せず、足踏みしていては、既得権益を持たない限り、簡単に倒産してしまう時代なのでしょう。
それは、私のどのビジネスでも同様です。

原料ビジネスは、効率的な研究開発への投資が必要。エビデンスが求められる時代に対応しなければならない。
OEMビジネスは、如何に売れる商品設計を提供し、付加価値のあるサービスを提供できるか。単に商品を供給するだけでは、価格競争になるだけ。
そして、販売のコンサルビジネスは、常にクライアントの勝ちパターンを模索しなけれならない。それが一番しんどい。一方、すべてのビジネスに通じるので、最も重要と考えます。

がんばらねば・・・。
がんばるぞ~!!!

ビジネスクリエイター色の強いコンサルスタイル

最近、私の仕事は、通常の通販コンサルより、ビジネスクリエイターの色の方が強くなりつつあります。
店舗連動通販や別販売形態連動など、複合型販売モデルが増えています。

それば、健康食品・化粧品通販というものが飽和しつつあり、競争が激化しているからだと考えています。
まっとうな方法で、後発組が勝つには、何か他社にない武器がないと難しくなりつつある現実があると思います。
新しいビジネスモデルが求められたりします。
世の中、常に良い先手を打てる会社が強いです。

こういったビジネスクリエイター色の強い仕事は、臨機応変に対応できるアイデア力と幅広い経験、そして大きな労力がかかります。
正直、大変…神経も使います…。
クライアントと二人三脚の関係で、一つ一つの深さを求められます。
信頼関係構築がとても重要。

なので、こういった案件は、数をこなせない。
今の私のキャパから考えると、質を保つためにも、六社が限界。
理想は四社くらい。
今後、案件も選ばなければならなくなったり、キャパを増やしてくれる人材雇用も必要になってくるかもしれないです。

私の場合、商品や原料も競争力のある価格/設計で提供しながら半成果報酬的に利益を得れる点やコンサル事業以外の二つの事業で収益を得ているから、成り立つのかもしれません。
通常、このような深いコンサルは、先行投資性が強く、割に合わないと思います。

一方、達成感と成功した時の収益は大きいと信じています。
夢見がちな私らしいコンサルスタイルなのかもしれませんね♪
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ