支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意。市場動向や注目原料などを紹介。騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> http://www.a2-pro.com/ の問い合わせから

的確に伝えれる商品設計の依頼方法

さて、具体的に商品設計の依頼を行う局面になった時、どんな情報を盛り込んで依頼を行えば良いのでしょう?
ぶっちゃけ、弊社のOEM問い合わせフォームの内容です。

具体的な剤形や商品概要などは、他の記事と重複するので、省略するとし、以下のような情報を弊社では求めます。

1. 一番売りたいターゲット像 年齢性別、その他家庭環境など
より具体化していた方がマーケティングを加味した商品設計が行いやすいです。
例えば、20代女性と40代女性では、プラセンタとコラーゲンに対する認知度や好みも異なってきます。また、年代によって、素材へのこだわり方も異なります。よりターゲットにマッチした原料選定が必要になってきますので、この情報は重要です。

2. 商品の位置付け、販路や売り方
弊社の場合、大半の顧客は、最初の1品目のOEM製造であるため、集客を行う窓口商品が多いはずです。クロスセルやアップセルは、既存で商品をお持ちの顧客に限定されるはずです。
この位置付けと売り方によって、商品設計は異なってきます。例えば、アウトバウンドでクロスセル・アップセル商品であれば、絶対的に引き上がる条件などが存在します。したがって、どういった位置付けの商品を作りたいかも商品設計にとって、とても重要な情報なのです。

販路や売り方については、私の場合、具体的なプランがしっかりしているほど、適当な商品設計がイメージできます。
なので、私は、ケースバイケースですが、広告媒体の種類(電波媒体・紙媒体・テレマーケティング・リスティング・アフィリエイト・コンテンツ型マーケティング・アドネットなど)やロジ利用の予定までインタビューすることもあります。

3. イメージしている競合商品
実は、OEM初心者が作りたい商品を最も的確に伝えることができる情報です。
コメントで、イメージしている商品に加えて、どういった差別化ポイントが欲しいかなどの情報があると、より的確に伝わります。

ちなみに、その商品と全く同じという依頼では、勝てません。勝つための依頼をきちんと行う必要があります。

4. 希望価格
希望商品価格(上代)
供給価格(下代) :希望ロット時・最少ロット時  円/本、経済ロット時(将来)  円/本

弊社らしいと言えば、弊社らしいです。
この価格の情報を書いてもらうことによって、どれだけ現実的なマーケティングプランがあるかがわかります。
原価率の考え方も、どういった認識で持っているかもわかります。
初心者の顧客は、原価率を高めに設定してくるケースが多く、化粧品しか経験のない顧客は、かなり低めの原価率を設定するケースが多いなど、いろいろな特徴があります。

あと、いやらしい話、どれくらいリアルな商品開発の現場を理解されているかも、原価率や最小ロットと経済ロットの価格差などの情報から、顧客のレベルを判断させていただいております。
それによって、サポートの必要性の度合いも異なってきますから・・・。

是非、OEM製造を依頼される際、上記の点を参考にしていただければ幸いです。

>> 初心者でもわかる健康食品OEM製造マニュアルへ

大学空手の変化と競技性vs武道性

日曜日、大学の後輩達の試合を見に行って参りました。関東の大学が集まる個人戦の大会。

組手のスタイルも、選手の体つきも、私が大学生だった頃とは随分と異なってきました。
全体的に長身で細身の選手が増え、技も重さよりスピード重視。蹴りのポイントも大きいので、足技も増えました。時代の変化だと思いました。
都民大会に出場していても、ほんと、時代の変化を痛感します。

こういった変化は、国際化に伴う競技性の変化によるものだと思います。
それでも、帝京大学や国士舘大学などは、下半身がっしりした体格の選手も多く、伝統を保っているなぁと思いました。植草歩選手も試合を見に来ておられましたが、体つきは、さすが帝京大学の出身だなぁと思いました。

武道として沖縄で行われていた空手は、本土に持ち込まれ、広く普及させるに当たって、体育化が行われました。ピンアンからヘイアンの形への変化も、その体育化の過程で起こっているんだろうと考えています。形の中でも、武道性というものが少し失われています。

そして、空手は、体育化に止まらず、戦後、組手というものが生まれ、競技化も行われました。最初に導入したのは大学の空手道部であり、競い合ったのは、大学生です。
日本大学(大塚先生)vs近畿大学(摩文仁先生)で相手が倒れて起き上がってこなくなるまで戦ったという逸話も残っています。その頃の空手は、防具もなく、武道性が強く残っていたと推測できます。

これでは、けが人が絶えず、競技空手も普及しないと考えられ、様々な防具が導入されました。極近年の防具は、ほんと、良くできています。金はかかるかもしれませんが、羨ましい!

我々の大学時代は、拳サポーターが進化がかなり進んで良くなった時期であり、入部当時は、スポンジが布に包まれている程度の拳サポでした。試合も練習も、拳サポ・胴プロテクター・マウスピースだけ。
当て具合も、試合中に「浅い!」と言われることもあり、ポイントを取るにはスピード以外にも重さも求められました。なので、マウスピースしていても、カウンターで歯が折れることもありました。

まぁ、そう考えると、武道性も大事だけど、安全性を重要視して競技性を高めていくのも大事だなぁと思います。ただし、空手の武道性は、さらに競技化が進んでも精神の武道性だけは失われないで欲しいと心から願います。
やっぱり、礼儀は失われてはいけないし、厳しい練習に耐えれる精神力は大事。

写真は、4年生の時かな? 20年前? 私にもこんな時代がありました。この時、見た目細いが、体重は74kgくらいだった。日曜日に和道流の優勝チームの道場に通ったり、午前中にも練習したり、週7回以上練習していた。

image

最後の公式戦は、関東個人の体重別。ベスト8で帝京大学の東日本代表選手(ナショナルチーム)に当たって5-2で負けた。忘れることができない試合の1つ。
その後、大学院の入試に向けて、英語漬けの日々へ突入。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
記事検索
著書
レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ