支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

各社で異なる原料見積り価格の構成と方式

OEM先を選ぶ場合、提案内容やサポート力を初め、コストも重要なポイントになって来ると思います。当然ながら、各OEM会社さんで価格は異なってきます。
その価格差には、各社さんで、見積り価格の構造・方式の違いによる法則があります。実際、2つの方式に分けられます。

先に結論。まぁ、私は経験則で把握していますが、商品の見積りは取ってみないとわかりません。また、付き合ってみないとわからない、サポートの差もありますので、
どちらの方式の方が良いかはケースバイケース。

知識として参考にしていただければと思います。

 総コスト利益率積算方式 
すべてのコストを算出し、管理費と利益率の積を見積り価格とする方式です。
売上額より利益率を重要視して経営している会社さんは、こちらの方式を採用している会社は多いと思います。
利益率の営業裁量が反映されやすく、柔軟性のある価格提示ができる方式だったりもします。
私の経験上、大きな案件に関しては、大手受託加工会社がこの価格の柔軟性によって案件を取っている傾向が強いことまでわかっております。

実際、この方式の中でも、ロットによって管理費や利益率が異なってくるので、小さなロットでも安い会社、大きなロットになると安くなる会社など、各OEM会社で差があるのは間違えないです。

原料調達を工場に任せると、きちんと交渉しないと割高になるケースもあります。通常は、利益率の部分で調整が取られています。また、業界の商習慣で、原料価格は、販売者向け価格・工場向け価格・商社や問屋向け価格が設けられている理由より、多くのケースでは価格が変わらないはずなのです。
原料管理もしっかりしてくれるので、楽チンと言えば楽チンです。原料調達を任せるかどうかは、一長一短があります。
まぁ、常時在庫品として梱包形態を気にしなくて良いような原料(ビタミンやミネラル)や賦形剤は、工場に調達を任せた方が良いでしょう。

どうしても、コストを徹底的に安くしたいという場合は、どちらの方式に限らず、原料メーカーと徹底交渉して原料支給して商品を作るのが良いでしょう。
ただし、一定量以上の数量にならない限り、原料メーカーも安くしてくれなので、それなりの量を購入する必要があります。弊社の場合、1回あたり500万円以上、年間で5000万円以上が目安です。
まぁ、情報がより的確に得たいから原料メーカーと直接付き合うという通販会社さんも多いです。また、やり取りは直接でも、商流だけ指定工場手配というケースもあります。よく本質を捉えていらっしゃる会社さんの方針です。

なお、例外があり、弊社のように自社原料を持っている会社さんは、原価に近い価格でOEMのコスト計算用の価格が設定されているケースが多く、一定条件(主に自社原料の配合率)では他社が敵わない価格を出されているケースが多いです。特に、原料コスト割合が大きい良い商品の場合、コストの優劣が大きく出ます。
原料も持っている受託加工会社、原料屋のOMEなどの特徴です。
長い期間、業界にいて、かつアメリカの市場を見ていて思うのは、原料を持ったOEM会社が強いということです。
近年では、自社原料は、OEMでしか受けないという会社さんも出てきていますので、原料戦略というのは重要度が増しています。

 利益込み工賃積み上げ方式 
最初の段階で利益と管理費が乗せられた工賃基準が設定され、その工賃に管理費が乗せられた原料コスト・管理費が乗せられた包材などの総和を見積り価格とする方式です。
余程安く原料調達していない限り、原料支給しても、原料調達を任せても、値段は変わらないのも特徴です。
この方式の特徴して、価格は一発勝負で、交渉で下がる金額も少ないでしょう。

下請け仕事も行うことが多い受託加工会社に多い方式です。そのため、この方式は案件量も多いので、スキームをシンプルにされた結果だと思います。
また、工賃だけの仕事になるケースもあるため、小さなロットだと管理費も大きく設定されているケースが多いです。意外に包装工賃が高かったりします。結果、トントン。
中には、包装工程を行わないで、錠剤加工やカプセル充填しか行わない会社さんも存在します。まぁ、包装が一番大変ですからね・・・。

この方式だと、基本、原料コスト割合が大きいと安くなるはずなのですが、必ずしもそうなってないケースもあるようです。
近年は、支給原料がある場合、一定のルールで見積もり価格が上がる方式を組み入れている会社さんがありますので、そういった理由もあるのかもしれないです。

私の経験上、この方式の中でも、原料コスト割合が低い場合(ゴミ商品)に安い価格が出る会社さんと、反対に、原料コスト割合が高い場合(青汁やスムージー)に安い価格が出る会社に、特徴で分かれるようです。

最後に。
見積りの方式に限らず、売上額重視の見積りか利益額重視の見積りかによっても、見積りの傾向が異なってくると思います。
採算度外視(利益無視)・売上額重視で経営をされて倒産した会社もあります。なんだかんだで下請け色が強い事業なので、差別化と利益バランスが大事なのでしょうね。

競技空手で強いチームを作る方法とは?

昨日は、午前は大学で、午後は青梅で、空手三昧でした。5時間以上、空手の稽古。
本日は、筋肉痛でしんどい・・・。

タイトルについては、子供達の指導を行っている関係もあり、ここ数年、常に考えていることです。
強くなる方法は、競技空手の場合、非常にシンプルです。以下の2点に尽きます。

・基礎力の強化
・組手の経験値の蓄積

基礎力を強化するためには、日々の努力が大事です。1つ1つの稽古で、どれだけ全力を出せるかが重要です。かつ、正しい形を意識して稽古できるかも大事なポイント。
間違った形で練習すると、逆に下手になるので、空手の難しいところです。

脚力も大事ですが、脱力からの体重移動がきちんとできるようにならないと、ポイントを取れる技が身に付いてきません。この差が、ポイントの獲得率に反映されてきます。

次に、先の先、対の先、後の先という技術も勝つために身に着けていく必要があります。それらの技術を身に着けるには、稽古での実戦練習あるのみです。繰り返し練習しないと、技術は身に付きません。たくさん仲間と実践稽古を行って、経験値を貯めていく必要があります。
そして、これらの技術の応用で組手スタイルを構築していく必要があります。

指導者の役目は、安全で的確な練習メニューを組むことと、細かいポイントを指導することだと思います。細かいポイントを指導するためには、指導者も高い技術力と競技の経験が不可欠だと思います。私も10年のブランクがあったので、そのブランクを取り戻すのに苦労しています。

一方、指導者が技術を与えるだけでは、選手は強くなりません。
選手のやる気を高めて、精神的な成長も促さないと、決して強くならないためです。これは、選手個人でなく、チームとして行っていかなければならないことでもあります。
強豪チームが強い理由は、これが自然とできているからです。
リーダーの存在も重要。
勝つために努力し、チームを引っ張る存在がいないと、勝手に強くなる環境はできにくいです。

あと、小学生の場合、親のサポートも重要なんだと思います。
結局、勝っている子供は、稽古以外にも、しっかり自宅で練習しています。それを癖付けさせてもらえると、指導者としては非常にありがたいです。

こんな感じで、常に悩みつつ、少しづつ改善してこうと頑張っています。
今日もこれから稽古です。
さぁ、頑張らなと!

不在のお知らせ:ラスベガス出張

会社の休業ではなく、私個人の不在のお知らせです。

来週25日(月)の夜から30(土)日朝までアメリカ出張で、不在にします。
電話はつながらないこともないですが、つながりにくいと思います。メールは、全く問題ないです。

今回の目的は、ラスベガスで行われる Supply Side West(サプリメント素材の展示会)への訪問です。
米国の顧客やパートナーが出展するので、その視察です。
来月上市予定の新素材(弊社がアジア販売総代理店)の反響も見てこようと思います。
このブログで現地リポートさせていただきます。

もし、市場調査や探してもらいたい素材のご要望がございましたら、お気軽にご連絡ください。

日程からもわかるように、今回も弾丸の出張です。
月曜の23時に出発して土曜の5時に帰国。
さらに、個人的な予定ですが、土曜日は、長男長女の運動会。帰宅してもバタバタです。
こんな忙しい時が、人生で一番楽しいのだ!と自分に言い聞かせております。
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
  • ライブドアブログ