支持し続けられる健康食品を目指して!栗山雄司 博士コンサル

長く生き残る商品を生み出すことにひたすら情熱を傾ける博士コンサルトのブログ。販売重視の健康食品OEM製造や原料供給を行っております。レスベラトロール、ジオスゲニン、プラセンタ、アミノ酸、プロテオグリカン&非変性Ⅱ型コラーゲンの商品開発が得意分野です。市場動向や注目原料などを紹介。健康メディア用コンテンツ提供、騙されない健康食品の選び方や格闘オヤジ日記、新宿ランチ紹介も。

業界の方にこっそり読み続けてもらえるブログであることを目指しています!

マーケット情報や学術情報を集約しながら、会社のフォーミュレーター&博士コンサルとして、勝ち残る商品を生み出すことに情熱を傾けています!商品開発から、お客様の成功を導きます!
持論:販売の成功は商品開発の段階で8割決まる!です。
初めての方へも丁寧かつ細やかなサポートが我社の自慢です!弊社の8割以上のお客様は、 弊社独自の育成メソッドで健康食品の商品化未経験からスタートされています。同時に、クロスセルやアップセル向けと、販売戦略に一歩踏み込んだ提案も行っております。通販に限らず医療機関向けの商品開発も多くの実績があり得意です。

<人気のおすすめ記事>
成熟した健康食品市場で勝つために最も大切なこと
成熟期における適正原価率の変化と設定基準
失敗する商品開発        騙されない健康食品選び方シリーズ

具体的なご相談は >> https://a2-pro.com/ の問い合わせから

サイトメンテの効果と集客された顧客の傾向

弊社サイトは、先週からかなりの変更を行いました。
ほんと、問い合わせが激減するのでは?と、非常に心配でした。
Googleのアルゴリズムも変わっていたので、その影響も気になっていました。

ちなみに、実は、このブログもカテゴリーを変えていました。

結果、集客数は減ることもなく、コンスタントに問い合わせがありました。
よかった♪

サイト毎の役割を果たしているのかな?という状況を肌で感じています。
上手く住み分けできたかな?
でも、まだ安心できない。

次は、この後は、中国とアメリカにおいて、少しづつSEO対策をコストをかけずに行っていければと思います。
特に、中国は特殊な感じがします。
チャレンジです!

ほんと、私は、何でも屋です(笑)

現段階で集客されている顧客は、相変わらず海外案件と原料(山芋抽出物とサケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)が多いです。
まだまだ増えそうな気配です。

私は雑草です。
まぁ、とにかく、チャレンジし続け、局面局面で活路を見出していくタイプの人間です。
まぁ、頑張るしかないですわ!

今後のダイエット市場向けの商品開発

近年、広告規制が年々厳しくなってきています。そのため、もう来春のダイエット市場向けの商品開発が始まっても良いはずなのに、動き始めが鈍い状況があります。

昨日コメントしたように、Googleの検索アルゴリズムも悪質なコンテンツ型マーケティングを取り締まる形に改善され、アフィリエイト広告の販売者責任も強化されています。健康食品のアフィリエイト広告は効果が出ず死んだ状態になるでしょう。

ダイエット市場は、アフリエイト広告やコンテンツ型マーケティングも活用されて牽引されていた現実がありました。ECを中心に来春のダイエット商材の商品開発が進まない理由は、勝てる次の販売手法が明確になっていないためです。

一方、商品を作ってチャレンジしていかないと、先には進めません。

さて、どんな商品を作っていくべきか?

運動・スポーツ関連というのが私の答え。

近年の広告の取り締まり傾向を見ていると共通したものがあります。それは、機能性表示食品でも同様な傾向が示されています。
ぶっちゃけ、東京都庁とディスカッションした際も、その点を明確に述べていました。

基本的に飲むだけで痩せる商品は厳しくジャッチされます。
それは、飲んで痩せるは薬の領域だからです。

一方、運動やスポーツをサポートする商品は、健康食品の位置付けとしてある程度認められているのです。もちろん、コメントなどはなく、規制の対象など暗黙の了解で。
基本、国が奨めるダイエットは食生活と運動なのです。

私は、その他、食物繊維の物理的効果や酢やクエン酸の疲労回復効果なども、食の領域に近いものが健康食品の位置付けとして認められているのだろうと考えています。

したがって、今後のダイエット市場は、その健康食品の位置付けとして国に認められている領域の商品を意識し、かつ後々は機能性表示食品にも移行/変化できるであろう商品設計で展開すべきなのです。
ダイエット市場の場合、運動・スポーツをサポートする商品。

国としては、オリンピックに絡めて運動習慣を強化していきたいはず。

まぁ、そのための素材としては、HMBも1つでしょう。
やはり、この領域は、あれだけ荒くクリエイティブを作っていても、今のところ規制対象になっていない。一方、今後は、運動との組み合わせのクリエイティブを強化していかないと、規制対象になっていく可能性も高いです。
規制基準は、年々厳しくなります。甘くなることは決してないでしょう。

ちなみに、HMBは、露出が過剰だったため、一気に群がり過ぎました。
市場が大きくなる前にライフサイクルが成熟した感があるので、来年以降、本当に手を出していくべきなのかがよく考えるべきところです。
最終的に価格競争が起こります。
そのため、HMBをこれから手を出すのであれば、差別化を明確にしていくべきです。

基本的に、運動・スポーツ関連のサプリって、体感がなければ淘汰されていきます。結構、厳しい市場。
工夫して、良い商品を作っていく必要があります。
また、売る人は、運動する人が好ましい。
がんばって良い商品を作っていかなきゃなぁ。

Google: 医療や健康に関連する検索結果の改善について

今年に入って、コンテンツ型マーケティングに取り組み始めています。この手法は、根拠のない情報コンテンツの問題やステルスマーケティングなど、いろいろと問題もあり、過去、WELQの件でも問題になりました。
私は、嘘偽りのないエビデンス(根拠)ベースのコンテンツであるべきだと考えており、それを私のコンテンツ型マーケティングの中でも実践していければと頑張っております。
例えば、弊社の領域に限定しておりますが健康メディア向けにコンテンツ提供も始めています。

そして、Googleも12月6日に以下のような改善を行いました。

医療や健康に関連する検索結果の改善について

この変更により、医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなりました!

風は吹いてきたかなぁって感じです♪

ちなみに、いくつものIT会社も、ここに目を付けて動き始めています。でも、医師監修のコメントを安く見過ぎなので、上手くいかないだろうなぁとも感じています。また、医師は、プライドがあるので、言いなりにはならないです。
一般のライターと一緒にしたらダメ!
記事を書かせる時間(手間)と、医師の時給を照らし合わせて監修料設定する必要があります。

記事監修は仲間内の医師に振り分けていますが、まだまだ領域が狭いのが問題。
もっと医師とのWinWinの関係も深堀していかなければならない。
まだまだ課題があります。

機能性表示食品の次のステージとして、できたら、顧客と末端商品のヒト臨床試験を行って、論文まで書いていけるような事例を増やしたい。

今後、いろいろチャレンジしていきたいと思います。
がんばるぞ~!
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

機能性表示食品
>> 届出情報検索
消費者庁のページへ

調査を行うには非常に便利です。


日本抗加齢医学会が監修した書籍です。必ずしも受理されている訳ではないですが、機能性表示の可能性ある素材がデータと共に紹介されています。
Instagram
記事検索
にほんブログ村 通販ブログへ

プロフィール
著書
ヘルシー&ビューティー4
ヘルシー&ビューティー vol.4でプロテオグリカンの記事を書かせていただきました。

レスベラトロールの書籍
順天堂大学の吉田先生と書かせていただいた書籍です。赤ワインのアンチエイジング成分について、一般の方でもわかりやすく書かれています。赤ワインを使った料理レシピが紹介されていたり、普通に読んで楽しい内容になっています。書籍の帯は、たかの友梨さんです。


弊社顧問 吉田先生ブログ
厳選おすすめ書籍

業界人ならびに健康食品関係の企業は携帯必須。東京都のマニュアル最新版。今回は、若干厚い・・・。


神田昌典さんの本で一番好きな一冊。分厚いけど、あっという間に読めちゃう一冊。Kindle版もあり。


記事でも紹介しましたが、広告に関わる方だけでなく商品開発の担当者にも読んでいただきたい一冊。


いつになっても古びない通販のマニュアル本。通販始めるなら、まず読んでもらいたい。


表現を変えるだけで、レスポンスが変わります。健康食品通販では、広告費用対効果が変わってきます。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ